« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

July 31, 2008

横須賀花火大会の準備

 8/2は横須賀花火大会である。
 毎年、うみかぜ公園で場所取りを行っている。
 過去、日曜日の際は土曜日から場所取りを行っていたが、去年、土曜日の開催の際、早朝に場所取りに行ったら結構埋まっていた(それでも取れない訳ではなかったが)。今年は金曜日に行ってやろうと思っている。場所取りの開始OK、となっていればだが。

 この日は横須賀米軍基地のフレンドシップデーとのこと。基地開放である。
 過去何度も入っているが、海外っぽい空気が味わえ、結構楽しい。ただし、子供連れで奥に入っていくのは結構大変ではあるが(距離があるので)。
 この基地開放により、米軍基地内からも花火が楽しめるとのこと。いつもと角度の違う景色もいいんじゃないか、と思えるが、場所取りもまた大変そうである。慣れたうみかぜ公園にしようと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2008

鬼に呪われた難民船

 オニカサゴが釣れているらしいってんで、小網代は新谷丸へ向かった。
 今日の同行は、Yと会社の上司K部長。我が部に異動してきたんだけど、釣りが好きだってんで一緒に行きましょう、と相成った(会社の人と釣りをするなんて初めてですよ)。

 Y部長は前日に電動リール(シマノ・電動丸3000/イカスペシャル)とビシ竿を購入するなど気合入りまくりであった。仕掛けもオモリも購入し、道具立て全てがおニューであった。

 船はいつものように、意気揚々と布良沖へ。片舷12人も乗っており大盛況ではあったが、100m以上の水深に、しかも底を取りながらの釣り、オマツリ騒ぎが予想できた。

 果たして、第一投から船中オマツリとなり、声の掛け合いとなった。それでも40cm前後のオニカサゴがあちこちであがり始める。オマツリをうまく避けた人こそ、オニカサゴGETのチャンスあり、という状況となった(いつものことか)。

 幾度か立て返しながら、船中には大きなオニカサゴがあがっていく。私もYも、最大42,3cmほどのオニカサゴを筆頭に3匹ずつ釣った。だが、Y部長には受難であった。この日は結局、ボウズであった。だが、受難はそれだけではない。
 新品の電動リールに巻かれた糸。PE6号、300m巻きであったが、この半分以上の160mを損失。根ガカリの際、船底にこすって100mを失い、その後オマツリの最中に60mを失った。計160mの損失。(結局全て新品に巻き換えたそうな)
 ちなみに私にも受難が待っていた。私もオマツリの際、船底コスリでPE4号、60mの糸を切断して失い、更に竿の竿先2cmがポッキリ折れてしまったのだ。…はー。ため息。ワンピースロッドなのに。
 仕掛け投入の際、遠方に投げるように指示があったが、どうもその際に竿先が巻き込まれたらしい。150号のオモリだけに、慎重さが求められたよ…うん。

 ――――事態はそれで終わらない。

 さぁ、今日はそろそろ終わりか。と14時の時点で納竿。片付け、船を走らせようとしたときのこと。
 ぶすんぶすん…と変な音の後、エンジン停止。ピーピーピーのアラート音が船中に響いたのだった。

 漂流をはじめる船。おいおい、15中年漂流記かよ(24人乗ってるけど)。さっき最後の水飲んじゃったんだよなー…。

 船長は船室の奥へ入り込む。10分も経ったろうか。船長が出てきて、エンジンスタート。ドルンドルンと、エンジンが高らかに復活した。オオと思うも、低速運転を開始。エンジンの回転数を上げられないらしい。
 まぁ、低速なのはしゃーない。寝るしかないか、と皆アチコチで横になったり。しかし3、40分経ってもまだ洲崎を越えない。低速運転でないとマズイらしい。こりゃ何時に帰れるやらと、疲れ倍増の思いであった。
 そして、最初のアラートから4、50分も経ったろうか。再びピーピーピー…ダメだこりゃ。 船長は再び奥に入り込み、またまたエンジンリスタート。一瞬動いたものの、今度はすぐにピーピーピー…船中にくらい影が、漂い始めたのだった。

