« イサキ惨敗 | Main | ビリー先生 »

June 20, 2007

世界遺産の価値

 富士山を世界遺産にしよう!という動きがあるそうな。
 別に止めやしないけど、何が何でも世界遺産という感じで、どうもこう、世界遺産の安売りという気がしないでもない。
 また、国粋的な気持ちが見え隠れするような気もしたり、自国の観光資源を最大限に利用しよう、という感じがしないでもない。

 富士山は、ま、確かに美しくて日本人の宝物なんだろう。
 しかし、世界遺産とは、世界人類共通の宝物、というイメージがあるのだが、富士山は果たしてそうなんだろうか。
 日本人の宝、という感じはするのだが、地球の裏側の、例えばブラジル人の宝、とは思えない。どうもこう、日本の遺産は世界遺産!(世界遺産に申請するという事はそういう事ではないのか)というのは押し付けがましい、驕った考えのような気がするのですが。

|

« イサキ惨敗 | Main | ビリー先生 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

それよか、富士山山頂で途切れている静岡-山梨県境ってなんとかならんもんかねぇ。

Posted by: 井村 瑶茉 | June 20, 2007 09:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界遺産の価値:

» 熊野古道 ウオーキングツアー [熊野古道 ウオーキングツアー]
世界遺産 熊野古道を歩きたい熊野古道 世界遺産 その神秘的な道をやはり歩いてみたい。  現在の体重と心臓の具合では多分だめだろうから、現在のうーキングを倍にして今年は無理でも、その体型にして挑戦したい三重は私の故郷、滋賀の隣で、それも伊賀...... [Read More]

Tracked on July 03, 2007 08:02 PM

« イサキ惨敗 | Main | ビリー先生 »