« 異常潮位 | Main | 神奈川県警の不祥事 »

October 13, 2006

「周辺事態」認定の可否検討=北の船舶臨検、後方支援を想定-政府

 検討することは大事だけどさ。

****
 政府は12日、北朝鮮の核実験発表を受けた国連での制裁決議に、強制力を伴う船舶への臨検が盛り込まれた場合に備え、日本の平和と安全に重要な影響を与える「周辺事態」と認定できるかについて検討に入った。公海上で臨検を行う米軍への後方支援などを想定。各国の動向や北朝鮮の出方を見ながら慎重に判断する方針だ。
 米国がまとめた制裁決議案には北朝鮮船舶への臨検が盛り込まれている。今回のケースを周辺事態法に規定する周辺事態と認定した場合、米艦船に対する給油など後方支援のほか、日本は船舶検査活動法に基づき独自の検査が可能となる。これに関し政府は、実験発表段階では「周辺事態とはならない」(久間章生防衛庁長官)との立場だ。
****

 この局面に来て、臨検もまともに行えないのかこの国は。
 臨検はその場で戦闘状態になる可能性を持った、実務的にも政治的にも危険性の高いものである、とは思うけど。
 確かに、危機危険を想定して考え、行動する事は大事だけど。
 こんなところでガタガタ言う私より、よほどその点を理解した人々が真剣に議論していることもよくわかるけど。

 なんかこう、小学校とかでさ。
 ホームルームとかでさ。
 ワルさしたヤツを指差してあげつらう、声は大きいけど何もしないガキみたい。
 言ってる事に間違いはないかもしれないけど、なんだかな、という感じ。
 何かあれば「輪」に逃げ込んだり、職員室に逃げ込んだり。
 ワルさしたヤツが悪いのは間違いないけど、それはそれ。

 まーいまさらか。

|

« 異常潮位 | Main | 神奈川県警の不祥事 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「周辺事態」認定の可否検討=北の船舶臨検、後方支援を想定-政府:

« 異常潮位 | Main | 神奈川県警の不祥事 »