« 久々のカレイ釣行は厳しく… | Main | <履修不足>救済策 1日中に決着 自公が合意 »

October 31, 2006

地震防災システムの悩み

 自宅のポストにチラシが入っていた。
 それはマンションのチラシで、三浦半島の、野比断層のすぐ近くのマンションのものであった。
 そこには耐震強度が謳われていた。通常よりも耐震強度の高いマンションなんだそうだ。それは、まぁいい。良い事だし、大いに宣伝すればよい。
 それはそれとして、地震の接近通報の事も謳われていた。曰く、初期微動であるP波をキャッチして、ネット経由で地震情報を配信。本揺れのS波が到達する前に警戒警報を発令し、テーブルの下に避難したり、ガスなど止めたりする、というものだ。
 私が子供の頃から言われていた事が、数十年の時を経て今、現実のものとなってきた。まだ試行運用の域を超えていないような印象もあるが、それでもこのようなシステムは多いに役に立つに違いない。好印象である。

 ただ、野比断層で地震が起こったら、直下型地震なだけに意味を成さないだろうな、なんて思ったり。

|

« 久々のカレイ釣行は厳しく… | Main | <履修不足>救済策 1日中に決着 自公が合意 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地震防災システムの悩み:

« 久々のカレイ釣行は厳しく… | Main | <履修不足>救済策 1日中に決着 自公が合意 »