« 年齢2倍 | Main | やすべえ »

March 27, 2007

はじめて帰省しなかった時のこと

 恩田陸のネバーランドを読んで思い出すことがまだあった。

 それは、初めて正月を家族と共にすごさない、という思い出である。もっとも、IT業界ってのは正月に休みを取りにくい局面もあったりするので、今となっては(正月に家族で過ごさないというのは)あまり珍しくもなくなってしまったのだが。

 1994年のこと。私はまだ会社の寮に暮らしていた。
 その年末。仕事納めも過ぎると会社の寮も寂しくなる。皆、帰省したりしていた。
 私は晴海見本市会場のイベントを終え、友人宅で飲み会を行う事になっていた。その日はそのまま友人宅に泊まり、翌日に帰省する予定だった。九州までの切符は、まだ買っていなかった。
 友人宅へ行く途中、新宿に立ち寄っていた。友人Kは、12月のアタマに発売されたばかりのプレイステーション(39800円)を買うと言う。発売当初のプレステは入手が難しく、複数の量販店をウロついていた。そして、ある店に在庫を発見したのだった。
 友人Kはホクホク顔で購入。そのとき、頭上から物欲大魔王が私に声をかけた。

 大魔王「お前も買ったら?」
 竜馬 「欲しいけど、お金が無いよ」
 大魔王「お金は持ってるじゃないか。財布の中に4万円入ってるだろう」
 竜馬 「これは九州へ帰省する新幹線代だよ」
 友人K「買っちゃえよ。正月はウチで一緒に遊ぼうぜ」
 大魔王「それはいい考えだ。楽しいぞ」
 竜馬 「…そ、そうかな?」

 気がつくと私の手にもプレステがぶら下がっていた。友人K(男)はルームメイトM(男だ)と二人暮らしで、二人とも帰省しないとのこと。当時そこは皆にKM亭と呼ばれていた。近所に住む別の友人B(男)も遊びに来ると言う。男四人で年末を過ごそうぜ、ということになったのだった。数分後、「帰省しないから」と九州の実家に電話を入れた。

 その夜は日本酒を持ち込み飲んだくれた。肴はツナ缶に醤油をたらしたものや、焼き鳥缶などであった。あとはただひたすら、プレステでリッジレーサーのタイムを競い、徹夜で遊んでいたような気がする。

 翌日は押し迫った31日。夕方、近所の銭湯に行った。KM亭にもフロはあったのだが物置と化していたのだった(ちなみに私にとって銭湯は小学生の頃以来のことで、以後は一度も行っていない)。
 そのまま晩飯の買い出しに出かけたが、時既に遅く周囲の店は既に閉まっており、地理にも暗くついに買い出しを諦めざるを得なかった。在庫の野菜で鍋を作ろう、とBははりきって野菜をザクザク切り、鍋を作った。男四人に囲まれた鍋には野菜のみがグツグツ煮えており、とてもベジタブルな鍋であった。泣きたかった。

 鍋をつつきながら年が明けた。明け方、Bは初日の出を見ると一人出かけていった。残った三人は酒に酔いながらぐったりと寝ていた。Bが帰ってきた頃、三人は復活していた。猿のようにリッジレーサーを代わる代わるやっていたような気がする。

 その後どうしたのかあまり覚えていない。1日か、2日には寮に帰ってしまったような気がする。寮の友人も早めに寮にもどっており、これまたリッジレーサーのタイムアタックに共に燃えたんじゃなかったっけか。

 …それがはじめて親と過ごさない年末年始であった。

|

« 年齢2倍 | Main | やすべえ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

懐かしい話だね。もう何年も前の。皆元気にしてるのかな。野菜鍋は健康そうです(笑)。

Posted by: いぶき | April 03, 2007 10:39 AM

私は野菜鍋はもうイヤだ(笑)。

Posted by: 竜馬 | April 03, 2007 01:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference はじめて帰省しなかった時のこと:

« 年齢2倍 | Main | やすべえ »