« 母 | Main | 5月の購入予定一覧 »

May 10, 2007

喫煙、40歳男性で寿命3・5年縮める…厚労省研究班調査

 へぇ~。

****
 たばこを吸う男性は、吸わない男性に比べて40歳以降の余命が約3・5年短くなることが、厚生労働省研究班(研究班長・上島弘嗣滋賀医大教授)の大規模な疫学調査でわかった。
 寿命に対する喫煙の影響が、具体的な数値として明らかになったのは国内で初めて。喫煙対策の重要性を示す研究として注目される。
 1980年に、全国300か所の保健所で健診を受けた男女約1万人(平均年齢約50歳)を対象に、喫煙習慣の有無や喫煙量を質問し、1999年まで追跡調査。亡くなった約2000人の年齢と喫煙習慣から平均余命を算出した。
 その結果、80年時点でたばこを吸っていた男性の場合、40歳時の平均余命は38・6年で、吸わない男性の42・1年に比べ、3・5年短かった。1日に2箱以上吸う男性の余命は38・1年で、非喫煙者との差が4年に拡大した。
****

 この調査や数値にどれほどの信頼性があるのかな。
 本当に3年、4年と寿命に差が出てくるのであれば、最早選択の余地は無いと思うのだが。毒物指定モノじゃなかろーか。

 職場で話題になったが、結局喫煙者は「命を削ってでも吸う」「自分がそうなるとは限らない」「病気にならないようにチェックします」とかなんとか。3.5年の命よりタバコが大事、という感じだった。と言うより、あまり関心が無い感じ。ま、裏返して言えば、私もダイエット方向に関しては同じことが言えるかもしれないが。

 ま、本人がそれでもヘビースモーカーのご主人をもったカミさんとかはどう思うかなー。いっそ吸ってくれ、などと思ってるヤツもこの世の中には居るかもしれないが…。

 ま、それでなくとも禁煙、分煙が一段と進みそうですね。

|

« 母 | Main | 5月の購入予定一覧 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/15019617

Listed below are links to weblogs that reference 喫煙、40歳男性で寿命3・5年縮める…厚労省研究班調査:

« 母 | Main | 5月の購入予定一覧 »