« 北朝鮮の核実験の先には… | Main | 異常潮位 »

October 11, 2006

カロチン血症

 ベランダに裸足で出た遼太郎。真っ黒になった足の裏を拭いていて気がついた。妙に黄色い。
 そう思って改めてみると、やはり異様に黄色い。足全体、と言うよりは足の裏に集中して黄色い感じである。手のひらはどうか、と思うと、やはり、足の裏ほどではないにせよ、やや黄色い感がある。少なくとも、周囲に比べはっきりと黄色いと感じる。
 まさか黄疸か…。ここのところ、風邪っぽく微熱のある日もあったが、よもや。
 目を確認するが、そうでもない。顔や体全体を見回してみるが、やはりそんなに黄色いとは感じなかった。黄疸ではないのか。まぁ、所詮シロートの看立てなぞアテにはならないしなぁ…。

 ネットで調べてみた。

 世の中には、カロチン血症なるものがあるらしい。該当するのはほぼ間違い無さそうであった。

****
 カロチノイドとは、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜やミカンなどの果物に含まれる色素成分の総称で600種類以上あり、抗酸化作用があるといわれています。代表的なものにβーカロチン・ルテイン・リコピンがあります。
 カロチノイドは過剰に摂取しても毒性は生じませんが、皮膚が黄色になることがあるのです。過剰に摂取した場合、手のひらや足の裏が黄色くなりやすいのです。なりやすい体質があるようです
****

 遼太郎、ニンジンジュースが大好きなのであった。
 それも毎日、必ず飲みたがる。機嫌が悪くなると「ニンジンジュースのみたい」と求め、単純に喉が渇いても求め、そして夕食時にも必ず求めるのであった。ほとんど、過剰摂取と言って言いすぎではないのだ。
 体に悪いものではないだろう、と許容していたが、まぁ…結局いいのかなぁ?ちょっと偏っているのが気になるところではあるのだが。

|

« 北朝鮮の核実験の先には… | Main | 異常潮位 »

「育児」カテゴリの記事

Comments

カロチノイドよりも糖分の方がヤバいんじゃねーか。

Posted by: 剛 | October 11, 2006 at 09:15 AM

 そうなんよ。最近はジュースジュースと言いはじめてあまり良くない傾向。
 ジュース断ちせにゃなりませぬ。

Posted by: 竜馬 | October 11, 2006 at 10:47 AM

みかんばっか喰っててもなるよー

Posted by: 井村 瑶茉 | October 11, 2006 at 05:20 PM

うちも一時期そういうときがあってね、でもお茶か水しかあげなかったら、そのうち自分から「おみずちょーだい」とか言うようになったよ。あと、近所の友達の影響もあるかも。彼等はよそで飲み物をもらうときに「水しかダメ」と言われているようで、眞も一緒になって「Can I have water?」とか言ってる。

あいつら基本的にノリだからね。うまく乗せちゃえばこっちのもんだ。「どうしても欲しいもの」なんてまだない年齢なんだから。しつこくごねるときにはだいたい理由は別にあるんだよね。

Posted by: 剛 | October 14, 2006 at 01:13 PM

 最近は水、お茶の比率を上げ始めているものの、冷蔵庫の在庫状況を把握し始めている感じ。「この間のジュースの残りがまだあるはずだ」という感じで言ってきはじめた。
 まぁ、そもそも買わないようにしないとならないようだけど、イザと言うときのために買っておきたい気持ちもまたあったり…。

Posted by: 竜馬 | October 17, 2006 at 12:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/12235399

Listed below are links to weblogs that reference カロチン血症:

« 北朝鮮の核実験の先には… | Main | 異常潮位 »