« <赤ちゃんポスト>熊本市が認可方針 厚労省と協議、判断へ | Main | 今更だけどi-unit »

February 23, 2007

新橋 鳥藤

18 残業で終電を逃す。タクシーで帰ることを決意するが、その前に晩飯を食おうと新橋をさまよった。
 0時を回った新橋はどこも店が閉まっており、開いているのは牛丼屋か、ラーメン屋くらいなものだ。もちろんそれらも好物ではあるのだが、そのときはストレスもあって居酒屋か小料理屋に入りたい気分だった。
 ニュー新橋ビルを一週半(外周)。烏森神社の小道にも足を踏み入れるが、どこも閉まっているか、微妙に入りにくかったり、客がいっぱいだったり、という感じである。多くの店が閉まっている分、客が集中しているようだった。
 仕方が無いので柳通りを少し下ると、深夜二時まで営業、と焼き鳥屋の看板が出ていたのでそこに決定。店に入った。

 鳥藤。老舗の焼き鳥屋らしい。強面の兄ちゃんがブスっと焼き鳥を焼いている。横の大将もやや声をかけにくい。天井には巨大モロコの魚拓。壁には写真と釣竿が飾られていた。
 縁だなぁと思いつつもそこには触れず、黙ってビールと鳥刺。少々の焼き物。レバーが絶妙に美味い。秋葉原、とり庄とほぼ同レベルであった。強面の兄ちゃんがニッコリ話しかけてくる。意外な笑顔に驚きつつも会話を二、三。外資系の会社ですか?と聞かれる。この時間にタクシーで帰ろう、なんて思う奴は外資系が多いらしい。

 ここ暫くは忙しい日々が続いており、この日も週の真ん中である。あまり多くを頼まず、早々に引き上げる。帰っても2時間ほどしか寝れないが、帰る。2時間睡眠はその前後含め3日続いた。今週はヘトヘトだ。

 それでも口の中にあのレバーの味が蘇る。モロコの魚拓は、今後も見に行くことになるだろう。

|

« <赤ちゃんポスト>熊本市が認可方針 厚労省と協議、判断へ | Main | 今更だけどi-unit »

「お店」カテゴリの記事

Comments

「とり庄とほぼ同レベル」!
読みながら、よだれが止まりませんでした。
とり庄のレバーは相当うまいからね。

Posted by: 剛 | February 23, 2007 11:44 AM

美味かったよ。とり庄も美味いけど、ここも美味かった。こんなこと書いてたら、ヨダレが私も出てきそう。

Posted by: 竜馬 | February 23, 2007 01:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新橋 鳥藤:

« <赤ちゃんポスト>熊本市が認可方針 厚労省と協議、判断へ | Main | 今更だけどi-unit »