« 呑み仲間の帰国 | Main | ダダ »

August 17, 2006

太陽系、12惑星に=セレスなど3個昇格を提案-国際天文学連合

 惑星だらけ。

****
 太陽系の外周で冥王星より大きい新天体が発見されたことを受け、惑星の定義を検討してきた国際天文学連合(IAU)は16日、当地で開催中の総会で、「太陽(恒星)を周回する自己重力で球形の天体」との案を発表した。これによると、新天体のほか、従来は冥王星の衛星とされた二重惑星「カロン」、火星と木星の間の小惑星帯にある「セレス」が新たに惑星となり、惑星数は現在の9個から12個に増える。
 IAUは天文学の最高機関。24日の採決で承認されれば、1930年の冥王星発見以来、76年ぶりに太陽系の姿が書き換えられる。しかし、第5惑星となるセレスは直径が月の約4分の1しかない上、今後さらに12個の天体が惑星に昇格する可能性があるとしており、議論になるとみられる。
****

 人類が新しい発見をすると、違和感を持って迎えられることがある。冥王星以遠の星ならいざしらず、セレスなんていきなり5番目認定ですよ。順番が狂うなぁ。違和感あり。
 でもま、違和感は違和感でしかない訳で。ここはひとつ、冷静になって迎え入れようじゃありませんか。新しい扉を開くとき、過去の慣習を無意味に引きずる事はよろしくない。それでもセレスは回っているのですよ。かっこいいこと言ったつもり。

 それにしても、占星術ってどういう解釈を施すんだろう。ハーシェルによって天王星が発見されたとき、やっぱり議論があったそうですよ。日月火水木金土。天球を動く星々が7つあったから、1週間は7日間。幸運な数字は7。
 それでも、天王星、海王星、冥王星が加わったところで、一週間が伸びる事は無かった訳ですが、意味づけ、新解釈は色々あったんでしょうなぁ。今回もいろいろ意味づけ、新解釈を行う事になるんでしょうネ。
 如何に星占いが主観で彩られたものであるかの証明でもある訳ですが、別の解釈もあるかもしれない。即ち「(占いが)当たらない事もあった説明がこれでついた。考慮漏れがあったのだ」という解釈。ま、がむばってください。

|

« 呑み仲間の帰国 | Main | ダダ »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
今回の3惑星追加と占星学のことが書かれてあってお邪魔しました。
(詳しくないですが)占星学の中でも、カイロンやセレスなど小惑星は用いられていますよ。扱いは小さいですが。確かに、今後その分野においても、どう解釈されていくのか興味ありますね。

Posted by: 通りすがり | August 19, 2006 01:04 PM

 既にセレスなんかだと、占星術に取り込まれているのですね。なるほど。
 昔のように、天体の運行が社会に与えるインパクトは無くなってしまっているので、今回の、惑星の解釈がどうこう、という意味はあまり無いと思いました。強いて言えば占星術なのかなぁ、と思ったのです。
 占星術が生まれたときには、既にセレスも今の軌道を回っていたかもしれない、と思えば、所詮占いなんて、人間の主観的解釈に過ぎないなぁ、と改めて思ったのが今回の記事でした。物凄く仮に、星の運行に人間の運が左右されるのだとしても、それを解釈する事は不可能なんだろうなぁ、と。

Posted by: 竜馬 | August 21, 2006 12:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 太陽系、12惑星に=セレスなど3個昇格を提案-国際天文学連合:

» 惑星注 [万歩計日記]
・太陽系の惑星が12個に?太陽系、12惑星に=セレスなど3個昇格を提案−国際天文学連合 【プラハ16日時事】太陽系の外周で冥王星より大きい新天体が発見されたことを受け、惑星の定義を検討してきた国際天文学連…... [Read More]

Tracked on August 18, 2006 11:00 PM

« 呑み仲間の帰国 | Main | ダダ »