« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

September 26, 2007

深夜のベビーカー

 ここのところ、連日22時頃までの仕事が続いている。午前様になることも少なくない。
 昨日も堀ノ内の駅を降り、自宅へ向かって歩いた。23時半頃だったろうか。疲れてトボトボと一方通行の路地を歩いていた。
 道沿いに銭湯がある。その、目の前に、しゃがみ込んでいる人影が見える。向かい合っていた。ヤンキーが○ンコ座りしている風にしか思わなかった。
 それは、若い男女だった。20歳ソコソコ、という感じ。道端にカップヤキソバを置き、ふたを開け、中から薬味の袋を取り出していたところだった。
 まぁ、それだけならいい。1mくらい離れたところに、ベビーカーが置いてあった。向こう側を向いていたが、すれ違いざまに覗くと小さな足が見えた。1歳に満たないのではないか…。
 まだ寒空、というほどではない。しかし、秋が降りてくる9月末の深夜である。パチンコ駐車場内の車に放置された子供、という訳ではないが似たようなものを見た気分だった。
 母親は、私が振り返ったのが気になった様で、一瞬私の方を見た。私は忠告しようかと思ったがやめ、そのままその場を去った。

 あの親子は一体どういう生活を送り、どういう人生を歩んでいくのだろうか。帰宅後、わが子を見ながらそう思ったが、所詮他人事、余計なお世話でしかない、のかもしれない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 25, 2007

カワハギシーズン開始はボチボチ

 今週末は佐島出船のカワハギ。久比里は人が多そうだったので相模湾側へ回避した。
 カレイの時期にボートでお世話になっている船宿、海楽園へ向かった。二艘出しとのことだったので、少しは広々とできるかもしれないと思ったのだが、結果から言えばそれなりの人数であったため、それなりに狭い釣りであった。

 波がほとんど立っていない海へ出船するもカワハギの反応は薄く、なかなか一枚目が釣れない。船中も苦戦。3度目の立てかえしで漸く顔を見ることになった。ちなみに、私への竿には相変わらずトラギスの嵐で、いやもう半年以上ぶりにカワハギ竿を握ったのですが、俺って相変わらずだなぁと一人ごちたり。
 そんな中、ポツポツ上がってくるカワハギは割と良型で、ほとんどが20cm代後半。羨ましく見ていたら、自分の竿にも漸くカワハギのアタリがあった。勇んで上げると10cmほどのワッペン。がっくり。海にお帰り頂いた。
 それでも、昼までには25,6cmほどのカワハギを3枚ほど追釣。なんとか食べる分には形がついた。

 午後になり北風が強く吹いてきた。小さな白波が立っているところを見ると、東京湾側ではだいぶ強く吹いているに違いない。幸い、釣りにくいまでには至らず、その後3枚を追加。結果は7枚であった(リリース2枚)。
 周囲の釣果を見ると、4~16という感じ。ツ抜け出来なかった…。

 この日、オモリが根にひっかかった時の場合に備えて形状記憶合金トレッタを使用していた。お陰で仕掛けを切ることは一度も無かったのだが、オモリは海中に4,5個ほどもロスト。普段は1,2個くらい。
 トレッタはオモリを失くしやすい?と思えるのだが、果たして使用していなかったら、本当に仕掛けを切らずに居られたろうか?謎として残った。もう少し試してみようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2007

ニコンD40Xを買う

120   一眼レフのデジカメが欲しくなった。

 自分が子供の頃、親はよく写真を撮ってくれていた。実家のアルバムには子供の頃の写真が残されている。だが、自分の子供の写真をあまり撮っていない事に気がついた。
 撮っていない訳ではないのだが、携帯の写真が主だったり、はたまたデジタルビデオカメラが主となっているのであった。
 ビデオが主である方が声も残れば動きも残る。記録としてはより良い方法である様にも感じないでもないのだが、写真を撮って残すというのも、当然また別の良さがある。一瞬を絵に残すという良さもあろう。画像の鮮明さがまた良いというのもあるだろう。
 デジカメを持っていない訳でもなかったが、より綺麗な絵が残せるであろうと購入することにした。

121 買った機種はニコンのD40X。一眼デジカメのエントリー機。上位機種にも目が行くものの、予算も無ければ使いこなせる腕も無いのであった。十分である。これのWズームキットを買った。
 購入の際、バックだの三脚だのがくっついてきた。お店のキャンペーンらしい。ま、べつにかまわないのだけれど、その分安くしてくれ、と思わなくも無い…。

 さて、これで子供はもちろん、色々写真を撮りまくりたいと思う。趣味が一つ増えてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2007

