« 「砂の器」「Gメン75」丹波哲郎さん死去 | Main | データが消えた »

September 27, 2006

負けられない戦いが、そこにはある

 最近、遼太郎はダダのコネ方に肝が据わってきたきらいがある。
 先日の事だ。近所の大型スーパーで家族で買い物をしていた時、遼太郎が「こっちがいい」と手を引っ張った。最近どういう理由かわからないが、きままにあちこちに手を引っ張るようになっている。この時もそうだった。
 散歩じゃあるまいし、順路に逆らって適当にウロつく訳にもいかない。遼をたしなめ、前へ進もうとしたが、遼太郎は動かない。そして、その場にムクれて座り込んだ。
 こういう場合、無視して先に進むと、遼太郎は焦って追いかけてくることが、今までの常だった。ところが、今回は事情が違っていた。そのまま動こうとしないのだ。

 角を曲がるところで、チラリと遼太郎を見た。遼太郎は大勢の買い物客の中、一人座り込んでいる。こちらを見ようともしない。
 仕方無しに、戻って抱き上げた。すると

 うぎゃぁぁぁぁぁ。

と、この世の終りを告げるかのように泣き叫ぶのであった。注目の的である。俺は誘拐犯か。

 そんなこんなを繰り返し、買い物を終えるのである。一苦労、と言うには足りないほど疲れる。

 機嫌がいいときは、いい。ワガママも言わない。だが、最近機嫌が悪い時が増えてきた。かつ叫び、かつ寝転びて、久しく大人しかるためしなし、である。ためしなし、と言うのは言いすぎかもしれないが(笑)。

 今、親子の格闘に負けている気分である。勝ち方が、難しい。

|

« 「砂の器」「Gメン75」丹波哲郎さん死去 | Main | データが消えた »

「育児」カテゴリの記事

Comments

うちもそんなのは日常茶飯事だよ。たまにうちの奥がキレてホッて買い物を継続。
そのうちに本人は何事も無かったかのように、ケロッとしてこっちを見つけて来るよ。(半ベの時が殆どだが、最近慣れてきたようだ)
実際には世の中変なのが多いから、目が離せないンだけどねー。
最初のうちはオレっちも、さながら誘拐犯だったよ(^_^;

Posted by: まーてぃ | September 28, 2006 at 12:44 AM

赤ちゃん返りとは違うの?

Posted by: Jeria | September 28, 2006 at 08:48 PM

>まーてぃさん

 やっぱホッタラカシですかね!
 しかし目を離せないのも事実。そのさじ加減が微妙なんですよね。もう少し恐怖感を与えないといけないのかも。怒ってもどこまで理解してくれるか、と悩みます。でも、そろそろ理解する頃ではないかと期待中。

>Jeriaさん
 あかちゃん帰りとは違うと思ってるのですが、どうでしょうねぇ。自宅でも隼之介をいじめたり押しのけたり、という行動はあまり見られません。単にワガママのパワーアップの様にも見えるのですが…。
 

Posted by: 竜馬 | September 29, 2006 at 08:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/12057710

Listed below are links to weblogs that reference 負けられない戦いが、そこにはある:

« 「砂の器」「Gメン75」丹波哲郎さん死去 | Main | データが消えた »