« 1月の購入予定一覧 | Main | どよーん »

January 07, 2008

金魚屋古書店 6巻/あどりぶシネ倶楽部

 さて、金魚屋古書店も6巻を迎えた。いつもホノボノとした、ああ、まんが好き、まんがばかの漫画だなぁ、と思う。そういう漫画であり、読者をそのように思わせているに過ぎず、単にノせられているだけに過ぎないのだが、心地よく読むことが出来る。

 6巻で「あどりぶシネ倶楽部」を題材にした話が出てきた。細野不二彦作、一冊モノ。大家の作品ではあるのだが、マイナーな作品である。ちょっと驚き、そして嬉しかった。この本は、私にとっても記憶に残る一冊であるからだ。とは言え、物語のように、別にこの本が私の人生に何を変えさせたか、という事はなかったけれど。ただ、何度読み返したかわからない、お気に入りの一冊である。

 この本は、北九州の、町の小さな古書店で買った。小さな町の、裏通りを更に横に入ったような場所にある、さびしい場所の古書店であった。
 ここの店のオヤジは、本に値札をつけていなかった。これください、と持って行くと、パラパラと本をめくり、「うーん、○○(タイトルを読んで)…200円」という具合であった。この「あどりぶシネ倶楽部」を買った時の会話の流れ、シチュエーションなど、なぜか今でも覚えている。その風景を忘れずに、覚えている。しかし去年、帰省の際に通りかかったときには、もうその店は無かった。当然の様な、気がしないでもない。

 そのとき買ったあどりぶシネ倶楽部は、今も手元に持っている。買ったときに付いていたシミも、そのままである。あまり本にシミなど良い話ではないのだが、まぁ、それも大事な思い出になってしまった。

 ちなみにこのあどりぶシネ倶楽部、Amazonマーケットプレイスで、1円で売られている様だ。お買い得である。何か釈然としないような気がしないでもないが、まぁそんなもんであろう。

|

« 1月の購入予定一覧 | Main | どよーん »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

えーそんなにマイナーなんかぁ。
まぁそんなストーリーだしのぅ。

Posted by: あび | January 07, 2008 09:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金魚屋古書店 6巻/あどりぶシネ倶楽部:

« 1月の購入予定一覧 | Main | どよーん »