 「全員前へ行ってくれ」と船長の指示が飛ぶ。前に加重をかけると何かいいことあるのだろうか。なんだかUボートみたいだなと思いながら移動する。
 前甲板に全員(23人ほど)が集まり、ジッと待つと、エンジン始動!しかも今度は止まりそうな気配はない。

 まるで難民船の様相を呈しながら、船は北上を再開した。大型船の行き交う沖の瀬航路のど真ん中。ヘンな止まり方をして欲しくないのは本音であった。

 やがて城ヶ島が見えて来る。それが少しずつ大きくなり、宮川公園の風車もはっきりと見え出した頃、迎えの船が待っていた。船宿の、別の船であった。

 息子船長が窓から声を出す。「難民船みたいだな!」
 皆、ゲラゲラと笑う。

 船はロープに繋がれ、今までと比べ物にならないスピードで走り始め、やがて帰港した。行きの行程は1時間半。帰りに4時間弱、かかった。

 港に小さなタンクローリーが待っていた。

 ――――ガス欠かよっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 25, 2008

ここ数ヶ月厳しい状態なんです

 今朝、朝ごはんを食べたら財布の中身と、自分の口座の中身を足しても1000円行くか、行かないかという状態になりました。

 今日は給料日。
 助かった!乗り切った!

 カードの支払い額には目をつぶる方向で(つぶれません。ええつぶれませんとも)。

 あーこれで宝くじが買える。―――何でそんな目で人を見るんだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2008

また地震ですね

 いやー全く気がつきませんでした。

 昔はね。地震が起きる直前に飛び起きたりなんかして。
 なんで起きたかな?と思っている内に揺れだす、なんて事もあったんです。

 俺って超敏感!?スゲェ!

 なんてね。思ったりしたものです。
 もうね、最近の地震なんて熟睡ですよ。
 ピクリともしやがらねェ。

 …俺も年食ったな、と思う今日この頃。

 ―――昔のは単なる偶然だったってのは聞かなかった事に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2008

赤ムツってマボロシの魚なのね

 平成港、こうゆう丸のニーズ船で出船する。対象魚は赤ムツ。

 炎天下の中、意気揚々と出航。しかし意外と近場の浅瀬、真沖の35mダチからスタートする。いきなりアタリがあるものの、バラす。
 以降、転々と場所を変えるが、なかなか自分にはアタリがない。隣の友人Yは、たまに来るアタリを確実に拾い釣りしていく。
 そんな中、どうしても私の竿に赤ムツがかからない。アタっても乗せるのが厳しい。また乗っても上げてくる途中でバレてしまう。喰いが非常に浅いようである。
 しかもこの日はアタリも少なく、かなり厳しい状況であった。私には4度アタリがあり、3度乗せたが全て上げてくる途中でバレてしまった。
 横でタモを構えてながら見ていた船長が「巻き上げスピードやヤリトリも問題ない。あれでバレるのは仕方がない」と言ってくれたのが僅かな救いではある。でも隣人Y氏はツ抜けである。うーん、これはちょっと救いとか何とか言う前の話ではなかろうか。実力!?…救いようのない話になってしまった。
 上がり際、観音崎の沖でアジが釣れた。サバの切り身に喰いついて来た。型は44cmと大物(なぜか自己新)であり、持ち帰って食べたら非常に美味であった。これが、まぁ、救いであったかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2008

ぶーんぶーん

 ウチのガキんちょは、上の子も下の子もミニカーが大好きである。片時も手から離さない。家の中はもちろん、外を出歩くとき、保育園に行くときも持って歩く。さすがに車の中に置いて行かせるが。

 さて昨日のこと。
 ウチのエスティマは平置き、屋根なしであるため、鳥の爆雷攻撃を受けていた。結構、集中的に、しっかりと攻撃されていた。
 まぁしゃーないと、駐車場にある水道で水洗いすることにした。

 カミさんと私は外。当初、子供たちはうるさいので車の中に居てもらった。しかし洗っている最中に泣き出してしまい(恐らく洗車中に車の中に初めて居たせいではないかと)、途中から外に出すことに。これが悲劇を生むキッカケになった。

 下の子、隼之介の手にはミニカーが握られていた。突然彼は車に接近し、ぶーん!と手に持っていたミニカーを思いっきりボディー(側面)で走らせたのであった。がりがりッ!
 あッ…というまもない。しっかり傷がつきましたとも。

 すぐに自動後退に行ってコンパウンドを買ってきたけど、消えません。既に小さい傷が各所についており、まぁしゃーないとは言え、納車してまだ2週間なのにな~…と思ったり。ま、そんなもんでしょう。(えーっ?)

