« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

May 26, 2008

商談中

 ディーラー周りを始めた。カタログの入手のみのつもりであったが、結局各社から見積もりを取っている。購入は、早いかもしんない。
 当初、検討の対象車種は以下とした。

 Isis
 アルファード
 WISH
 VOXY
 エスティマ
 ノア
 ステップワゴン
 セレナ
 MPV

 カタログ・雑誌などを読み込み、Isis、WISHは削除。荷物(主に釣り道具)を載せたい意図。まぁ、インプよりは載るだろうけどさ。
 次にアルファードを削除。予算的に厳しいだろう、という感じ。カミさんも「こんなに大きい車ヤダ」と言っているのでまず無理だろう。次回(今回の次!>いつの話や)には対象に入れたい。

 現在、MPV、セレナ、ノア、エスティマの費用を各営業さんと相談中。来週末にはステップワゴンも見てみたい状況である。
 MPVはカッコイイけど、車体が大きい割りに車内が狭い。週末にタップリ営業氏と会話してきたが、買わない可能性は高そうな雰囲気。マツダの新ワゴン、ビアンテも興味はあるが、実車は7月アタマではないか?とのこと(スバルの新ワゴンも気にはなるけどちょっと小さそう)。セレナは試乗の時間が無かったが、営業氏は意外に強気である。やはり一番売れているからであろうか。
 セレナの商談中、マツダで見かけた家族とバッタリ。笑えた。

 ノア、エスティマは同じカローラ店での取り扱いなのだが、営業氏はエスティマをビシバシ押してくる。ノアの値引率より、エスティマの値引き率がえらく良い。初回からこの額かよ、みたいな感じ。在庫かなぁ?でもトヨタだしなぁ。年末にマイナーチェンジが予想されているからなのか?(ネットで検索してみると結構大幅値引きが出ている模様で、あながち意外でもなさそう)

 インプレッサの下取り額は各社似たり寄ったり。ガリバーにも相談してみようとは思っているけど、下取りとどちらがオトクなのかしらん。

 エスティマの値引率が良さそうなので可能性が高くなってきているが、これは今週末の正式見積もりおよび、ステップワゴンの見積もり次第、ということになろう。また、カミさんが微妙な顔をしている(大きいのはヤダ!)ので、これまた障害となりそう。試乗させてみて、問題が発生すればノア、VOXY、ステップワゴンの可能性も再浮上である。特にステップワゴン(スパーダ)のデザインはカミさんも気に入っている様で、値段次第ではがぶりよりの可能性もある。
 今週末は、話が動く可能性が高い。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

May 22, 2008

ミニバン購入計画発令

 井村先生がWISHを購入するという。いいなぁ。
 という訳でもない(こともない)が、ウチでもミニバンの購入計画を練っている。理由はいろいろある。

  1. 趣味が釣りということもあり、荷物の載るミニバンが欲しかった。
  2. 子供が2人もいると、チャイルドシートだけで結構スペースを食う。今は実質4人乗りになっており、家族+友人やジジババという構成は無理。
  3. 今乗っているインプレッサが四駆&ハイオク仕様&車重が重く、ガソリン代が馬鹿にならない。
  4. 今のマンションに引っ越した際、将来のミニバン購入を前提に平置き駐車場をGETしていた。

 …などなど。
 大きなクルマは嫌だというカミさんも、インプレッサ車検の際にレガシーツーリングワゴンを代車で出してもらっていたのだが、意外に慣れるのが早かったらしく、今回の計画に大きな拒否反応は出ていないのである。いい傾向である。

 カミさんと知り合った頃、彼女はスターレットに乗っていた。
 それ以上大きなクルマを運転するのは嫌だ、と言っていたが、その後ユーノスプレッソに乗り換え、今のインプレッサワゴンに乗り換えてきた。その度にデカくなるのは嫌だ、と言っていたが、なんてことも無い。人間慣れるものである。段階的に大きなクルマに乗り換え、やがて将来は大きいクルマ!という計画も、ついにここまで来たぞ、という感じ。感慨深いものである。まだ買ってないけど。

 今のインプレッサは昨年12月に車検を通したばかりなので、購入はまだ先になる。1年間分の車検を残して下取りに出すとなれば、今年中に決着をつける可能性もある。しかし2000年式のインプレッサワゴンである。今どき、燃費の悪い中古車が売れるとはあまり思えない。ほとんど値段がつくまい。そうなると購入も来年まで先延ばしとなる。

 とまぁそんなに直近の話ではないのだが、カタログや値段表は今週末にでもアチコチ貰いに行こうと思っている。(速攻で契約したりして)

| | Comments (9) | TrackBack (2)

May 20, 2008

飲食店「料理使い回し」 21%が「ある」回答の衝撃

 本当にその程度か?

