« 真空技術で釣果4倍? アルバックがルアー 来月発売 | Main | 300円釣り銭盗の53歳女、懲役10月の実刑判決 »

September 14, 2006

雨の銀座

 雨は降る降るカバンは塗れる。越すに越されぬ7丁目。

 わけわかりませんね(^_^;)。

 雨降る夜の銀座を歩いていたのです。
 そこへ、とある飲みビルの一階からドドドッと3~4人の黒服を着た男達が歩道を歩く我々の前に飛び出してきたのです。
 男達は傘を差し、並び、歩道を歩く人々の前に立ち塞がって通行を遮断するのです。
 タイミングがピッタリ重なり、その腕をかいくぐった形になった私の目の前には、ハデなドレスを着た美人のねーちゃんと、彼女にぶら下がっているオヤジ(初老)がいい気分で歩いて来るのでした。
 右を見れば黒服と目が合い、睨まれます。左を見れば車道に見たこともない黒塗りの車がドアを開けているのでした。黒服たちはオヤジが濡れない様に傘を差しかけ、通行人を遮断しているのでした。

 直感。ああ、この社長(?)、競走馬の2,3頭はもってそうだな。うん、そうにちがいない。

 社長の腕が美人のうなじにからまっていました。わずかに見えるうなじの、その色っぽいこと。さぞ高いお店なのでしょうネ、社長!

 社長は黒塗りの車に乗り込み、去っていきました。夜の銀座はなんだか映画やドラマみたいです。

|

« 真空技術で釣果4倍? アルバックがルアー 来月発売 | Main | 300円釣り銭盗の53歳女、懲役10月の実刑判決 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雨の銀座:

« 真空技術で釣果4倍? アルバックがルアー 来月発売 | Main | 300円釣り銭盗の53歳女、懲役10月の実刑判決 »