 ミニカーを持って出させるの、やめよう。うん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 18, 2008

GPSレーダーの精度

 先日購入したGPSレーダー、コムテックML939
 長島OFFは絶好のテストだと、横須賀IC~四日市ICを往復した結果、なかなかのものであった。ただし、まだまだ全体的には確認出来てはいない。

 オービスの位置をGPSによる位置情報によって警告するのだが、これがかなり正確。接近/通報はいいとして、通り過ぎるとピタリと警報が止まる。その正確さはかなりのものである。うーん、時代は進んでいるんだなぁ(今更?)。
 しかし、レーダーその他の警告については、よくわからない、というのが実情。
 オービス以外のレーダー警告は何回かあったものの、それが本当の警告なのか、誤作動なのか判別がつかなかった。

 警報が鳴ったら速度を下げる→このとき追い越し車線だったら走行車線に移る→結果的に回避?しているのかどうかわからない。確認するにはスピードを上げて捕まるしかない?
 いや待て。なんか間違ってるぞ。

 カーロケ通報なんかも何回かあったけど、それが正確なのかどうかは確認できなかった。ま、オイオイ、なんだろう。

 ピロピロなる警報音は、意外にうるさく感じない。やたらめったら警報が鳴るでもなく、オービスなどは正確だったからであろうか。音楽を聴いているとまぎれる感じ。

 今後も期待したいところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2008

長島OFF

 旧FCOMICの面々と久しぶりに会う。
 変わってない人、変わった人(主に体重が)、子供が出来た人…。
 コースは横須賀出発、長島スパーランドで遊び、その後四日市の湯の山にある宿で一泊。翌日は御在所ロープウェイで山の上へ。そこにある観光地レストランのラーメン、うどんは意外に美味かった。ちょっとびっくり。

 その後帰宅。東名は例によっての大和トンネルで大渋滞。事故車、故障車も多かった。まぁ、週末お約束の渋滞なのでそんなもんなんだろうけど。

 色々写真を撮ったが、参加者が写っているものはやはりアレなので、写ってないものを掲載してみます。

 魚眼2枚。魚眼楽しいなぁ。

Pictdsc_0141_2 Pictdsc_0113

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2008

D300 と D700

 ニコン D700が欲しい~、と書いたが、早速微妙な気分になってきた。よくわからないことがある。それは、記録画素数についてのことだ。
 D700のウリに、FXフォーマットとDXフォーマットの切り替え機能がある。両方のフォーマットが使える、というのは画期的だと思う。
 (FXフォーマットとDXフォーマットの違いを書こうとしたが、長ったらしくなった上に正しいか怪しくなってきたのでカット。こちらを参照してくだされ

 で。
 先のニコンのWebページを見ただけではよくわからないが、単純計算で、FXフォーマット(36mm×24mmサイズ)が12.1メガピクセルならば、DXフォーマット(24mm×16mmサイズ)は5.3メガピクセルにしかならないのではないか、ということ。

 本当に?

 D300は12.3メガピクセルのDXフォーマット(24mm×16mmサイズ)、ということなので、つまりはDXフォーマットとしてはD300の方が性能が上、ということになりはしないか。

 そのへん、どう考えるべきなんだー。
 まあ暫くすれば店頭にも並ぶんだろうから、ボチボチ調べていこうと思ってはいるのですが。
 まだレンズとの整合性なども確認していないのだが、ひょっとすると現資産はDXフォーマットでしか使えないレンズを持っている、という可能性もあり、そうすると値段の差も大きいため、D700は少し躊躇してしまうなぁ、と思うのでした。

 ――――躊躇?(サイフの中身を見ながら)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 15, 2008