****
 食材の一部を使いまわしたことのある飲食店は21%――。月刊誌「日経レストラン」の調査でこんな結果が出た。高級料亭「船場吉兆」がやっていた料理使いまわしは「特別」なことでなく、かなりの店で行われていたことになる。実例を報じるメディアもあり、ネットでは「うちの店でも普通にやってた」といった告白まで出ている。

■「使い回しが行われていると思う」消費者は86.5%。

 以下略…。

****

 って別にショックでもなくて。
 使いまわし、あるだろうなぁ、とは思いますよね。刺身のツマなんてそう思うし、ツマの代わりのワカメなんて、食べたいけど怪しくて食べられない(でもまぁいっか、と食べることもある)。

 新橋のガード下に、活魚を食わせるチェーン店があるのですが、昔ここで、明らかな使い回しを見たことがある。
 生簀で泳いでいたシマアジの活魚料理を頼んだら、刺身は明らかにその弾力を失っており、とても活魚とは思えない歯ごたえ。そして何より、皿の上に乗っていたシマアジの尾頭付きの部分が乾燥しており、どう考えたって活魚じゃありゃしない。
 さすがに切り身の方は使いまわしではなさそうだったけど、あれはアタマに来たなぁ。
 店員に文句を言ったら「そんなことはございません」との一点張り。
 まぁ認める訳にはいかないだろうけどな、とは思ったけど。
 同席の人が「もういいじゃん」と言ってその場は終わり。早々に出て、二度と行ってない。

 もともと、その店は活魚注文しても、魚の半身しか出てこない(明らかに一匹の量ではない)とは思っていたので、半身は切り身として冷蔵庫に収められてるんだろうな、とは思ったことはあったのです。恐らく、その残りもんが出てきたとは思った。でももう、信用はおけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2008

米空母配備訴訟、横浜地裁支部が国に異例の注文…工事差し止め請求は棄却

 知らんかった。

****
 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に8月、配備される原子力空母ジョージ・ワシントンに反対する首都圏の1都5県の住民約650人が、国を相手取り、配備に伴う浚渫(しゅんせつ)工事差し止めを求めた訴訟の判決が12日、横浜地裁横須賀支部であった。
 小野剛裁判長は請求を棄却したが、「原告らは原子力空母による放射線被曝(ひばく)の不安を抱いており、住民の危惧(きぐ)を解消するため、米軍が保有する安全性に関する詳細かつ正確な情報の入手、提供に努めることが望まれる」と国に対し、異例の注文を付けた。
 米本土以外では初となる原子力空母配備を巡って反対派住民が起こした関連の訴訟と仮処分では、却下しており、「原子力空母によって発生する住民の被害は審理の対象になる」と踏み込んで判断した。
 訴えによると、原告は、空母が停泊する付近の海底を掘り下げる工事で、大量のヘドロ拡散による漁業被害が発生するなどとして工事差し止めを求めていた。
****

 横須賀在住の地域住民です。
 自宅から横須賀基地の一部が見える訳でして、何かあったら放射線被爆の危険に曝される、非常に可能性の高い話と言えます。

 いえね、正直、バカを曝すようですが、ジョージ・ワシントンは原子力空母だと思っていたのですが、インディペンデンスも原子力空母だと思ってました。つまり、今まで既にそのリスクを負っているのかと思っていました。調べてみると違うのね。そうだったのかー。
 …。

****
 「原告らは原子力空母による放射線被曝(ひばく)の不安を抱いており、住民の危惧(きぐ)を解消するため、米軍が保有する安全性に関する詳細かつ正確な情報の入手、提供に努めることが望まれる」
****

 とあるのですが、「米軍が保有する安全性に関する詳細かつ正確な情報の入手」ですよ。この裁判長、しれっと出来もしない正論を述べている訳で。いやまぁもっともだ!と言うならそうだけど。いや、彼は地域住民である私の安否を心配してくれている訳でして…!

 まぁ、軍事的原子炉が近くにあるのがヤダ!って話なら、入港だってそうだし(まぁいつも騒ぎになっているけど)。原子力空母は割と話題になっているけど、原子力潜水艦はどうなんだろうね。あまり話題になってないのですが。
 いつだったかのニュースで、原子力潜水艦の背後の海水を取水し、調べたら放射性物質が含まれていた、なんて物騒な話題がありました。横須賀新堤のカレイがデカイだとか、堤防が立ち入り禁止だとかになる訳です。一応本当。関連性は知らんけど。

