« 移動が多い日 | Main | 液晶テレビを買う »

November 23, 2007

久しぶりの投げ釣り

 タイムリーな更新は諦めている昨今である。
 先週末、久しぶりに投げ釣りに行った。場所は野島防波堤。考えたら、引越し以来始めてであった。ずいぶんご無沙汰であった。
 村本海事では、船宿の方、常連の方ともども、暖かく会話が弾んだ。それだけでも楽しい。足が遠のいていたことを後悔した。

 さて、意気揚々と出船。ハナレに行こうと思っていたが、西風強く、波飛沫を被りそうな気配であるため、いつものドック堤へ乗り込んだ。投げ師は私と友人Yのみ。ドック堤よりも、ハナレ、青灯の方が釣れている昨今、そちらの方に投げ師は集まっている。なんだか過去のフィーバーと場所の取り合いが懐かしいほどであった。ツワモノ共が、なんとやら。

 仕掛けを次々に投げ込む。投げ釣りも夏のアナゴ釣り以来である。コシに来そうである。歳はとりたくないものである(今日、またひとつ歳をとった)。
 風が正面左、西から強く吹きつけ、道糸がどんどん右に流されていく。釣り辛いが、それでもしっかり第一投からアイナメとカレイの一荷がかかってきた。カレイは30cmを切るくらいか。なんだかよく見る型であった。アイナメは30cmチョイ。まぁまぁか。
 しかし調子が良かったのは(私は)ここまでであった。友人Yがこのあとフィーバーする。

 まず水路側に投げていたYの竿に、カレイの一荷がかかる。そのうちの一枚が40cm弱と良い型である(この時は40cmオーバーに見えた。目が狂っている)。
 その後30オーバーを2枚ほどYが追釣し、更にその後40cmほどのカレイをYが釣り上げた。全部Yである。私はその後、25cmほどのカレイ1枚を追釣したのみであった…。

 11時頃、携帯で海上保安庁の気象予報を聞く。観音崎では13mを超えている。ああもうダメかな、と思えばやはり、船宿から携帯に電話が入った。昼で早アガリであった。

 Yは短時間に7枚のカレイを釣り上げ、意気揚々であった。手元のエサはまだ半分以上残っており、うみかぜ公園に向かうことにした。それを聞いた周囲の人々は、私にエサを大量に(本当にみんなヤケになるほど)エサを渡すのであった。朝より増える始末であった。

 そしてうみかぜ公園にて竿を出す。公園の一番左端に陣取る。一発目から根ガカリ。その後も根ガカリ連発。仕掛けを失っていく。
 しかし15時頃、アタリ。アイナメがかかっていた。野島のアイナメより大きい30cmオーバー。しかし、他の仕掛けがからまっている。よくよく見ると、先ほど根ガカリで失った自分のシカケであり、アイナメはその根ガカリしていたシカケ側にくっついていた。なんなんだか。実は、うみかぜ公園では似たような経験が3度ほどある。

 16時頃、撤収。余りに余ったエサは横で釣っていた中学生にあげた。「あなたはいい人だ!」と握手を求められた(笑)。そうだろうともよ!

|

« 移動が多い日 | Main | 液晶テレビを買う »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりの投げ釣り:

« 移動が多い日 | Main | 液晶テレビを買う »