遅刻83人にゲンコツ、宇和島の中学教諭…行き過ぎと謝罪

 ちょっとUPが遅くなったけど。

****
 愛媛県宇和島市の市立中学校の男性教諭(41)が、学年集会に遅刻した2年生の男女83人全員の頭をゲンコツで殴っていたことがわかった。うち生徒7人の頭にコブができ、男性教諭は「行き過ぎた指導だった」と、保護者らに謝罪したという。
 学校側によると、男性教諭は今月3日、2年生の生活態度について指導するための学年集会で、生徒が集合時間に7分遅れたことに腹を立て、全員を正座させたうえ、一人ずつ順番に殴ったという。ほかの教諭6人が制止しようとしたが、止められなかったという。
 同中学の校長は「情熱的な指導の教諭だが、生徒に痛い思いをさせてしまい申し訳ない。再発防止に努めたい」と話している。
****

 現代の日本社会は病んでいる。なぜこれがいけない?遅刻したから怒られたんだろうが。ゲンコツくらい、当たり前だろう。殴られずに一人前になるヤツがどこにいる!(有名なセリフ)

 中には遅刻していることに気がついていたヤツもいるだろう。つまりは「赤信号、みんなで渡れば」的発想だったに違いない。その教諭も、ここはキチンと指導せねばなるまい、とあえてやった事だろう。

 確かに、子供にケガをさせられたりしたら腹も立とうものだが、この程度の事でガタガタ言うような親にはなりたくない。

 心配するのは子供のタンコブではなく、83人もの頭を殴った教員の手の方だろう。痛かったに違いない。
 いずれにしろ、教師が正しく指導したのに逆に謝罪させられたのだ。この学校の生徒が増長しない訳がない。明日からどう指導していくと言うのだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 11, 2008

ニコン D700

 ニコンD300が欲しいよう、とか言いながら値段が下がるのを待っている内に、車を買い、とても買う余裕は無くなってしまった。ところが、そんな事を言っている内にD700、なる新製品が出てきたらしい。

 ―――約30万円。

 D300が二台買えるんですけど。

 物欲大魔王様も流石に容易に手を出してきませんね。なんたってスッカラカンですからね。
 毎月2万円貯金するとして、1年ほどかかる計算(値段も下がってくるであろう)。そんな根性、私にあるだろうか。
 ちなみに他には地デジ貯金とかもやらねばならない(テレビは対応したがビデオ系は今から対応)。やはり車は大きな支出であった。

 ま、働くしか手はないのだが。手に汗するしかないのだ、労働者よ!

 ―――以上、宝くじ売り場前からのリポートでした(スピードくじを削りながら)。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

July 10, 2008

山本モナ

 こいつ…アホやな…。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 09, 2008

レーダー探知機を買う

 エスティマが納車されて早速お参りに行った後、夕方自宅近所のオートバックスへ。
 ドアミラーの大きさに比べバックミラーが小さく感じたので、ミラーを買おう、という話になったのですが、ついでなのでレーダー探知機付きのミラーを買いました。コムテックのML939というヤツ。いや、ミラー付きレーダー探知機と言うべきか。どっちが主語主体なのかよくわかりませんが。
 以前からレーダー探知機に興味があったので、どんな風に活躍してくれるのか、今から楽しみです。

 そんな楽しみ、何か間違ってますかね…。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 08, 2008

納車

 エスティマ無事納車されました。今のところさしたる不具合も発見されず。
 納車日に120キロほどウロつきましたが、快適です。サンルーフに子供たちも喜び、選択して正解だった。
 取り回しは、今のところ特に違和感なし。そりゃインプレッサとは違うけど、特に不安感は無いかな。

 フロント、サイドモニターを付けたんだけど、思ったより使わなさそう。またリアモニターも最後の接近度チェックくらいで、モニターを見ながらバックするって周囲を見ないから恐怖感を感じた。うーん、思ったよりいらん機能だったかもしれん。カミさんは必需品と言ってたのでまぁいいか。

