« 机上の地層 | Main | お宮参り »

July 28, 2006

隣の美人

 朝の山手線に美人が乗り込んできた。周囲を一瞥し、カツカツカツ、とカカトを鳴らしながらこちらの方に近づいてくる。そして空いていた私の隣の席に座ったのだった。うーむ、美人と急接近。今日は何かいいことがあるかも(これで終わりかも)

 さて、私はその際に本を読んでいたのだが、隣の美人は新聞をカバンから取り出していた。ビジネスウーマン、朝の山手線で新聞を読む。かっこいいなぁ。
 ところが彼女、折り込んであったチラシを左手に持つと、すいっと自分の背中に押しやった。また一枚、すいっと自分の背中に押しやる。背中とは要するに自分とシートの間。ケツの下、と言うと判りやすいか(実際には背中の後ろ、ということ)。
 …奇異なる行動というものはそれだけで品格に欠けてしまう事がある。美人薄命とはよく言ったものである(なんだそりゃ)。

 私は彼女より先に目的の駅に着き、山手線を降りた。その後彼女がチラシを回収したか、そのまま放置して降りたのか、それはわからない。わからないので想像するしかない。

 疑いをかけることは、品格に欠ける事であろうか。それとも然るべき当然の予想であっったろうか。テクテク歩きながらそう考えたのだった。

|

« 机上の地層 | Main | お宮参り »

「生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 隣の美人:

« 机上の地層 | Main | お宮参り »