« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

November 26, 2007

カワハギの入れ食い

126  三連休の最終日、25日は小網代の丸十丸からカワハギ釣行と相成った。
 久比里方面でも良かったのだがお客も多いだろうし、反対側に回ろう、となったのだが、こちらも満員御礼。仕立てを含め、3隻がカワハギ船。大人気ですな。

 8時に出船し、油壺沖20mダチ前後のポイントで開始。何度か流し返し、ポツポツと拾い釣り。大小混じるが、25cm前後のなかなかサイズも混じり、キモパンの刺身は朝方から確保した。昔に比べれば、少しは釣れる様になって来たかなー、と思わんでもない。
 午後までには(リリースも含めて)辛うじてツヌケし、その後城ヶ島沖へ。こちらは水深40m~50mと深く、手返しが遅くなり、巻き上げに時間と体力が要求された。
 ポツ、ポツ、ポツとそれでも釣っていたのだが、最後のポイントで体力がヘトヘトになる事態が待ち受けていた。
 14:30もまわり、そろそろ終わりかと思いきや、いきなり入れ食い状態になってしまったのだった。50mダチであるため、巻上げに苦労するが船中恐ろしいイキオイで釣っていく。私もバンバン釣る。なんと10連続で入れ食いした。仕掛けを落とす、軽くたたく、一瞬這わせて、ききあげる…すると、もう確実に掛かっているのだった。それが10連荘である。もうタイヘンな騒ぎであった。型も30cmまではいかないものの、20cm台中盤が揃う状況。あまり小型は混じらない。巻き上げる腕がおかしくなりそうであった。
 そんな中、かなり重たいヒキにめぐり合った。これはキター!と重いリールを巻き上げると、途中でブツリ。なんと仕掛けのモトスが途中で切れてしまい、オモリごと海中へ消えてしまった。ハリス(なんとワイヤー製)に傷がついていたんだろうなーと思いつつも、逃がした魚は大きかったに違いない。
 全体を通してバラシはこれとこの直後の大物(これはハリ外れ)の2枚だけであったのだが、大物はバラすね!悔しいね!

 それでも持ち帰ったカワハギは17枚、リリース7枚の計24枚という結果であった。自己新記録ヤッター(小市民でしょ)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2007

液晶テレビを買う

 リビングのテレビが壊れた。物欲大魔王よ、あんまりお金ないのですが。

 以前、調子が悪くなったときがあったが、辛うじて映っており、電気屋を物色中に復活したのでその時は買わなかった(代わりにニコンD40Xを買ってしまった)。しかし、今回は違った。電源ユニットの異常らしく、電源が入らない。修理する、という気にはならなかった。2000年製のソニーのテレビ、ソニータイマーの発動であった。
 さて、本来は地デジ移行の前年である2010年にゆっくり物色するつもりでいたのだが、しゃーない。テレビ、買うか。そう言いながら近所のコジマへ。価格コムで安い通販店を物色しても良かったのだが、近所で買ったほうが何かと安心であろうかと思われた。近所にはヤマダ電機もあるのだが、店員の態度に難アリなのでパス…(エアコン物色の折、ちょっと…)。

 さて、自社の工場をブランド化するという戦略がオオアタリのシャープ。やはり液晶と言えばAQUOSか、と物色。しかし店内は東芝、REGZAがイチオシになっている。先行導入されている自宅寝室の19インチ液晶テレビはVIERAであり、一応プラズマテレビも確認を行う。ソニーのBRAVIAはこの際無視。ソニータイマーにはこの十年間苦しめられてきたのである…。

 一応ココロの中ではAQUOSにアタリをつけながら店員と会話開始。しかし店員はREGZAを推して来る。何かとイチオシ状態になっているのは店内の販促状況を見るとよくわかる。
 REGZAの横をハタと見ると、USBハードディスクが積み上げられている。I-O DATAの500GB。何に使うのかと聞けば、テレビのUSB端子に接続すれば、すぐにHDDレコーダーとして機能するとの事。またNASを接続することも出来、8台も接続できるとの事である。
125  おおうこれは面白い。DVDに焼くことは出来なさそうであるが、一過性のコンテンツ保存にはうってつけであろう。USBハードディスクなんて、新たにHDD録画機を買うに比べれば1/10みたいなもの。安いもんだ。決めた。REGZAに決めた。液晶の技術だとかその他機能は、まぁ各社こぞって自慢の機能であろうが、大差あるまい。第一シロートに見分けがつくものではなかろう。それ以前に、最近はテレビを見る機会が極端に少ないワタシである!(なんだかなー)

