« データが消えた | Main | 遙かなるイリノイ »

September 29, 2006

<放射性物質>微量検出 米原潜「ホノルル」艦尾の海水から

 キタ。

****
 文部科学省は27日、神奈川県の横須賀港から出港した米軍の原子力潜水艦「ホノルル」の艦尾で採取した海水から、微量の放射性物質を検出したと発表した。原子力空母や潜水艦が寄港する国内3港(横須賀、長崎県佐世保、沖縄)で、これらの出港時に毎回実施している調査で、海水から放射性物質が検出されたのは初めて。潜水艦から排出されたものかどうかは不明だが、同省から報告を受けた外務省は、米軍に調査を依頼した。
 検出されたのは、コバルト58が1リットルあたり2.1ミリベクレルで原子力発電所からの排水規制値の100万分の1、コバルト60が同1.2ミリベクレルで同50万分の1だった。人体や環境への影響はないという。いずれも自然界には存在しない。
 同省によると、原子力潜水艦から冷却水がもれれば、亜鉛65も同時に検出されるはずだが、亜鉛は検出されておらず、セシウムも通常レベルのため原子炉の異常はないとみられるという。再検査しホノルルとの因果関係を調べる。
 ホノルルは9月7~14日まで横須賀港に停泊していた。同省は潜水艦や空母の出港時に港内のほか、追尾して海水を調査している。
****

 ま、人体に影響はないそうですが、ほんとかよ~。
 海水調査でたいしたことないって喜んでていいのだろうか。生物(生態)濃縮ってあるんじゃなかろーか。

 横須賀では大きなカレイが釣れます。

 特に横須賀新堤(根元は米軍基地)は大物が釣れると有名なのですが、何か?

|

« データが消えた | Main | 遙かなるイリノイ »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

生物濃縮

横須賀の魚をたらふく食っている竜馬ちゃんのお腹から高濃度の放射能が検出されること。

Posted by: 井村 瑶茉 | September 29, 2006 at 09:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/12081144

Listed below are links to weblogs that reference <放射性物質>微量検出 米原潜「ホノルル」艦尾の海水から:

« データが消えた | Main | 遙かなるイリノイ »