 ネットでは内装が悪いだの、視界が悪い(フロントシールドで視界がゆがむ)だの、揺れるだのと書いてる人が居るが、全然気にならなかった。
 まず、内装はそんなもんだろう、という感じ。よほど高級車から乗り換えたのかなぁ?ヴェルファイアとかはスゴそうだけど。
 視界がゆがむ、という点に関しては気になったので注意して見たんだけど、そんな不具合は特に無く、大丈夫だった。或いはカイゼンされたのだろうか?
 揺れる、という点に関しては、通常の走行時には何も感じないが、例えばコンビニに入る際など、段差を乗り越える際には確かに揺れた。それでも、座点がインプレッサより高いので、まぁ当たり前じゃない?というのが私とカミさんの意見。あまり足回りがやわらか過ぎてもなーとも思うし、問題なし。ということで、今のところ不具合らしきものもなく、良かった良かった。

 操作系の機能・ボタンなどが多くて何が何やらまだ覚えきれないのが現状。時代は変わったなー。

 ちなみに平均燃費は今のところ9キロちょいでした。湘南の渋滞でみるみる下がったけど、それまでは10キロオーバーまで到達。瞬間燃費はあまりまだ見てません。明らかにインプレッサよりは良いので、これもホッと一息です。

 後席モニターを付けたけど、まだ子供にバラしてません。
 ガキんちょがいる家庭は必需品、みたいな話を聞いて付けたけど、よく考えるとそれを使われたら運転手が好きな音楽とか聴けないじゃん!
 将来的には良いかもしれないけど、今は保留、というところです。ウチの子供は走ってる最中に寝てしまう事が多いので、逆に起きていられるとうるさいかもしれん…。

| | Comments (11) | TrackBack (1)

July 07, 2008

久々のアナゴ

 週末は土日共に所用ありのため、土曜の夕方にアナゴ釣りに出かけた。船ではなく、投げ釣り。
 アナゴマイポイントの長浦港に行こうと思っていたのだが、行きしなの釣具屋で「夜は警察が来て連れてかれるよ。お客さん、何人かやられてるよ」とのこと。別にタイーホされる訳じゃないみたいだけど、警察署へ連れてかれて注意を受けるらしい。
 なんだそりゃ、と思いながら長浦港を偵察。正面の門は閉鎖されていたが、裏から入ると幾人かの釣り人が糸を垂れていた。どうしようかと思ったが、このサミット警戒の折、普段以上に厳しい状況なんだろうな、と思い返して長浦港を後にした。

 で、しゃーないので金沢緑道公園へ。目の前にアナゴ船が居たので大丈夫かと思いきや、なかなか釣れない。それでも1度アタリ。30cmほどのアナゴGET。本命だが、それっきり。同行のYはシャコ1匹。二人で金沢の名物2種を1匹ずつ(^^;)釣り上げて帰宅しました。

 うーん、船も面白いんだろうけど、やはり投げ釣りのアナゴって楽しいよなぁ…。釣れればもっと楽しいんだけど。さて、今度はどこでやろうかなー。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 06, 2008

食いもの~

 深夜0時まで仕事をしていた。腹が減っていた。

 その日、仕事を行っていた場所の周辺は横浜の住宅街の中で、街道沿いに立つビルの周囲はマンションやら住宅やらが立ち並び、食事のできる店などほとんど見当たらないか、あってもとっくに閉まっている時間帯であった。しかしその中、一軒だけ心強い味方がいた。吉野家である―――。

 作業は予定時間を押しており、がしかし、人間が急いでもどうにもならない状況でもあった。作業時間が押しても、メンテに使用できる時間が豊富にあり、しかもトラブルという訳でもない。システムが処理していく時間をただ待つ、ハードディスクのアクセスランプをただひたすら見つめる時間が刻々と過ぎていく。

 だからこそ、吉野家の牛丼の事を思い浮かべる余裕があった。

 「腹減ったなー。今日は特盛を喰ってやろうかなー」
 「でもやはりこの時間にそれは食べ過ぎかなー。並で抑えようかなー。牛丼以外のものは選択肢に無いなー」
 「ビールも飲みたいなー。でも待てよ。0時過ぎたら酒類は販売しないんじゃなかったっけか?まぁいいや―――」

 そんな事を思いながら、0時過ぎ、漸く解散。
 幾人かいたメンバは直ぐにタクシーを呼んでいた。皆は食べずに帰ると言う。呼べば5分もかからずタクシーはやってくる。吉野家に行く私はタクシーを断り、別れを告げ先にビルを出た。
 路面が濡れている。霧雨だ、濡れて行こう。春雨かあれは。

 ビルを出てすぐに呼ばれたであろうタクシーが数台、エントランスに飛び込んで行く。横目に見ながら、ビルから200mほどの道をひたすら歩く。やがて「吉野家 この先50m」の看板が見えた。夜中に一人歩くと結構な距離である。だが私の脳裏には暖かい牛丼が渦巻いている。もう一息だ、という想いが足を前に進めていた。

 ―――だが…何かが違う。近づくにつれ、違和感を感じた。何だ?…そうか、電気がついていない―――?

