« 交通マナー:夜間のライト、どちら向き!? 下向き根強く、県警が修正PR/茨城 | Main | 寂しい三春町岸壁 »

May 27, 2007

時をかける少女

58  映画は見に行ってなかったんだけど、しっかりamazonで予約してました。それでも、観たのは今日です。漸く。ほんと、漸く。
 各所で高評価。友人の間(ブログ)でも高評価。なので、映画を観てなかったのに限定版を予約。予約しといてよかった。(家の片付け等で視聴時間が取れなかった)

 とても面白い作品でした。絵もいい。
 前半、便利な道具で調子に乗るあたり、のび太のようなお気楽な主人公。だんだんドロ沼になっていくところも似てる(笑)。しかし、主人公がドロ沼になればなるほど元気に抵抗するのがなんといっても気持ちいい。こんな元気、(自分には)ないなー。この気持ちの良さが、作品全体が光を強く放つ大きな要素になっている。まぁ、主人公なんだから作品の色になって当然なんだけど、主人公が光らない作品も昨今多いしね。

 で。
 作品の質が高いと、光が強すぎる分、陰のような不満も濃く見えてきたり(^_^;)。
 不満は、やっぱり未来人要素というところか。どうしても変更できないテイストなのかなー。未来人でなければならない、というのは絶対的要素ではないような気がするんだけど。特に今作は。そんな変更は出来ないのかな。いやまぁ、大した不満ってほどの話じゃないか。

 98分。一気に見通して、途中ダレることなく最後まで見せる作品。よかった。
 そんな評価、今更なんでしょうが。

|

« 交通マナー:夜間のライト、どちら向き!? 下向き根強く、県警が修正PR/茨城 | Main | 寂しい三春町岸壁 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

>未来人でなければならない、というのは絶対的要素ではないような気がするんだけど。

女の子が前向きに進むようになるための物語とすれば、その通りだとは思う。けど、それやっちゃうと「時をかける少女」ではなくなってしまうのよね。この辺のところは原作や大林版を観てもらうと分かりやすいかと思います。

夏の映画ではあるけれど、結局秋も冬も次の年の春も観に行ってしまった映画でありました。

Posted by: KOH | May 27, 2007 at 10:41 AM

まぁ「時かけ」なので、そうなんでしょうね。今回の作品では、要素としては無い方がいいんじゃないか、なんてほんの少し思ったのです。ほんの少し。

Posted by: 竜馬 | May 30, 2007 at 01:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/15215581

Listed below are links to weblogs that reference 時をかける少女:

« 交通マナー:夜間のライト、どちら向き!? 下向き根強く、県警が修正PR/茨城 | Main | 寂しい三春町岸壁 »