 自宅のリビングに設置。早速迫力の映画でも見てやろうかと思ったが、最初に見た映像は調整の際に映った九州場所。その後ラグビーを見ようとしたが、すぐにチャンネル権を奪われ、意識して見た最初の番組は「いないいない、ばぁ」であった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 23, 2007

久しぶりの投げ釣り

 タイムリーな更新は諦めている昨今である。
 先週末、久しぶりに投げ釣りに行った。場所は野島防波堤。考えたら、引越し以来始めてであった。ずいぶんご無沙汰であった。
 村本海事では、船宿の方、常連の方ともども、暖かく会話が弾んだ。それだけでも楽しい。足が遠のいていたことを後悔した。

 さて、意気揚々と出船。ハナレに行こうと思っていたが、西風強く、波飛沫を被りそうな気配であるため、いつものドック堤へ乗り込んだ。投げ師は私と友人Yのみ。ドック堤よりも、ハナレ、青灯の方が釣れている昨今、そちらの方に投げ師は集まっている。なんだか過去のフィーバーと場所の取り合いが懐かしいほどであった。ツワモノ共が、なんとやら。

 仕掛けを次々に投げ込む。投げ釣りも夏のアナゴ釣り以来である。コシに来そうである。歳はとりたくないものである(今日、またひとつ歳をとった)。
 風が正面左、西から強く吹きつけ、道糸がどんどん右に流されていく。釣り辛いが、それでもしっかり第一投からアイナメとカレイの一荷がかかってきた。カレイは30cmを切るくらいか。なんだかよく見る型であった。アイナメは30cmチョイ。まぁまぁか。
 しかし調子が良かったのは(私は)ここまでであった。友人Yがこのあとフィーバーする。

 まず水路側に投げていたYの竿に、カレイの一荷がかかる。そのうちの一枚が40cm弱と良い型である(この時は40cmオーバーに見えた。目が狂っている)。
 その後30オーバーを2枚ほどYが追釣し、更にその後40cmほどのカレイをYが釣り上げた。全部Yである。私はその後、25cmほどのカレイ1枚を追釣したのみであった…。

 11時頃、携帯で海上保安庁の気象予報を聞く。観音崎では13mを超えている。ああもうダメかな、と思えばやはり、船宿から携帯に電話が入った。昼で早アガリであった。

 Yは短時間に7枚のカレイを釣り上げ、意気揚々であった。手元のエサはまだ半分以上残っており、うみかぜ公園に向かうことにした。それを聞いた周囲の人々は、私にエサを大量に(本当にみんなヤケになるほど)エサを渡すのであった。朝より増える始末であった。

 そしてうみかぜ公園にて竿を出す。公園の一番左端に陣取る。一発目から根ガカリ。その後も根ガカリ連発。仕掛けを失っていく。
 しかし15時頃、アタリ。アイナメがかかっていた。野島のアイナメより大きい30cmオーバー。しかし、他の仕掛けがからまっている。よくよく見ると、先ほど根ガカリで失った自分のシカケであり、アイナメはその根ガカリしていたシカケ側にくっついていた。なんなんだか。実は、うみかぜ公園では似たような経験が3度ほどある。

 16時頃、撤収。余りに余ったエサは横で釣っていた中学生にあげた。「あなたはいい人だ!」と握手を求められた(笑)。そうだろうともよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2007

移動が多い日

 昨日、2回改札でひっかかった。
 朝、蒲田の事務所に出社。
 ルートは横須賀の自宅を出て、①堀ノ内~京急蒲田。自宅出発の時間は朝焼けの6時前であった。
 その後、品川で打ち合わせ。ルートは②蒲田~品川
 その後、幕張で打ち合わせ。ルートは③品川~海浜幕張
 このとき、品川駅の改札に入る際にひっかかった。どうも、②で改札を出た記録が無いそうだ。なんだとー、ということで、駅員に処理してもらって移動した。
 海浜幕張駅を降りたときには既に辺りは夕闇。テクテク歩いて打ち合わせの場所に向かった。遠目に、久々にクジラを見た(表現が古い)。

 打ち合わせを終えた時間は18:30頃。帰宅を望んだが、武蔵小杉に来い、とのこと。
 ④バスに乗って幕張本郷駅へ。改札をくぐろうとしたら、ここで2回目のひっかかり。
 またかよ、と思いながら駅員に言うと、PASMOのチャージが残70円とのこと。あれま。
 目の前の電車を見過ごしながらチャージ。改札をゆっくりくぐってホームへ降りた。幕張本郷~新川崎のルートを取り、⑥新川崎からタクシーで武蔵小杉(駅前)の事務所へ。到着時間は20時過ぎだったかなぁ?
 でもなんてことない会話でこの日の仕事を終了。こんなので呼ぶなっての。21時過ぎに事務所を出て、武蔵小杉~横浜(東横線)経由、堀ノ内へ。22:30頃帰宅。