 目の前に迫り来る吉野家。だが開いていないのはもう明らかだ。虚脱感が全身を襲うが、その理由を知るべく、最後の力を振り絞って歩く。何故だ?潰れてしまったのか!?

 改装中。

 と書いてありました。よりによって、日程がばっちり重なっておりました。

 他に選択肢などない。土地勘も無く、街道沿いの店は、飲食店はおろか全ての店がことごとくシャッターを下ろしていた。その街道も、別に店が連なっている訳でもない。駐車場だったり、空き地だったりする方が多いのだ。走り去る車が我が身をたまに照らす程度…なのである。
 薄暗い中、ぽつねんと佇むわけにも行かない。タクシーを呼んだ。呼んでいる最中に目の前をタクシーが通り過ぎた。まぁ、そんな日もあるさ。
 吉野家の目の前に自動販売機があった。せめて飲み物を…。だが、コインを入れても自動販売機は動かず、カシャン、とお釣り口にコインが落ちた。「またまたぁ」…カシャン。電源が切られているようだった。まぁそんな日もあるさ(泣)。

 やがてタクシーが来た。途中コンビニに寄ってもらい、お茶とオニギリ1コを買い、車内でかぶりつき、やがて目を瞑る。もう、1時近くになっている。明日も今日と同じく、朝5時半には起床なのだ―――。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2008

ヘタこいたー…って最近もう聞かない

 財布の中を覗いたら横浜CIALの抽選券8枚(1等はオーストラリア旅行!)と、吉野家の100円引き券が出てきた。

 …両方とも、6月30日までだった訳で―――。

 より損をしたのはどちらだったんだろう。
 
 
 
 
 答え。抽選券の末等のポケットティッシュ8コ分。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

July 01, 2008

7月の購入予定一覧

 7月の購入予定一覧。

07/04 講談社 湾岸MIDNIGHT 41 楠みちはる
07/04 講談社 彼岸島 24 松本光司
07/04 小学館 鉄腕バーディー 19 ゆうきまさみ
07/05 角川書店 レディイーグル 3 千葉きよかず
07/08 秋田書店 ドカベン スーパースターズ編 24 水島新司
07/09 新潮社 レストアガレージ251 28 次原隆二
07/11 小学館 結界師 21 田辺イエロウ
07/14 少年画報社 キリン 35 東本昌平
07/17 講談社 さよなら絶望先生 14 久米田康治
07/17 講談社 capeta 17 曽田正人
07/18 秋田書店 荒くれKNIGHT 1 黒い残響完結編 吉田聡
07/18 集英社 彼女のカレラ 10 麻宮騎亜
07/18 集英社 風の陣 3 本宮ひろ志
07/18 集英社 昼まで寝太郎 6 本宮ひろ志
07/23 講談社 EDEN 18 遠藤浩輝
07/23 講談社 ジパング 36 かわぐちかいじ
07/23 講談社 ああっ女神さまっ 37 藤島康介
07/30 小学館 PLUTO 6 浦沢直樹
07/30 小学館 蔵人 6 尾瀬あきら
07/30 小学館 医龍 18 乃木坂太郎
07/30 小学館 ダブル・フェイス 16 細野不二彦
07/30 小学館 金魚屋古書店 7 芳崎せいむ

 今月はそこそこのボリューム。発売日も一ヶ月間満遍なく、という感じ。
 荒くれKNIGHTって新作なんだろうか?しかも少年画報社じゃなくて、秋田書店から…?
 EDENは完結ですね。アフタヌーン本誌を見ていて「ほんとにこれで終わったよ!」という感じの印象だった。途中からつまらなくなったなー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »