« ズーミン | Main | 恩田陸 「ネバーランド」 »

March 24, 2007

<代理出産>向井亜紀さんの双子、最高裁が実子とは認めず

 ×

****
 タレントの向井亜紀さん(42)と元プロレスラーの高田延彦さん(44)夫妻が、米国での代理出産でもうけた双子の男児(3)の出生届を受理するよう東京都品川区に求めた家事審判で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は23日、受理を命じた東京高裁決定(06年9月)を破棄し、夫妻の申し立てを退けた。双子は夫妻の法的な実子とは認められないことが確定した。
 向井さんは00年に子宮がんが見つかり子宮を摘出。夫妻はアメリカで代理出産を試み、03年11月に双子が産まれた。夫妻は自分たちを実の親とする出生届を品川区に提出したが、向井さんが実際に生んでいないため母親と認められず、受理されなかった。東京家裁は申し立てを却下したが、高裁は夫妻を法的な実の親と認めたアメリカ・ネバダ州裁判所の判決の効力を認め、品川区に出生届を受理するよう命じていた。
****

 確定、ですか。残念です。高裁の判決を破棄した上での確定は、よほどつらい結果のように感じます。
 この国は子を欲していないのか。何が大事なことで、何が二の次なんだろうか。

 中国残留孤児や、何かと生き別れの親兄弟だのの鑑定でDNA検査をやったりして判定することをやるわけだけど、この場合どうなるんだろうか。代理出産がバレてるからこうなる訳で、代理出産を無視して鑑定したら、親子と認められるんだろうか。今後、生き別れ親子の認定だって、どういう経緯で子が生まれたか、などといちいち確認するのだろうか?

 古田佑紀裁判長。次回の最高裁判所裁判官国民審査での「×」に一票。ま、不信任になった裁判官はいないらしいが…。

|

« ズーミン | Main | 恩田陸 「ネバーランド」 »

「ニュース」カテゴリの記事

「病気」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

彼らの申し立てを退けることで、何か他に守るものがあるんでしょうか。意味の無い、単に形骸化した「決まりごと」に基づいての判決なら、納得いかないよね。時代の変化に合わせて基準を修正していくべきだよね。

Posted by: 剛 | March 24, 2007 at 01:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/14365963

Listed below are links to weblogs that reference <代理出産>向井亜紀さんの双子、最高裁が実子とは認めず:

» 代理出産問題 高田・向井夫妻の双子、最高裁が実子とは認めず… [ そらそうよ!!]
タレントの向井亜紀さんと現プロレスラーの高田延彦さん夫妻が代理出産でもうけた双子の出生届を品川区が受理するかどうかの問題。 最高裁は、受理を命じた東京高裁の決定を破棄し、夫妻の申立を退けた。 正論ではあるかもしれないが、高裁の人情的決定に比べて最高裁の決定はいかがかと思う。 代理出産に関する法整備が望まれるように思う。 最高裁判事をビターン!!で洗脳しておくべきだったか… ただ両親が実子と同じ、いやそれ以上の愛情を注いでいるようなので(参照... [Read More]

Tracked on March 24, 2007 at 07:46 PM

« ズーミン | Main | 恩田陸 「ネバーランド」 »