« あさひ水道サービスはボッタクリ | Main | ラーメン道 前略 »

February 14, 2007

やっとマダイを釣りました

11  三連休には久しぶりのマダイ釣行。久里浜沖は避け、相模湾側へ向かった。
 船宿はつね丸。片舷7名を乗せ、ベタナギの相模湾を南下する。長潮であり、厳しい釣りになると予想された。
 朝イチは長井の真沖、60mダチ。幾度か手返ししていると、常連の右舷オオドモ氏にヒット。1キロチョイのマダイがあがり、船中に元気が出た。しかし単発で、その後が続かない。船を立て返すと、今度は左舷オオドモ氏にヒット。マダイかと思われたがイナダであった。
 暫く続けていたが、アタリ無しのため城ヶ島沖へ。一度サバの群れに遭遇したが、一過性で済んだ。

 午後に入り、残り2時間。今日はここまでと思われたが、1時頃に隣の釣友Yにヒット。ドラグが出て行くようなヤリトリの末、2キロ弱のマダイをGET。美しいピンク色をしていた。Yは「これでつね丸マダイボウズ無し」とのこと。大したもんだ。
 その約20分後、私の手持ちの竿にアタリ。ググン、と竿先が海中へ引きずられた。柔らかい竿を利用して慎重にヤリトリ。海中に白く魚体が浮かび上がる。マダイ、1.2キロであった。私にとって、チャリコ以外のまともな初マダイであった。

 このとき、ちょっとした事件があった。
 テンビンが見えた頃、オマツリの様な感覚があった。左舷側(私は右舷)の人とマツっているらしかった。船長は先方へ糸を緩めるよう指示。無事にタモ入れとなったわけだが、なんとマダイの口に、左舷側の方の針がばっちり刺さっていたのだ。
 あれ?この針、私の針じゃない!左舷側からその方がやってきて自分の針であることを確認。マダイは引き取られそうになった。ちょっと待て。私の針はどこへ行ったのだ!?…私の針は、飲み込まれていたのだった。
12 奥の針が優先、ということで無事に私の手元にマダイが残った訳だが、やる気のあるマダイにも困りもの、と思った次第。しかし船長の説明によれば、私のヤリトリの最中に、私のハリスに先方の針がかかり、それをたぐってマダイに針が到達したものである、とのことであった。確かにヤリトリの最中は先方には全く感覚が無かったわけで、なるほど、という話。そんなこともあるのね。

 その後、左舷オオドモ氏が同クラスのマダイを釣り上げ、船中4枚でこの日は終了となった。外道はイナダ2本、メジマグロ1本。…海の中の季節は一体どうなってしまったのだろう、てな感じである。

 それにつけても、マダイの引きは楽しかった。釣友Y始め、ハマってしまう人たちの気持ちが少しわかった。それが分かるまでに2年以上かかった訳だが!

|

« あさひ水道サービスはボッタクリ | Main | ラーメン道 前略 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

マダイいいですねぇ!
つね丸さんはボートや沖堤への渡船でたまに行きます。
やはりご近所だと分かるネタが多くついコメントして
しまいますね。

マダイは2〜3年前まで野島のあさなぎ丸に通ってましたが、ここの実績もなかなかです。
http://www.ceres.dti.ne.jp/~marine/

子供が生まれてから陸釣りへの変更を余儀なくされてしまい、最近はとんとご無沙汰ですがw。

Posted by: fall | February 14, 2007 10:22 AM

 fallさんはボートや沖堤渡船までされる(されていた)のですね。私は野島防波堤や久里浜東電防波堤に出没しています。最近ボートはあまりやっていませんが、金田湾などに出没しています。
 私も子供が生まれて(これでも)釣行頻度が減りました。うみかぜ公園などの陸っぱりもたまーにやってます。

Posted by: 竜馬 | February 15, 2007 08:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference やっとマダイを釣りました:

« あさひ水道サービスはボッタクリ | Main | ラーメン道 前略 »