 上記裁判長の発言を借りるのであれば、その際毎に安全性に関する詳細かつ正確な情報を提示してもらわない限り、原子力潜水艦や原子力空母の入港だってアブない話です。

 「沈黙の艦隊」でこんな話があったなー。
 「我、核を保有せず。従って東京湾入港を行う」という話。シーバットが脱走後、独立国「やまと」を名乗って東京湾に入港する際、核武装の可能性が問題視され、海江田艦長が公式回答として発言したのでした。
 これを信用するか信用しないか。
 信用せず、乗艦して確認を行うのであれば、米国艦船全てにも、同様の措置を取らなければならない…と。それは信義の問題であり、米国を信用するのと同様に、やまとを信用するのだ…と。

 結局、米国を信用するしかない。米原子力空母の安全性に関する情報なんて、米軍提供の資料に日本が客観性をもって評価出来ようハズがなかろうに…。

 長くなったが、もう少し書く。
 しゅんせつ工事差し止めの件。これも釣り人としては大きな話である。
 浚渫工事は行われるとの事。これは、空母の入港位置としては、ダイエーの裏にあたる場所になろう。その沖合いは、野島防波堤の目の前である。野島のカレイに影響が出るや否や。ま、カレイだけの話じゃないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2008

鬱だー

 こういうのを5月病というのだろうか。出勤したくない。サザエさん症候群か。
 今回の連休は、結構休んだ。中日1日のみ出勤し、あとはずーっと休み。いろいろ忙しかったけど、プライベートの忙しさは、まぁ、普段の行いの問題であったり、やはり休日ならではのイベントであったり。
 休みが長かった分、そしてここ暫くの仕事の忙しさとのギャップの激しかった分、どうもこう、出勤したくない感が強い。そのくせ、溜まった仕事の処理の事を考えると眠れなくなった。1時過ぎに寝て、4時前には目が覚めた。まぁここんとこ睡眠はしっかり取っていたから、なんとなく頭はスッキリした感じではあるのだが。

 連休中は九州からジジババ(親)が出てきていたので、孫(子供)とあちこちウロつく時間が多かった。
 5日の子供の日に、子供が東京タワーに行きたがっていたので連れて行った。駐車場には入れず、近くの別の有料駐車場へ。タワーまで歩くと、待ち時間は1時間半、とのこと。4歳と2歳弱を連れての事だったので、断念。下から見上げたり写真を撮ったりした。
 その後、増上寺に行ったりしてまったり。子供は東京タワーに登れなかった事よりも、屋台のたこ焼きを買ってもらえなかった事の方が重要事項で、ごまかすのに大変だった。そもそも東京タワーに登れる事を知らなかったのかもしれない。下から見上げていた時は結構スゲー!と目を輝かせていたのでヨシとしよう。

 その二日後、7日に出勤。
 最近、東京タワーのすぐ近くに通っているので、子供と歩いた所を当然のように歩いた。なにか妙に懐かしい感がこみ上げてくる。今度、空いてそうな日にまた連れてこよう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 07, 2008

5月の購入予定一覧

 5月の購入予定一覧。

05/02 集英社 スティール・ボール・ラン 15 荒木飛呂彦
05/08 秋田書店 ドカベン スーパースターズ編 23 水島新司
05/09 新潮社 ブレイブ・ストーリー ~新説~ 20 小野洋一郎
05/09 新潮社 エンジェル・ハート 26 北条司
05/16 講談社 さよなら絶望先生 13 久米田康治
05/19 集英社 ソムリエール 6 城アラキ
05/19 小学館 椎名大百貨店 椎名高志
05/19 小学館 新吼えろペン 10 島本和彦
05/23 講談社 しおんの王 8 安藤慈朗
05/23 講談社 ピアノの森 15 一色まこと
05/23 講談社 バガボンド 28 井上雄彦
05/23 講談社 おおきく振りかぶって 10 ひぐちアサ
05/23 講談社 警視正 椎名啓介 9 やぶうちゆうき
05/30 小学館 美味しんぼ 102 雁屋哲
05/30 小学館 江戸釣百景 ぶらり百竿 2 中川真
05/30 小学館 アレルヤ 5 能條純一
05/30 小学館 医龍 17 乃木坂太郎
05/30 小学館 電波の城 6 細野不二彦
05/30 リイド社 鬼平犯科帳 17 さいとう・たかを

 月末に集中するのはいつものことか。ピアノの森は今度こそ本当なのかなぁ?
 以下は買い損ない。

04/26 角川書店 多重人格探偵サイコ 12 田島昭宇
04/26 小学館 MOON LIGHT MILE 16 太田垣康男
04/28 少年画報社 シュガーはお年頃 1 二宮ひかる

 GW中に本屋行ったときには置いてなかった。まぁ、大きな本屋ではなかったんだけど。アマゾン様に依頼中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »