« 6月の購入予定一覧 | Main | 富山冤罪、県警が現場見取り図など「自白」証拠捏造 »

June 04, 2007

長浦港で夜釣り

6364   夜釣りに行った。ずいぶん久しぶりであった。2年以上、夜釣りなんてやってないような気がする。
 場所は、これまたずいぶん久しぶりな長浦港。約5年ぶりにもなるかもしれない。
 対象魚はスズキにアナゴ。釣友Yが家に迎えにきてくれた。夕方16時過ぎに家を出て、エサを買いながら移動。16号を遡って長浦港で竿を出したのは17時頃であった。

 巨大なクレーン船が横付けされており、岸壁から竿を出せる場所は限られていた。米軍よりの先端寄りに少しスキマがあり、そこから1,2本竿を出す。周囲の先客はサビキでイワシを釣っていた。仕掛けを海に落とす度、5,6個の針にイワシが鈴なりにかかってくる。バケツの中には数百匹のイワシが積み重なっていた。
 私たちはサビキを持ってきていなかったが、メバルでも、と思って持ってきた磯竿に3本針同つき仕掛けを横で出してみた。針が大きいためなかなかかからないが、イソメにもしっかり反応し、食いついてくる。20匹ほど釣った。その頃には日が落ち、辺りは薄暗くなっていった。
 日が落ちると、イワシの反応がなくなってしまった。しかし湾内にこれほどのイワシが入っているということは、スズキも居るかもしれない。サビキの人が帰った後に三脚を立て、ユムシをぶっこんだ。タナが違うかもしれないなー、と思わなくも無かったが(スズキは結局この日は無反応だった)。
 対して、アナゴ狙いの仕掛けには、割と頻繁にアタリがあり、30~40cmのイイカンジのアナゴが釣れてくる。竿先ライトが揺れるたびにアナゴを手にした。たまの外道にフグが混じり、ハリスを切られたが、Yと二人、21時までにはツ抜けであった。

 ところが、21時を境にピタリとアタリが止んだ。22時までには片付け始めよう、と言っていたのだが、結局片付け終わったのは22:30。アガリ際に60cmほどの大アナゴ。釣りとしては面白いが、食味としては…まぁ、食べるけどね。

 23時頃に帰宅。ひたすらアナゴを裂き、2匹分くらいは刺身で食べ、残りは冷凍庫へ。当面、アナゴには困らない。

|

« 6月の購入予定一覧 | Main | 富山冤罪、県警が現場見取り図など「自白」証拠捏造 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長浦港で夜釣り:

« 6月の購入予定一覧 | Main | 富山冤罪、県警が現場見取り図など「自白」証拠捏造 »