« 寝言 | Main | 隣の美人 »

July 27, 2006

机上の地層

 私は書類の整理が苦手である。
 仕事で作る書類は、打ち合わせの際に印刷され、出席者に配られる。また、他人の書類も配られ、目を通す事になる。
 一つの作業、一つのプロジェクトだけに参加するのであれば、書類はそんなに増えていくことは無いが、複数のプロジェクトに参加すると書類は雪だるま式に増えていく。毎週の週例会、という進捗会議に出席しているが、この数が週に5つも6つもある。臨時的な打ち合わせも間にどんどん入っていき、週にいくつの打ち合わせに出ているか数え切れない。出席各位から報告書が提出され、確認を行う。手元には報告書と称した紙が増えていく。電子データも後から回ってきたりするのだが、その場で修正されたり自分で書いたメモなどはその紙上にしか記録されていない。捨てられなくなる。
 報告書類は、自分に関係が無いもの、見ても意味の無いもの、まで混ざる。自分が本当に必要なものも、当然ある。玉石混淆となると、必要な書類が埋もれてしまい、探すのに一苦労、ということがままある。それではダメなのだが、打ち合わせに追われ、書類を整理するヒマがない、という事もある。
 当然、打ち合わせは仕事の一部でしかない。私もSEの端くれ。打ち合わせは作業計画、進捗、結果報告などという事になるのだが、それは作業あっての話である。作業が仕事の主であるのは当たり前の話である。ところが顧客を含め、複数人数で仕事を行っていると書類による確認、意識あわせが必要不可欠である。かけている時間の分量を思えば、最近はやや本末転倒のような気がしないでもないが、とにかく書類が机の上に山積みとなる。書類は丘となり、山となり、山脈となっていく。玉石混淆どころの騒ぎではない。発掘作業を行う事になる。
 だがしかし、仕事が多いことと整理が出来ない事は本来関係が無い。自分でも、(必ずしもそうではないけれど)整理のできないヤツは仕事のできないヤツ、という傾向があると感じている。自分が天分に恵まれている訳ではないという自覚がある以上、机の上の山脈は自分の仕事のデキが悪い証拠であると思っている。

 思っているが、なかなか整理がすすまない。たまに思い切って大整理を行うのだが、書類なんて生き物。古い書類は意味の無いものになっていることも多々ある。資源のムダである。

 整理の出来る男になりたいと思うサラリーマン35歳、二児の父(こう書くと年取ったなぁ…がっくり)であった。

|

« 寝言 | Main | 隣の美人 »

お仕事」カテゴリの記事

Comments

竜馬さん、こんにちは。

 あたしも、数年前までは、いつかこの資料が役に立つかも、という思いで、配布された資料をファイリングしていました。しかし、結局、それはファイリングの手間を考えると無駄な努力でしかないと気づき、近々リファレンスするであろう資料以外は全て廃棄するようにしました。職員会議後はシュレッダーに直行。確かに、まれにではありますが、数日後、資料を捨ててしまったことに気づいて困ったなぁと思うこともありますが、たいてい、資料蒐集家の方がいらっしゃいますし、そうでなくても、資料の発売元に行けばもらえますので、窮地に陥ることはまずありません。もっとも、SEのようなきっちりしなきゃいけない職業とあたしの職業をごっちゃにしちゃいけないでしょうが。

Posted by: 井村 瑶茉 | July 28, 2006 09:50 AM

うちの会社はISMSの関係で卓上へ書類を積むのが禁止されているので、書類を山積みに出来る状況をうらやましいと思ったり。仕事中は良いけど、退社時は業務で使う書類もノートPCもキャビネットにしまわないといけないのでいらない書類はすぐに捨てる癖が付きました。(これを自宅でも実践できればいいんだが(笑)。)

電子文書がオリジナルという規定になっているので、なんとかなっているかな。


Posted by: KOH | July 28, 2006 01:49 PM

自分の場合は・・・
えーと・・・まぁ・・・地層でーすねぇ・・・
グランドキャニオンと呼ぶのに相応しいものですが。
ICソケットとかトランジスタのように形をなしている物ならいいけど、別の用途に一部分だけを使ってしまった部品となると、もはや・・・

転勤になると、今の車では3回ぐらいかかりそうです。

Posted by: あびり亭 | July 29, 2006 02:02 AM

 自社の机はフリースペースなので、机の上に荷物を置いておけないのですが、常駐先は置いておけるという状況…。解消するには自己規制と文書ロッカーが必要だと思う。うん。

Posted by: 竜馬 | July 31, 2006 06:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 机上の地層:

« 寝言 | Main | 隣の美人 »