« マルハギ釣りの楽しさよ | Main | おっ »

July 11, 2006

異様なレスポンス遅延と48時間メンテナンス

 ココログが2006年7月11日(火)14:00~7月13日(木)14:00の約48時間、メンテナンス作業に突入する模様だ。まるまる48時間もの間メンテを行うとはまた思い切ったものである。
 この間、記事のアップロードが出来ないそうだ。まぁ皆勤賞は既に逃してしまっているのだが、ここでもメンテで邪魔されるとは思いもしなかった。どこかに居るであろう皆勤者はどういう反応をしているのだろうか。まぁ、反応しようがしまいが、メンテされる事実に替わりはないのであろうけれども。
 メンテの時間を日中と夜間で悩む、と言うのならわかる。単純に日中は主婦ブロガーからのアクセスが多そうだし、深夜は学生やサラリーマンも多そうである。作業としてある程度まとまった時間が必要である場合、どちらの時間をメンテに据えるか、というのは難しい選択であるだろう。
 ところが、今回は48時間ときたもんだ。昼も夜も関係ない。如何に趣味的なサービスとは言え、これほどシステムを止めます、と平然と言いのけるその体質と考え方には驚きを禁じえない。社会生活というのは24時間を区切りに循環している。午前に何かあれば、午後にフォローしようとするものだ。7月11日(火)14:00~7月13日(木)14:00の約48時間もシステムが止まってしまえば、7月12日はまるまる何も行えない。7月12日という日付が何かしら大事で、この日にアップしたい、と思っている人も居るだろうに。また、何かしらビジネス手法の一つとしてココログを使っている人にとってみれば、12日は完全にお休み状態となる。

 他のブログシステムを総じて確認してきた訳ではないが、ブログという"業界"は、まだ社会システムとしては全く使えない、という事だろう。ブログは重要なものだとは思われていない。少なくとも@niftyはそう考えている。

 ここ最近、異様にシステムが重い。まともにメンテ画面に入れない事が多い。いわゆる0時前後の繁忙時間以外でも、異常なレスポンス遅延が起こっている。忍耐力すら要求され、どこでもかしこでも話題になっている。
 これらの対処が早急に求められている昨今、こんなブログが誕生していた。

 ココログレスポンス問題お知らせブログ

 当然、@nifty管理者側が運営している。こういうブログを設置する事自体は悪い事ではないのかもしれないが、ユーザーに情報を提供しようとする姿勢を見てくれ!というフリで終わらない事を祈るのみである。そもそもこういうブログを設置しなければならないのは何故なんだっけ、というハナシではあるのだけれども。
 今回のメンテはこのレスポンス改善も大きな目的のようだが、果たして改善されているであろうか?@niftyは厳しい局面に立たされていることを自覚しているのであろうか。ここでうまくいかなければ、信用失墜の大きさは今までの比ではないと思える(期待してない人から見れば変わりゃせんのかもしれませんが)。
 48時間後、この問題が解決、改善されている事を祈りたい。そして、メンテが48時間で終わる事もまた祈りたい。正直、使えないシステムになりつつあるココログ。とは言え、引越しはメンドクサイから改善してほしいと思っている人間がここに居るのであった…。

|

« マルハギ釣りの楽しさよ | Main | おっ »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 異様なレスポンス遅延と48時間メンテナンス:

« マルハギ釣りの楽しさよ | Main | おっ »