« COOL BIZ(クール ビズ)がもたらしたもの | Main | 鉄壁メール(先へ進めないので) »

June 17, 2006

CM、広告の中止を要請 消費者金融の被害団体

 どうする~…んだろ。

****
 消費者金融大手アイフルによる違法取り立て問題で「アイフル被害対策全国会議」(代表・河野聡弁護士)などは15日、在京の大手新聞社や民放テレビのキー局などに、アイフル以外の消費者金融のCM、広告も中止するよう申し入れた。
 4月に金融庁から業務停止命令を受けたアイフルは広告、CMを自粛している。
 申し入れ書は「消費者金融は過剰貸し付けの結果、多重債務者を大量に生み出し、返済困難に陥った人に過酷な取り立てをする体質がある。広告やCMは読者や視聴者に被害をまき散らし、反社会的」としている。
****

 いくらなんでもこれは逆恨みと言うか、行きすぎだろう。借りる事だけを簡単に考える様にCMしているのが問題と言っても、要するに金貸しから金を借りりゃ、利子つけて返すのは基本である訳で。そういう根本的な事が出来なかった人が言うセリフじゃないと思うけどね。

 取立てはコワくて乱暴で、やり方に問題があったんだろう。それは違法だったんだろう。それは罰せられていい。しかし強いて、あえて言えば、借金をしておきながらきちんと返済をせず、しかもその原因は貸す側にある、などとわけのわからない論法を振りかざす人は、反社会的な論理を展開するんだなぁ、と思ったのですが違いますかネ。

|

« COOL BIZ(クール ビズ)がもたらしたもの | Main | 鉄壁メール(先へ進めないので) »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

まぁ理由はあるかもしれないが、取立てを受けた人間は、『借金を返せなかった』人間だけで、それも『滞っていた』人たちばっかりなんだよね。
うがった見かたをすると、会社側が強圧的な取立てを行なうまで待っていた。とも思えてしまう。
まぁ強圧的な取立てをした側に同情する気は無いけどね。
ということで「返済計画の無い借金は人生を狂わすおそれがあります。」とでもCMに入れてもらおうか?

Posted by: あび | June 17, 2006 04:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CM、広告の中止を要請 消費者金融の被害団体:

« COOL BIZ(クール ビズ)がもたらしたもの | Main | 鉄壁メール(先へ進めないので) »