 移動が多くてなんだかスカスカな一日であったが、それはそれで疲れた。一体何キロ移動したんだろう?ヤレヤレ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 17, 2007

そろそろ何とかならんものか

 今週も忙しかったけど先週ほどではなかったかな。
 タクシー帰りは2回。朝2:30頃に帰宅。家で晩飯を食えたのは2回…。

 11月15日は結婚記念日だったので早く帰りたいと主張していた。出先での打ち合わせ終了時間が17:00頃の予定だったので、少し早いがタマにはいいだろう、と了承までとっていた。ところが、その出先での打ち合わせ中に携帯に着信アリ。書類作成を手伝ってくれ…とのこと。ヤレヤレ。

 結局帰宅時間は22:00過ぎ。それでもカミさんは一言、「早くてびっくり」。なんなんだかなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2007

兄弟ゲンカ

 遼太郎は感情の起伏が激しい。別に暴れる、とかではないのだが、浮き沈みが大きいというところだろうか。それがこの頃の子供に特有のものなのか、それとも個性であるのかは他の事例を知らないので何とも言えない。
 寝起きや疲れた時、怒られた後、びっくりした後などには母親に甘える傾向がある。そして、その際は1歳の隼之介を怖がるのが可愛くも面白い。

 弟の隼はパワーが増してきており、兄弟喧嘩も見られるようになってきた。
 兄が遊んでいるミニカーやブロックを同様に手にして遊ぼうとする。遼太郎が嫌がると、隼之介も嫌がる。手にしているミニカーやブロックでどつきあいが始まる。そして、弟が勝つパターンが多いのである。

 遼太郎は、甘えている感があり、隼之介は何も考えていない感がある。ただ、我を通そうとする気質は隼之介の方が強い。遼太郎は少し甘やかしすぎたかもしれない。ここらでガツンと…!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2007

先週は最後まで朝帰り

 結局9日もその日のうちには帰れず、翌10日に帰った。

 深夜1時過ぎに事務所を出る。蒲田駅前はタクシー待ちの長蛇の列であった。それを横目に居酒屋に入る。お腹が空いていた。
 ため息をつきながら上司と三人で飲む。ホッピーがのどに沁みた。この先の仕事の展望が見えない。重苦しい1日、重すぎる一週間であった。
 呑み終えて駅前に歩を進めるともう列は見えなかった。時計は4時前。当然であろう。タクシーに乗り込む。これで1週間丸々タクシー帰りである。記録なんぞ更新したくないのだが。現金が無いのでカードが使えるタクシーを呼んだ。1週間のタクシー代は10万を超えている。総務に目をつけられそうである。
 結局、自宅に帰ったのは朝5時。帰宅後、泥の様に眠った。

 その日は友人たちの来訪の日。9時過ぎに起きる。買出しの運転はカミさんに任せて助手席で二日酔いの頭痛に耐えていた。

 午後、友人たちが遊びに来る。呑んで、笑う。前もって「夕方には寝てしまう」と宣言しておいた。予告どおり?寝てしまう。

 夜。静かな空気の中目が覚めた。もうみんな帰ってしまったか、と思いながらふすまを開けるとみな電脳コイルをじーっと見ていた。

 みんなスマン。顔が見れて嬉しかったよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 09, 2007

つらい日々

 先週の土日は仕事だった。
 今週に入って、帰宅時タクシーで帰ったのは4回。つまり月曜日以降、全て深夜タクシー帰り。帰宅時間は3時~4時前、という感じ。それでいて、翌朝9時前後には出勤。睡眠時間は2~3時間、という日々が続いています。どうもこう、こういう場合は連続しがちです。

 ぼくもう疲れちゃったよパトラッシュ…。(何度目だ)

 今週末こそ休んでやる。(アタリマエだよね?>感覚がおかしくなってきた)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2007

富士山を撮る

 ここ暫く忙しくてアップできなかったこと。

 もう先々週末の話。10月末の土曜日は台風が吹き荒れ、関東は嵐になった。翌日の天気予報も雨が残るなどあまり良い予報ではなく、久しぶりの釣りを諦めて自宅に篭ろうかと思っていた。しかし日曜日にゆっくり目覚めると…。

 快晴。

 台風一過とはまさにこのこと。穏やかに輝く海。そよぐ風。いい天気だこと!
 ベランダから、東京湾に浮かぶ手漕ぎボートや出向する釣り船が見えた。何か大損した気分であった。
 観音崎から南はうねりが入っているかも?やっぱそうだよな、そのはずだ。と考えるようにする。しかし最近行ってない野島防波堤ではカレイが釣れているに違いない。などと考えるがもはや手遅れ。

