« お食い初め | Main | 「安倍総裁」、20日に選出=2位争い、人事に影響も-自民 »

September 19, 2006

夜の第三京浜

 雨の第三京浜上り。深夜の三車線には赤いテールランプがひたすら伸びていた。
 渋滞、という訳でもない。どの車も時速90~100km前後で走っている。その中、私は追い越し車線を川崎に向かって走っていた。

 前に走る黒のワンボックスが、落ち着かない運転をしている。カーブでもなく、前走車もいないのに、ブレーキをたまに踏むのだ。自分で決めたスピードを超えると踏んでいる様な感じだった。
 一番左と中央の走行車線は、なんとなく車が途切れず、遅い車が等間隔に連なって走っている。ワンボックスも、後ろの車(自分)に譲ればいいのに、譲らない。夜の雨だけにあまりこちらも煽らない。
 痺れを切らせたスポーツカー(多分MR-Sだったよーな)が、左(中央)から追い抜きにかかった。煌々としたヘッドライトが左から迫って来る…が、すぐに前の車につかえた。三車線共に塞がり、MR-Sはブレーキを踏む。私は無闇に前に入られないよう、車間距離を縮めた。MR-Sはそのまま動けず、私に追い抜かれた。私の後ろの車も車間を詰めたらしく、MR-Sは追い越し車線に入ってこなかった。

 ワンボックスは相変わらずブレーキを踏む。前に車はいない。やや、イライラくる。なぜ追い越し車線を走っているんだろう。
 MR-Sはかなり後方に消えた。馬群車群に沈んだらしい。イラついているだろうに、お気の毒様。
 目の前の中央車線の先頭車を抜き、中央車線が少しクリアになった。ワンボックスは車線を譲らず、またもやブレーキを踏む。コノヤロー。
 まだ川崎出口はやや先だが、精神衛生上、中央車線に出たい。こんな車の後ろはもうゴメンだ。左ウインカーを出す。その時、何かピンと来た。さっきのMR-Sが頭によぎったのだ。一瞬、車線変更を躊躇した。
 すると、やはり、来た。ドンピシャのタイミングだった。
 MR-Sはグワーっと一番左の走行車線から中央車線に車線変更してきた。これが全く見えなかった。見るんじゃない、感じるんだ、という感じ。いやほんと。

 MR-Sはそのまま追い越し車線のワンボックスの前に躍り出て、みるみる遠ざかっていった。私は再度後方確認の上、中央車線、そして左車線に移った。もう、川崎出口が近づいていた。

 それにしても、危なかった。
 あの時車線変更していたら、恐らくMR-Sは私に追突したか、或いは双方真ん中車線でぶつかり、弾けた可能性が高い。もちろんMR-Sが急ブレーキを踏めば別だが、あの時、恐らく時速140~150キロは出していたのではないか。ひょっとするともっと出していたかもしれない。MR-Sは車線の割り込み状態に入っていたので、ブレーキを踏めば、追い抜かれた中央車線先頭の車がMR-Sに追突していたかもしれない。
 そんなスリ抜け、周囲の車が譲っているからこそ出来る。うまくいったつもりだろうが、私が車線移動すれば大事故だった(かもしれない)。

 久しぶりにアホな車を見た。下手クソめ。

|

« お食い初め | Main | 「安倍総裁」、20日に選出=2位争い、人事に影響も-自民 »

「車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夜の第三京浜:

« お食い初め | Main | 「安倍総裁」、20日に選出=2位争い、人事に影響も-自民 »