« ボウケンジャー本 ふたたび | Main | 観艦式 »

October 28, 2006

未履修生徒の救済策検討 首相が文科相に指示

 救済ね~。

****
 政府は二十八日、全国の高校で必修科目の未履修が相次いで発覚した問題で、単位不足が懸念される生徒に対する救済策の検討に入った。安倍晋三首相が二十七日、伊吹文明文部科学相を首相官邸に呼び、指示した。文科省は教育委員会向けに示す対応策の内容を検討するため、各地の実態把握を急いでいる。
 伊吹文科相は救済に否定的な考えを示していたが、全国の都道府県教育委員会の二十七日時点の集計で、未履修の高校が四十一都道府県の約四百校に上り、単位不足の恐れのある生徒が七万人以上となる見込みであることが判明。事態の深刻化を受け政府は方針転換を迫られた。
 文科省初等中等教育局は「(世界史などの履修に必要な)七十時間の授業は、大学入試シーズンが一段落した後、三月末までに行う補習で十分対応可能」としている。
 ただ、中には盛岡市の私立校のように一部の高校三年生が四科目、三百五十時間分の補習をしなければならないような“想定外”のケースもあり、未履修の生徒全員が来春の卒業までに指導要領通りの時間数をこなすのは困難。政府はこうしたケースに対し、どのような救済が可能か検討する。
 安倍首相は二十七日、官邸で記者団に「子どもたちに原因があるわけではなくて、学校側に原因があり、教育委員会もチェック機能を果たし得なかったことに問題がある」と指摘。その上で「子どもたちの将来に問題が発生しないよう対応すべきだと考えているし、そのように指示している」と強調した。
 与党内では「(生徒は)かわいそうだ。もう一度授業を受けさせるようなことは必要ない。世界史の本でも読み、論文を出してもらうなど、寛大な措置を取るべきだ」(森喜朗元首相)などの声が上がっている。
****

 かわいそうとは何事だ。

 難しい問題だとは思うのですが。

 私は、救済は基本的にはやはり反対です。救済するにしても、よほど厳しい条件にして欲しい。やはり、ちゃんと履修している生徒が有利であるべきだ、と思う。
 今回の未履修の生徒達。自分達は、当事者である事、加害者である事を認識すべきだと思う。履修すべきを履修しないで、受験に有利にあたろうとした訳だから。

 当然、学校側が勝手にやった事で、生徒には反論の余地があったかどうか難しかったのではないか、ということもあろう。学校側が進学率を上げて、学校経営という商売を有利に運ぶために、生徒のためを思わず、生徒を食い物にした可能性だってあるだろう。

 しかしその生徒達は、履修問題が問題化されなければそれはそれで、受験に有利なほうが良かった、と思ってはいないか。少なくとも、今回問題になっていない生徒から見れば、「ずるい」と思われて仕方が無いのではないか。

 それが基本にあるべきだと思う。そして、その上で救済を全く考えてはならないとは言わない。だが、この2、3学期(下期)は、履修すべき授業を、受験勉強を差し置いて受ければいいと思う。その結果、受験に不利になるのかもしれない。しかし今まで、逆の立場だったのではないのか。それ以外何が公平か、と思う。

 まぁ当事者に言わせれば、そんなに簡単な話ではないだろうけれども。

 それはそうと。
 この話、今年だけの話ではあるまい。
 去年、一昨年。一体何年前まで遡ってこの未履修の学生がいたのだろうか。
 それを突っ込む話は、聞こえてこない。マスコミは一体何をやっているのか。「想定外」とは言わせないぞ。

 問題を直視したくない気持ちが、これほど各界とも一致した事は無いのではあるまいか。

|

« ボウケンジャー本 ふたたび | Main | 観艦式 »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

Comments

今年だけの話じゃなかろうってのもそうだけど、そもそも何で今頃降って湧いたのか。新政権が教育基本法改正に手を着け始めた時期に、まあなんていいネタが。根拠無しの妄想だけど。

今回世界史が主に槍玉になってるけど,
それだけか?そもそも教育指導要領通りになると現実に対応できないから、やっちゃったんであって理科総合とか基礎理科とか家庭とか情報に手を付けないとは思えないのよね。

ちらほらと聞こえてくる噂話だと、理科総合の時間で生物やってましたとか、情報の時間で数学やってましたとか、家庭科実習でなぜか化学の教師が来たとかあるんで調べだしたら8万人じゃ済まなくなるんじゃないかねぇ。