 …まぁしゃーない。富士山でも見に行くか。
 台風一過でここまで天気がいいのだ。関東から富士山が見えるのはほぼ間違いなかろうと思えた。
 自宅の近所でも富士山が見えるポイントがある。それは、馬堀海岸から伊勢町の上り坂にかけての海岸線。三浦半島の東京湾側から富士山が見える、珍しいポイントである。伊勢町の坂の上から、富士山が海越しに見える。

Pictdsc_0204  早速行ってみると、坂の上からは富士山の頂が美しく見えた。他に写真を撮りに来ている人もちらほらと居る。考えることは同じである。

 何枚か撮る。望遠で。広角で。
 最大望遠にすれば富士の頂が大きく写し出されたが、過ぎたればなんとやら。美しく見える景色と言うのは、ほどほどと言うか、凝らない写し方であるらしい。まぁそんなに凝った事など出来やしないのだが。

 画像を圧縮すると、なんだか富士山が合成っぽく見えますね…。

 ついでに相模湾側に行ってみようと考える。立石の無料駐車場に向かう。渋滞の名所ではあれど、午前中ならたぶん大丈夫ではないかと。横須賀インター横を抜け、佐島へ向かう新しい道を利用する。あっというまに立石である。便利な道が出来た(ウチからは微妙だけど)。

 駐車場待ちもほとんど無く、すぐに車を停められた。しかし、逆に言えばこの何でもない時間帯で少し駐車場待ちした事を考えれば、富士山の夕景が有名なこの場所のこと、夕方は推して知るべし、だ。
 ベタな富士見ポイントで何度も来たことはあったけど、デジカメを買って以来、来るのは始めてであった。
Pictdsc_0271  ここでも何枚か撮る。海上の遊漁船がどうしても目に入る。いいなぁ。ウネリが何だって?全くもって釣り日和の海であった。

 帰宅前にカメラをメンテに出した。黒いゴミよ、消えてなくなれ~(こんなに簡単にゴミが入るなんて、今後も大変だなぁ…)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 05, 2007

圧縮

 画像圧縮ソフトを手に入れる。
 各方面から「重い」「でかい」「バカ」「テメェの腹だけにしておけ」などと絶大なるご支援を頂きまして、その罵声に耐えられず愛に答えるべく、画像データをいじくるものであります。

Pictdsc_0191  しかしまぁ、どこまで画質劣化に耐えられるか、妥協するか、というのも色々考えられさせますね。写真は、とりあえず自宅から撮った第二海堡を。
 ファイル容量小さくしすぎたかなー。元が3~4MBの画質なので、1/10程度まではなんとなく妥協範囲かもしれませんが、この写真は1/50ほどまで搾ってみました。うーん、それなりではあるのですが、看板の文字「海上交通安全」は読めなくなってしまった。水平線が斜めになっていると落ち着きませんね。今度はちゃんと撮ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2007

11月の購入予定一覧

 11月の購入予定一覧。

11/05 小学館 鉄腕バーディー 17 ゆうきまさみ
11/08 秋田書店 範馬刃牙 10 板垣恵介
11/09 新潮社 ブレイブ・ストーリー~新説~ 18 小野洋一郎
11/09 新潮社 エンジェル・ハート 24 北条司
11/13 講談社 のだめカンタービレ 19 二ノ宮知子
11/16 講談社 BECK 31 ハロルド作石
11/19 集英社 GANTZ 22 奥浩哉
11/22 講談社 終戦のローレライ 5 虎哉孝征
11/29 講談社 バガボンド27 井上雄彦
11/30 小学館 PLUTO 5 浦沢直樹
11/30 小学館 我が名は海師 13 小森陽一
11/30 小学館 医龍 15 乃木坂太郎
11/30 小学館 ダブル・フェイス 14 細野不二彦
11/30 リイド社 鬼平犯科帳 12 さいとうたかを

 BECK、バガボンド、医龍が今月の待ち遠しい三冊。

 最近、あまりスポーツ系の漫画を買ってないことに気がついた。はじめの一歩くらいか。長編だけに、つまりそちら方面の新規開拓が無い模様。後はおお振りがあったやね。ジャンル的には結構好きな方面なんだけどなぁ。
 サンデー連載中のゴールデンエイジは久しぶりに面白いサッカー漫画だと思ってます。ファンタジスタ、くらいの面白さ。微妙な表現ですね(^_^;)。でも単行本を買おうとは思わなかったけど。

 先月の買い残しは以下。

10/30 小学館 日本沈没 8 一色登希彦
10/30 小学館 太陽の黙示録 16 かわぐちかいじ

 本屋による時間がないのよね。明日も出勤だしなー。Amazon様に頼ろうかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 2007 | Main | December 2007 »