« メンテOK 電動丸 | Main | 雨の銀座 »

September 13, 2006

真空技術で釣果4倍? アルバックがルアー 来月発売

 買いだな。

****
 真空機器大手のアルバックは11日、得意の真空技術を生かし、ナノテク塗装したルアー(疑似餌)「STROM(ストローム)」の販売を10月中旬から開始、釣り具分野に参入すると発表した。
 半導体の製造などに用いられる蒸着重合法を使い、ルアー全面に被膜を形成。光沢仕上げを施したルアー表面に光透過度の高い薄膜を付けることで、見る角度によって色具合が虹色のように変化するホログラムカラーを作り出すことに成功した。
 これまでは、動きや色で魚の興味をひきつけようと、ルアーにシールをはったり、塗装を施すことで、太陽光を反射させるものが一般的。
 しかし、こうしたシールや塗装だと、ルアーに当たった光は1方向にしか反射せず、魚へのアピール度が低いとされる。気になる釣果は、現在市販されている他社製のルアーと比べて約4倍だったとしている。管理釣り場と呼ばれる釣り堀でニジマスやイワナなどの川魚をはじめ、メバルやカサゴといった海の岩礁帯に生息する魚などが釣れるという。
 今回販売するルアーは重さ2・4グラムと3・7グラムの2種類。価格は1個3000円と高価だが、当面はインターネットのみで取り扱い、6000個の販売を目指す。
 販売を担当するアルバックのグループ会社、タイゴールド(神奈川県茅ケ崎市)の小林茂人社長は、「初心者でもルアーフィッシングを楽しむことができる」と話している。
****

 通常の4倍ですよ。シャアよりすごいじゃないですか。
 かなりキラキラ光るようですね。私は管釣りはあまりやらないのですが、海で是非使用してみたい。カサゴなんかは東電防波堤で試してみたい。もう爆釣は約束されたも同然です。漁師になれって啓示ですよ。さぁあなたもレッツカサゴ。

 まぁしかしアレですね。問題は金額ですね。1個3000円かぁ。根魚を狙うのに根ガカリを異様に気にしそうです。セレブな方は大丈夫なのでしょうが、一般人ともなればキワドイところを狙えない!ポイントをアクティブに狙えないかも!
 そんな小心者は結局釣果ガタ落ちですね。脱サラ→漁師廃業→路頭に迷うことになりそうです。全ては一個3000円のルアーが悪いのです。魅惑の光は悪魔の光。細々とブラーで釣る事にした方が身のためかも。

 このニュースでここまで書いてしまう私ってヒマなんだろうか。そうでもないはずなのですが>今日も週末出勤の代休がつぶれました。

|

« メンテOK 電動丸 | Main | 雨の銀座 »

「ニュース」カテゴリの記事

「釣り」カテゴリの記事

Comments

アルバックさんは、茅ヶ崎市のメーカーなので、どんどん売れていったらいいな。
そして、税金いっぱい納めて、市民税が安くなったらいいな。

と、自分に都合が良い方に考えてしまう私は腹黒い奴です(^^;

Posted by: macha | September 13, 2006 at 10:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/11875907

Listed below are links to weblogs that reference 真空技術で釣果4倍? アルバックがルアー 来月発売:

« メンテOK 電動丸 | Main | 雨の銀座 »