…なんか文部科学省の局長以上全員を獄門の上市中引き回しにしたくなってきたな。

Posted by: KOH | October 29, 2006 12:50 AM

記事などで、生徒の発言として紹介されていた物に「なんで無駄な物に時間を取られなくてはいけないのか」という発言がありました。まぁそういう生徒が多数を占めるんじゃないでしょうか。
個人的な意見としては、卒業していたとしても、再教育を受けさせるのが良いと思ってます(通信制高校も増えてますから)
それから、今の学習指導要領になってから多発しているんじゃないかなと思います。ゆとりという名の教育を、教員が理解せずに曲解したものが多くあったと思います(文部省による講演などがすごく多かったので)ゆとり教育って使い方を考えれば凄く色々と自由にできるんですけどね、(教員の負担は数倍に増えますけど。)
あと、化学や工業の教員でも家庭科の免許を持っている人もいますし、情報の内容は一部を家庭科で置き換えることが可能です。理科総合は・・・わからないですね。まぁ履修時間表が公開されているはずなので、それと違っているか、その表が学習指導要領と違っていたらまずいんですけどね。

いむさんや自分のところでも色々書いているので参考にしてくださいb

Posted by: あび | October 29, 2006 05:19 AM

本文強調部分への反論です。

けっこうこの話、生徒側を非難する意見を多く見るんですが、なぜ彼らがその教科を無駄だと考えるに至ったかを考えるべきだと思うんですよね。
小学校に入ったばかりの子で「勉強なんて必要ない」と思ってる子はいない。やがて「勉強って必要なの?」とか「○○という教科って必要なの?」と自然に思うようになる。
そのときに学校、親を含めた大人がどう答えるかで違ってくると思うんですよ。
つまり、高校で彼らが「○○は必要ない」と考えていたら、それはやはり突き詰めれば生徒側のせいではなくそのように教育した親や中学以下の学校の責任だと思うし、そこで「勉強は必要だからするというものじゃない」ということを毅然と言えなかった高校側にほぼ全責任があると考えます。
実際、ちゃんとやってる学校のほうがはるかにたくさんあるし、がんとして選択授業をとらせれば結局それに従う生徒しか卒業できないんですから。
地方の進学事情などと言っている高校側が甘えています。

彼らは当事者であり、被害者では絶対ないけど、加害者ではないです。そこまでひどく言われることはしていないと思います。

Posted by: あずみ | October 29, 2006 08:52 AM

>あずみさん

 履修問題の生徒が加害者かそうでないか、というのは難しい話だと思います。

 お茶を濁した解決になった場合、問題の無かった生徒から見れば「受験資格を与えてくれるな」というのが本音だと思うんですよね。ズルイって思うんじゃないでしょうか。
 履修問題の生徒が卒業できない場合は、彼らが被害者かもしれない。でも、履修問題を抱えた生徒に、大学受験が有利な授業を受けたまま大学進学(高校卒業)されると、被害者は果たして誰だろう、と思うのです。発覚しなければ、被害を被ったのは誰だったか。

 履修問題の生徒にしてみれば、学校側がそのような授業を行っていたので「そんなもんか」と思っていておかしくない。気がついていたとして、何が言えたか、とも思うのですよ。だから、無為やたらに加害者だ!と責めたい訳じゃないのです。

 悪意があったとは思わない。だから、責められる筋合いはないかもしれない。しかし、今から何が出来るか、何をやるべきか、というのは考えられるはずです。高校だって大学だって義務教育ではないのだから。

 その意味で「寛大な措置」というのは存在してはいけない。例えば無償(授業は普通、当たり前だけどタダではない)で、休日返上してでも授業を受けさせる、と言うのであれば寛大な措置、という事になりはしないか。なんて思ったりするのです。無償どころか損害賠償を求めてもいいのかもしれない、とも思いますが。

Posted by: 竜馬 | October 30, 2006 11:11 AM

お返事ありがとうございます。
おっしゃる中でなるほどと思うところもありますが、現実問題として、学校側責任なのにもかかわらず生徒が懲罰的措置にあうべき、という考え方はやはり納得できないですね。
せめて今年の受験日程の終わった春休みに集中補講をするとか、あびさんの意見のように卒後にその単位の履修を義務づけるとか、その程度にすべきなのでは?
竜馬さんのご意見は(特に本文内)、未履修者をズルイと感じるかもしれない一般の生徒の立場からとしても、意地悪すぎる感じがするなあ。個人的には受験と関係ない1科目くらい履修しなくても、そんなに受験に有利になるとは思えませんよ。どうせそんな科目は赤点さえとらなければ程度で一夜漬けしかしませんし、授業中に寝てそのぶん家で必要な教科の勉強しますから(冗談抜き)。

Posted by: あずみ | October 30, 2006 01:53 PM

 意地悪かな(^_^;)。
 あまり懲罰的な意味は無かったつもりです。履修を卒業までにちゃんとすればいいと思う。春休みも、確かにその時間ですね。履修が終わらなければ、卒業できないだけ。その時間が足りなければ、土日がなくなるだけだと思ったのです。

Posted by: 竜馬 | October 30, 2006 02:09 PM

生徒が加害者、というけど、では被害者は誰ですか?

