« くどき上手 | Main | 新橋 鳥藤 »

February 22, 2007

<赤ちゃんポスト>熊本市が認可方針 厚労省と協議、判断へ

 よくやるもんだ。

****
 熊本市の慈恵病院(蓮田太二理事長)が、育児が困難な親から新生児を預かる「赤ちゃんポスト」の設置を市に申請していた問題で、幸山政史市長は設置を許可する方針を固めた。22日に改めて厚生労働省と法律上の問題点などを協議したうえで最終判断する。設置を認めれば全国初のケースとなる。
 熊本市は昨年12月、慈恵病院からの申請を受け、関係課で協議。刑法の保護責任者遺棄罪や児童福祉法などの規定に触れないか国とも意見交換した。幸山市長は「確かに命が救われる可能性がある」と人道面を重視。一方で「設置に伴って捨て子が増えないよう法整備をする必要がないか確認したい」とも話し、国と最終調整する考えを示した。
 赤ちゃんポストは病院の壁に設置された扉を開け、室内に置かれたベッドに匿名で新生児を預ける仕組み。職員が24時間態勢で待機し、すぐに赤ちゃんを保護する。
 「育児放棄を助長する」との懸念の声もあるが、ドイツなどでは広く導入されている。病院側は「赤ちゃんの命を救い、母親が犯罪者となることも防げる。預かるのが目的でなく、ポストに手紙を置き相談や養子縁組につなげるのが狙い」と話している。
****

 実質的に救われる命がある、という事なんだろう。命を救うために、他の問題をやむなし、とするしかないのか。わかるが、わからん。これは本当に人道的なんだろうか?
 だいたい「赤ちゃんポスト」なんて言うからダメなんだ。「赤ちゃん廃棄箱」とでも書け。子を捨てる親に「捨てる」という意識を必ず持たせろってんだ。そもそも捨てる赤ちゃんを作ることが間違いであろうに、そこはしゃーないで済ますのか。別に良いこととは言わないけど、堕胎や避妊薬の無料化の方がまだマシの様な気がしてくる。

 育児放棄を助長するのは間違い無いだろう。その子供たちは、この赤ちゃんポストの設置を将来どう解釈するのだろう。設置されなければ、ひょっとしたら自分は死んでいたかもしれない、とありがたく思うのだろうか。それとも、捨てられることは無かったんじゃないか、と恨むのだろうか。

 職員が24時間待機するとのことだが、その職員はどんな気持ちでこの仕事をこなすのだろうか。職員は目前に捨て子を目撃することになる。捨てられた子供の世話をしながら、まだ半径数百メートル、ひょっとしたら数メートル以内に親がいるはず、などと思ったりする訳だ。走り出したい気持ちになりはしないか。
 このシステムを導入する以上、捨て子をひきとめられない。親をひきとめたりしていたら、その瞬間はいいにしても、やがて赤ちゃんポストはその本質を見失い、誰も利用しなくなる(当然捨て子がなくなるわけじゃない)。
 目の前に捨て子の親子が居ながら、これを放置するしかない職員。それに耐え、仕事を続ける覚悟が本当にあるのか、大いに疑問である。

|

« くどき上手 | Main | 新橋 鳥藤 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

僕だったら、産んでくれて、捨ててくれてありがとうって思うかな。何かと辛い世の中だけど、やっぱり生まれてきたいし、生まれたからには殺されたくないよね。

Posted by: 剛 | February 22, 2007 at 03:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/14005209

Listed below are links to weblogs that reference <赤ちゃんポスト>熊本市が認可方針 厚労省と協議、判断へ:

» 熊本「赤ちゃんポスト」厚労省が容認の意向 [とんみんくん]
赤ちゃんポストの議論。 「赤ちゃんポスト」の設置。いわいる捨て子ですよね。 うーん、でも、育てられない事情の方もいらっしゃるだろうし、難しい問題ですね。 [Read More]

Tracked on February 24, 2007 at 01:20 AM

» 赤ちゃんポスト…出来れば使われて欲しくないけど…。 [ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜]
■「産む」は出来ても「育てる」が出来なかった人々 asahi.com:「赤ちゃんポスト」設置めぐり国と協議へ 熊本市長?-?暮らしhttp://www.asahi.com/life/update/0221/012.html  乳児が捨てられるなどして命をなくすのを防ぐため熊本市の慈恵病院が計画している「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」をめぐり、設置許可の是非を検討している同市の幸山政史市長は22日、厚生労働省に出向いて法解釈や法整備などについて見解を求める。幸山市長は21日、取材... [Read More]

Tracked on February 24, 2007 at 07:06 PM

« くどき上手 | Main | 新橋 鳥藤 »