« 土地に歴史あり(当たり前か) | Main | 秒速5センチメートル »

March 27, 2008

久里浜東電防波堤のカレイ釣り

 先週末は穏やかな天気に恵まれた。Yと日曜日に久里浜東電防波堤へ釣行。対象魚はカレイ。久しぶりであった。いやもう、本当に。
 防波堤の内向きがマイポイントなのだが、最近ナマコ漁師が漁をしているとの情報。最悪、釣りにならないとのこと。しゃーないので内向き、外向きと両方のポイントを探ることとした。

 久しぶりの投げ釣りのため、なかなか天秤が胴に乗らない。暫くは思い通りのポイントに仕掛けが投入できなかった。
 9時前、アタリは明確に見なかったが、サビいた竿が重い。ひょっとして、と巻き上げると天秤が浮いてこない。海面下にひっさしぶりのカレイを確認。タモ入れした。30cm。東電のカレイ健在であった。
 30分ほど経った後、同じ竿、同じ場所に投げ入れた仕掛けに反応。巻き上げると、明確な生体反応。33cm。久しぶりだけに、楽しい。やはり投げ釣りはいい、と思う。
 12時を回った頃、ボート竿にアタリを確認。ボート竿だけにヒキが大きく、海面下2,3mくらいの足元で泳ぐカレイが確認出来た。ジワジワと巻き上げ、タモ入れ。29cm。型はそうでもないが、好釣果に大満足である。

 その後2枚追釣し、計5枚の釣果で納竿となった。1枚は30cmとほぼ同サイズ。1枚はリリースサイズであったため放流した。

 最近船釣りばかりであったが、投げ釣りの楽しさを再認識。次は野島に行きたいと思っている。

|

« 土地に歴史あり(当たり前か) | Main | 秒速5センチメートル »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久里浜東電防波堤のカレイ釣り:

« 土地に歴史あり(当たり前か) | Main | 秒速5センチメートル »