現状を把握しない役人が作った指導要領を、現場の教職員が現状に合うようにねじ曲げてゆがめてしまったんですよね?
生徒に、これを是正するチャンスがいつあったのか問いたいです。

「受験に役立つ勉強しかしなくていいからラッキー」と思っている生徒ばかりなら貴方の論調でいいですが、本当にそうですか?大多数は学校の説明を正しいと信じていた「被害者」ではないですかね?

 「何もしなくても卒業」という救済は間違いだと思いますが、なんらかの措置をしなくては、「かわいそう」だと私は考えます。

 元首相はいつもセンスのないことを言っていますが、今回に限ってはましなことを言っていると思いますが、こんな考え方は甘過ぎですか?

Posted by: 元高校教諭X | October 30, 2006 11:09 PM

>元高校教諭Xさん

 なんだかまた繰り返しになってしまいますが。
 今までの記述を読んでいただければわかると思いますが、私は、被害者は受験における不利を被る一般生徒だと思っています。また、何らかの措置も、全くNGと思っている訳でもありません。また、生徒に何が出来たか、という事も理解しているつもりですし、学校側の問題だという事も記載しています。

 生徒を責める事は意地悪だ、と言えば意地悪かもしれません。今回問題になった学校の生徒には辛い話かもしれませんが、この問題をなおざりに解決すれば、不公平感を肯定する事になり、そちらの方が問題だと思っているし、従って安易な救済には反対だと思っています。
 その意味では履修問題の生徒は被害者であるとは思いますが、知らなかったから仕方が無い、と自分が得る利益を無視して肯定することは出来ないと思うのです。

 例えになっていないかもしれませんが、会社のミスで納税義務を無意識に怠っていたサラリーマンが、追徴課税されたとして、知らなかったから仕方が無い、税金は優遇してあげる、と許すことは私には出来ません。サラリーマンが会社を訴える事はありえる、とは思いますが。
 追徴課税は、やり方はいろいろあるにせよ、公平に決められた金額が、決められた時間内に収められるべきだと思います。

Posted by: 竜馬 | October 31, 2006 10:10 AM

あまりよそのブログで長文書く趣味はないのですが(笑)自分のコメントの補足が必要そうなので。
意地悪とか懲罰的と言ったのは、特に記事本文中での
>>履修すべきを履修しないで、受験に有利にあたろうとした訳だから。
とか、
>>だが、この2、3学期(下期)は、履修すべき授業を、受験勉強を差し置いて受ければいいと思う。その結果、受験に不利になるのかもしれない。しかし今まで、逆の立場だったのではないのか。それ以外何が公平か、と思う。
のあたりですね。
あえてわざわざ未履修生徒を受験に不利な方向にもっていくべき、という論調に読み取れたので、そこが懲罰的だなと。
未履修生徒と通常の生徒が公平にはなるべきですが、未履修生徒を不利にする必然性はありません(生徒が罰される理由はない)し、すべきでもありません。というのが私の意見。

Posted by: あずみ | October 31, 2006 11:44 AM

>あずみさん

 私もわざわざ不利にする必要はないと思います。為す事を為せば良いだけ、と思います。(論点はここなんでしょうけど…)
 ただこの時期、ドっと押し寄せる未履修科目をこなすのは、受験勉強の妨げになるのかもしれない、と思ったのです。それで不利になるかもしれない、と書きました。もし仮にそうだとしたら、それは止むを得ない事であり、懲罰的とも(基本的には)思いません。
 結果的に未履修生徒が不利益を被るのであれば、それは受験生全体がフォローする(未単位を了承する)ことではなく、学校側と未履修生徒の間の問題だと思います。責任が教育委員会や国にあるとしも同じ事だと思います。これがボヤけた判断になると、責任の所在もまたボヤけると思います。
 とは言え、上記を完全に履行するには、人間の人生において冷たい発想であることだとも思います。不公平感のないよう、どこまでフォローできるか、という話なのですが、未履修生はひたすら頑張るしかない、と思うのです。

Posted by: 竜馬 | October 31, 2006 12:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 未履修生徒の救済策検討 首相が文科相に指示:

» 何考えてるんだ? [かくれ家]
安倍晋三首相は「未履修問題」で、一般的な考えを覆しそうだ。 義務教育なら政府として救済策の検討は良いけど、義務教育では無い高等学校で、政府の救済策はおかしいぞ! 森喜朗元首相も同様に「おかしい」考え方してます。 「かわいそうだ。もう一度授業を受けさせるような... [Read More]

Tracked on October 28, 2006 09:37 PM

« ボウケンジャー本 ふたたび | Main | 観艦式 »