« 300円釣り銭盗の53歳女、懲役10月の実刑判決 | Main | 貧乏暇無 »

September 16, 2006

オウム・松本被告、死刑が確定

 ついに。

****
 地下鉄・松本両サリン事件や坂本堤弁護士一家殺害など13事件で殺人罪などに問われ、1審で死刑判決を受けたオウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫被告(51)について、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は15日、控訴趣意書の未提出を理由に控訴を棄却した東京高裁決定を支持、弁護側の特別抗告を棄却する決定をした。
 これにより、初公判から10年5か月に及んだ松本裁判は、控訴審で一度も公判が開かれないまま終結し、松本被告の死刑が確定した。
 松本被告の裁判は、1996年4月に東京地裁で初公判が開かれ、2004年2月、死刑判決が言い渡された。控訴審では、弁護人が「被告に訴訟能力はない」と主張して控訴趣意書を提出期限(昨年8月末)までに提出しなかったため、東京高裁は訴訟能力を判断するための精神鑑定を行った上で、今年3月、控訴棄却を決定。弁護側の異議申し立ても同高裁が退けたため、弁護側が最高裁に特別抗告していた。
****

 ついに、漸く確定しましたか。長かったですね。時間だけがひたすら。
 控訴審もなく、事件の概要は主犯の口から語られなかった訳で、なんともはや何やってたんだか、という感じ。

 よく出てくる話ですが、「被告に訴訟能力はない」って話、やめてほしいですね。犯罪を犯す能力がありながら、訴訟能力は無いなんてワケがわかりません。

 弁護士も、どうしても「訴訟能力が無い」と訴えたいのなら、何らかのリスクを負うべきだと思う。つまり裁判所に否定された場合には、「自分が弁護する被告の、訴訟能力有無の判断も出来なかった」ということではないかと。
 そして、裁判を無為に長引かせる事は税金の無駄遣いだとも思う。
 被告人本人に訴訟能力は無い(と主張する)のだから、訴訟能力の有無で免罪を勝ち取ろうというのは、当然弁護士が考えたことになる。これが認められなかった場合、わざと税金の無駄遣いをさせる行為を行ったとして、その裁判の(全体としての)必要経費は弁護士が負うべきであり、更に加えて罰則、罰金を科してもいいぐらいではないか…なんてのはどうでしょうかね。
 これはちと極端かもしれませんが、それぐらいくだらない理由だと思ったりするのです。

|

« 300円釣り銭盗の53歳女、懲役10月の実刑判決 | Main | 貧乏暇無 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/11912206

Listed below are links to weblogs that reference オウム・松本被告、死刑が確定:

» オウム真理教、松本被告の死刑確定 [他事草論]
控訴審が一度も開かれることなく、異例ともいえる形で死刑が確定。 事件から11年。 麻原は事件の真実を一切語らぬままで、 被害者ならびにご遺族の方々にとっては 何ともやりきれないのではないかと。 二度とこんなことは起こってほしくない。... [Read More]

Tracked on September 16, 2006 at 01:04 AM

» オウム 松本被告 死刑確定 [王様の耳はロバの耳]
オウム・松本被告の死刑確定 最高裁が特別抗告棄却 (朝日新聞) - goo ニュース 坂本弁護士一家殺害・松本、地下鉄両サリン事件他で13件27名を殺害し5000名を超える重軽傷者を出した事件の中心人物である松本智津夫に死刑判決が確定した 一審死刑判決後、手続き上の問題で控訴審が開かれず判断が最高裁まで持ち込まれたオウム事件の中核である松本被告に対する特別抗告が棄却され死刑が確定した {/hiyo_shock1/} 1995年... [Read More]

Tracked on September 16, 2006 at 02:19 PM

« 300円釣り銭盗の53歳女、懲役10月の実刑判決 | Main | 貧乏暇無 »