« 欽ちゃん泣いた…茨城GG解散へ | Main | 模様替え »

July 21, 2006

漢字バトンって難しい

 ま~やさんから漢字バトンなるものを頂いていたのですが、これが難しいものなのですよ。毎日のように本を読み、漢字に接しているにも関わらず、イザ考えてみると漢字が思い浮かんできません。文字を読むということと、漢字そのものの意味を知り、接しているか、ということは全く違うという事なのでしょう。
 日常、漢字を操っていても(と言ってもPCで変換するだけ)、「好きな漢字は?」にはいきなり考え込んでしまいました。
 「漢字に接する」という意味を改めて考えさせられましたね。普段何気なく使ってはいますが、私にとっては道具以上でも以下でもなさそうです。

■好きな漢字は?

 考えましたが、特にありません。

■前の人が提示した漢字に対するイメージは?

・ま~やさん
 「父」
 これは意外でした。まぁブログで子供の事を書いたりしますけど、「父」ですよ。確かにお父さんなる人種になった訳ですが、自分の父を思えば、自分が父になった感覚はまだ薄いのです。それじゃ、ダメなんですが。見られる印象に追いつかねばならないって事ですね。

■次の人に提示する漢字3つ

 うーん、提示できそうにありません。

■大切にしたい漢字

 いろいろある、と言えばある。しかしいくつも出てくるということは、どれもあまり大切じゃないのかもしれない、と思ってしまうのでした。

■漢字についてどう思う?

 今更ながら、漢字を覚える(覚えている)ってスゴイと思います。アルファベットと違い、なんと多種多様な漢字を覚えなければならないことか。今更言うのもヘンですが。
 子供の頃、沢山の漢字を覚えなければならないという事を知らされたとき、すぐに嫌気がさした事を今でも覚えています。「ひらがながつかえればそれでいいじゃないか」と。振り返れば、よく覚えられたモンだなぁ、と思います。親、歴代の先生方、読みあさってきた本に感謝。

■好きな四字熟語を。

 四字熟語を出せ、と言えばいろいろ出て来ます。語彙はそれなりにあるつもりですが…「好きな」ってのは難しい。無い、としか言いようが無いのです。

■回す7人とその人をイメージする漢字

 いやもう大変なので、私のトコロでは特に指定無しです。

|

« 欽ちゃん泣いた…茨城GG解散へ | Main | 模様替え »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 漢字バトンって難しい:

« 欽ちゃん泣いた…茨城GG解散へ | Main | 模様替え »