« 「おしゃぶりであご変形」 母子がコンビに賠償提訴 | Main | めぐりあい »

June 02, 2006

イリュージョン

 現在の仕事先に、総務部から、机の下に入れる"引き出し"であるキャビネットが届いた。普通の机にはありそうなものだが、紆余曲折あり、今までは人数分確保できていなかったのだった。
 各自机の上に山積みとなった書類など嬉しそうに引き出しに入れていたのだが、Sさんが突然T君に声をかけた。
 S「これ、Tさんのですよね?」
 それはiPodのCDであった。
 T「あっ。それ私のですよ。無くしてたんですよ。どこにありました?」
 S「このキャビネットの中に」

 …ちょっと待て。
 それは今日職場に届いて、今日配られたばかりのキャビネットではないのか。

 確かにこういうキャビネットは使いまわしにする事が多いであろう。今回の物品も新品ではない。しかし、普通どこかで使用されていたものが回収された際にはちゃんと中身の確認をするだろうに。
 まぁそれは置くにしても、よりによって無くした本人のところに帰ってくるとはなぁ。…帰ったという訳ではないけれど。

 竜「それ、どう考えてもお前のじゃねーじゃねーか。返さないと」
 T「いやいや、コレ私のですよ」
 竜「そんな訳あるかい」
 T「イリュージョンですよ!」
 竜「…なるほど」

 T君のものだった事が証明されたのだった。頼むから仕事でもイリュージョンを起こしてくれ。いい方向限定で。

|

« 「おしゃぶりであご変形」 母子がコンビに賠償提訴 | Main | めぐりあい »

お仕事」カテゴリの記事

Comments

納得してどうするよ(;´Д`)

Posted by: LIB. | June 03, 2006 12:16 AM

 だってイリュージョンですよ?

Posted by: 竜馬 | June 03, 2006 09:46 AM

竜馬ちゃんとこの会社には、プリンセステンコーが住み着いているっと。

Posted by: あびり亭 | June 03, 2006 02:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イリュージョン:

« 「おしゃぶりであご変形」 母子がコンビに賠償提訴 | Main | めぐりあい »