« ガイジンおことわり | Main | サーバ負荷に対抗中 »

November 28, 2006

造反11人復党、首相が手続き指示=「責任持って決断」-時期尚早と反対論・自民

 ふーん。

****
 安倍晋三首相は27日夕の自民党役員会で、郵政民営化に反対し、同党を離党した無所属衆院議員12人から復党願が提出されたことについて「(平沼赳夫元経済産業相を除く)11人の復党審査手続きに党紀委員会で入ってもらいたい」と指示した。誓約書を出さなかった平沼氏は、審査対象から外した。党内では新人議員らから反対論や慎重論が相次いだが、同党は早ければ月内にも党紀委員会を開き、復党を正式決定する運びだ。
 首相は同日夜、首相官邸で記者団に「総裁として責任をもって決断した。古い自民党に戻ることはない」と言明。復党条件に関しては「郵政民営化是か非かをあいまいにしてはならないと考えた」と国民の理解を求めた。また、復党問題での衆院解散を否定した。
****

 ま、なんなんでしょうね。タカをくくっているということなんでしょうか。
 こんなことをする自民党なんて、投票したくない!…となったれば、じゃあどこに投票するのかって話なんでしょうね。民主党はアレだしねぇ…なんて。そこを睨み、タカをくくったんじゃないかと。

 あえて好意的に書けば…。
 別に国民全体を馬鹿にしていないかもしれない。なぜなら誓約書を書かせているから。郵政民営化を推進するべく、有力議員の取り込みを行うことは別に自民党にとって悪いことの様には思えない、とも書ける。

 でもま、誓約書を書いた議員の気が知れないけどね!そしてやっぱり、それを容認する自民党の気も知れないけどね!

 彼らに投票した地域有権者は、今頃何を考えてるんだろう。

 裏切りやがったな! なのか あの人がやることだからイイ! なのか。

 ま、私だったら怒るけどなぁ。で、次は投票しないけどなぁ。それでも当選すると、思ってるんだろうね。だからこういう事になる訳ですが。

 そうはならないだろけど、解散、総選挙やったら面白そう。安部総理は公邸に入ったばかりですが(笑)。

|

« ガイジンおことわり | Main | サーバ負荷に対抗中 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

誓約書って何だよ・・中世かよ!と思ってしまいました。
何十人も人がいて全て意見がが同じはずないのにね・・・
でも党にいないと議員になれない今のシステムが、ある意味やばいのかも・・とも思ったりした

Posted by: ある | November 28, 2006 at 06:21 PM

政党助成金なんてあぶく銭があるからでしょうねぇ・・・

新たに11人の政治屋さんが増えたと言うことで。
まぁ今更何を言ってもしょうがないけどねぇ
政治のいったい何を信じたらいいんだか・・・。

Posted by: すらびん | November 28, 2006 at 06:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/12853454

Listed below are links to weblogs that reference 造反11人復党、首相が手続き指示=「責任持って決断」-時期尚早と反対論・自民:

« ガイジンおことわり | Main | サーバ負荷に対抗中 »