« 長浦港で夜釣り | Main | スパム・めんどくさい »

June 05, 2007

富山冤罪、県警が現場見取り図など「自白」証拠捏造

 これ犯罪だろう。

****
 富山県氷見市の男性(39)が2002年、県警に誤認逮捕されて服役した婦女暴行・同未遂冤罪(えんざい)事件の公判で採用された一連の証拠書類が明らかになり、捜査当局による「自白」捏造(ねつぞう)の事実がわかった。
 男性が知らないはずの被害少女宅の克明な見取り図が作製されていたほか、男性宅から押収された凶器のナイフも、被害少女の証言とは異なっていた。男性は6日、日本弁護士連合会が都内で開くシンポジウムに参加、取り調べの実態を証言する。
 公判で証拠採用されたのは、婦女暴行事件(02年1月)の被害少女(当時18歳)の自宅と少女の部屋の見取り図、現場で足跡が採取された靴の絵、男性の供述調書など。
****

 えん罪で警察側が罪を問われることは無いと聞いたことがある。
 100歩譲って「間違いました、すみません」はしゃーないとしても、これは犯罪じゃないの?捏造するということは、公文書偽造なんじゃないの?
 人一人の人生を狂わすことの罪。しかも仕組んだ訳で、これで何もナシってのはありえないんじゃないのか。

|

« 長浦港で夜釣り | Main | スパム・めんどくさい »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 富山冤罪、県警が現場見取り図など「自白」証拠捏造:

« 長浦港で夜釣り | Main | スパム・めんどくさい »