せつない夏の思い出

118  花火をしよう、と言うのでせんこう花火セットを買ってきた。
 外に出るのがめんどくさかったのでベランダでやることにした。
 部屋の照明を消し、暗い海を眺めながらせんこう花火をやるのもまた良いのではないか、と思った。

 海からの風のせいで、丸くなる花火の中心がポトリ、ポトリと落ちる。なかなかうまくいかない。ポトリ、ポトリ。ポトリ、ポトリとせんこう花火は落ちていく。そんな中、たまに、成功すると嬉しかったりする。
 海からの風にあおられ、煙が部屋の中に入っていることに気づき、反対側の窓を開放、換気扇も回すことにする。

 やがて、最後の一本が終わった。遼太郎がまだやりたい、と駄々をこねるが無いものはない。また今度、である。

119  終わった後、ベランダを掃除しようと照明を点けたら、落ちたせんこう花火がベランダのゴム床を焼いており、煤を流すとたくさんのクレーターが出現したのであった。

 この俺の想像力の無さときたら!

 そんなひと夏の思い出。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2007

オニカサゴ大漁(自分にとっては)

115  日曜日にオニカサゴ釣行。
 小網代は新谷丸から出船。片舷5~6人ほどのお客さんであった。
 片道工程が1時間半ほども走り、大島と房総の中間点の様なポイントに到着。およそ100mダチからスタート。
 「24cm以下は放流せよ」という船長の厳しい声が流れる。厳しいと思いつつも、第一投から大型が上がってくるあたり、驚かされた。
 投入後1,2分で初アタリ。上がってきたオニカサゴは30cmオーバーの0.7kgクラス。もうそれだけで自己新記録更新。周囲を見回せば、同様か、それより大きなオニカサゴが2,3やはり釣れている。何かこう、過去のオニカサゴ釣行は一体なんだったんだって気分にさせられた。

 その後、二、三流し目でやはりアタリ。結構なヒキ。上がってきたのはでっぷりと太った40cmオーバークラスの1.4kgであった。

116 その後、流れが厳しくなり船中お祭りが多発。どうもミヨシ側の人に軽いオモリを使っている人が居るようだ。困る。
 自分はなかなか釣れなくなるが、船中はポツリポツリと上がっている。オオドモの名人は「今日は悪い」とか言いながらもジワジワ数を伸ばしている。小型リリースを含めれば、ツ抜けであった。

 その後1匹。上がり際に1匹追加して、計4匹。上から1.4kg、0.7kg、0.65kg、0.5kgの釣果となった。こんなことは初めてだ。

117 帰宅後、さっそく料理。家に帰っても皆生きていた。あの毒トゲに刺さったことは過去2,3回あるのだが、そのうち1回は料理中の出来事。慎重に、慎重に。

 やはりオニカサゴの刺身は絶品であった。また行こう、と心に誓うのであった。

※三枚目の写真では2.2Kgを指しているが、皿の重さが0.8kg加わっているのです…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 07, 2007

台風009号

 さて、久しぶりの関東直撃の台風でしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 昨夜は20時頃まで勤務。京急は土砂崩れでもしない限り、JRよりも遥かに強いので大丈夫だろうとタカをくくっておりました。
 このような、夕方以降に台風が接近する場合、皆早め早めに帰宅しがちであるため、20時頃は空いているだろうと思っていたらやはり山手線はガラガラ。品川駅の混雑は思ったより激しかったものの、まぁいつもの混雑程度で帰宅できました。

 深夜23時頃から風雨は一段と強さを増し、窓から見える景色はまさに嵐。深夜にもかかわらず、町の明かりが夜空を舞う無数の雨粒を映し出しており、それが自宅の窓にたたきつけられる光景は圧巻でありました。おかげで窓ガラスは綺麗になったけど。

 0時を回った未明もかなり強く吹き付ける風に睡眠を邪魔されました。外を見ていたいという気持ちがふつふつ沸いてくるので。うるさいというのもあったけど。

 まだ強風が残る今朝早朝。いつもより10分ほど早く自宅を出発。傘が多少あおられながらも京急堀ノ内駅に到着。空いている特急電車に乗り込んで都営浅草線新橋駅までぐっすり寝て出勤。楽なもんでありました。こういう日は特に早起きしなきゃね。

114 近所のお店のシャッターが壊れ、風にあおられて、窓ガラスにぶち当たってバタンバタンと大きな音を立てておりました。今回は雨も降ったけどやっぱり風が強かったという印象。小笠原方面からの台風直撃は、台風のエネルギーが消えないので強く感じます。

 波情報を見ると週末は出船できそうですね。日曜日には釣りに行こうかな!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2007

関西電力・大飯原発で冷却水漏れ、手動停止し原因究明へ

 ええー。

****
 関西電力の大飯原子力発電所1号機(福井県)の原子炉建屋内で3日夜、放射能を含む一次冷却水が約3・4トン漏れているのが見つかった。
 経済産業省原子力安全・保安院に入った連絡によると、漏れた冷却水に含まれる放射能の量は68万ベクレルで、環境や健康には影響のないレベルだという。
 関電は4日、原子炉を手動で停止し、放射性物質が外部に漏れていないかどうかや、漏えいの詳しい原因などを調べる。 
****

 ちょちょちょっとこれ、大事件じゃないですか。なんでそんなに騒がれてないんだろう?
 一次冷却水と言えばあーた、炉心に直接触れる冷却水ですよ?その水が漏れることの重大さが、どうも伝わってこないのですが。
 ま、重大事故に直結するような事態になる状況ではなかったのでしょうが、一次冷却水が二次冷却水に漏れたとしたら、そのままその汚水が海に流れたわけで。
 その量がおよそ68万ベクレルって事なんでしょうけど、じゃあ一体どのくらいの環境に対して影響があるか、さっぱりワカラン。影響のないレベルって言い切るのならベクレルという単位を使うなー!

 もっと言うなら、原子炉を停止したのなら、電力事情への影響はどうなったくらい言えー!(ちょっと仕事でストレスが溜まっている)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2007

9月の購入予定一覧

 9月の購入予定一覧。

09/04 集英社 スティール・ボール・ラン 13 荒木飛呂彦
09/05 小学館 イキガミ 4 間瀬元朗
09/05 小学館 ビーチスターズ 2 森尾正博
09/06 講談社 Y十M(ワイじゅうエム) 8 せがわまさき
09/06 講談社 賭博堕天録カイジ 11 福本伸行
09/07 秋田書店 範馬刃牙 9 板垣恵介
09/08 新潮社 蒼天の拳 17 原哲夫
09/14 講談社 海皇紀 33 川原正敏
09/14 講談社 さよなら絶望先生 10 久米田康治
09/14 講談社 はじめの一歩 81 森川ジョージ
09/19 集英社 ハチワンダイバー 4 柴田ヨクサル
09/28 小学館 岳 5 石塚真一
09/28 小学館 美味しんぼ 100 雁屋哲
09/28 少年画報社 アニメがお仕事! 7 石田敦子
09/28 リイド社 鬼平犯科帳 10 さいとうたかを

 今月も前半戦からソコソコ発売されるなぁ。
 今月の注目はハチワンダイバー、岳、アニメがお仕事!かな。アニメがお仕事!は終わっちゃったのですね…。もっともっと続いてほしかったのですが。

 美味しんぼついに100巻ですか…。

 以下は先月の買い損ない。

08/17 小学館 新吼えろペン 8 島本和彦
08/23 講談社 イカロスの山 9 塀内夏子
08/30 小学館 MOON LIGHT MILE 15 太田垣康男
08/30 小学館 蔵人 4 尾瀬あきら
08/30 小学館 我が名は海師 12 武村勇治
08/30 小学館 ダブル・フェイス 13 細野不二彦

 わわわ。MOON LIGHT MILE買い損ないですよ。本屋に行く日はいづこ。Amazonにしよかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2007

早朝船のアジ

112  先週の話だが、Yと大津よりアジの早朝船に乗った。
 早朝船は暗いうちから出船する。人が少ないかと思いきや、15人ほどは乗っている。走水方面の早朝船が終わったそうなので、人が集中していたのかもしれない。

 早いうちはメバルなども釣れたのだがいかんせん小さい。アジは、まぁそこそこの型であるが、走水のようなサイズというわけにはいかない。しかし、ほとんど入れ食いのようにかかる時間帯もあった。こんなに忙しいアジも久しぶりである。
113  その後、タチウオの午前船にリレーしようと思っていたのだが、30匹あまりも釣れたのでやめることにする。食いでがあるのと、暑そうな予感があったからだ。
 8時前に、船上で食べる予定だった朝食を馬堀海岸で食った。その後、なんとなく二人で三浦半島を一周するドライブに出かける。

 野比海岸、三浦海岸、金田湾、間口漁港などなどウロつく。三崎に下り、ドット島(近くから見ただけ)やら、小さな漁港やらもウロつく。投げ竿を持って来りゃよかった、と後悔する。
 その昔、実家の親父は車のトランクに必ずハヤ竿を放り込んでおり、良い川面を見ると川に下りていった(私も)のを思い出す。

 アジは叩きと南蛮漬けになった。まだ食べ切れていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »