« ここ数ヶ月厳しい状態なんです | Main | 横須賀花火大会の準備 »

July 29, 2008

鬼に呪われた難民船

 オニカサゴが釣れているらしいってんで、小網代は新谷丸へ向かった。
 今日の同行は、Yと会社の上司K部長。我が部に異動してきたんだけど、釣りが好きだってんで一緒に行きましょう、と相成った(会社の人と釣りをするなんて初めてですよ)。

 Y部長は前日に電動リール(シマノ・電動丸3000/イカスペシャル)とビシ竿を購入するなど気合入りまくりであった。仕掛けもオモリも購入し、道具立て全てがおニューであった。

 船はいつものように、意気揚々と布良沖へ。片舷12人も乗っており大盛況ではあったが、100m以上の水深に、しかも底を取りながらの釣り、オマツリ騒ぎが予想できた。

 果たして、第一投から船中オマツリとなり、声の掛け合いとなった。それでも40cm前後のオニカサゴがあちこちであがり始める。オマツリをうまく避けた人こそ、オニカサゴGETのチャンスあり、という状況となった(いつものことか)。

 幾度か立て返しながら、船中には大きなオニカサゴがあがっていく。私もYも、最大42,3cmほどのオニカサゴを筆頭に3匹ずつ釣った。だが、Y部長には受難であった。この日は結局、ボウズであった。だが、受難はそれだけではない。
 新品の電動リールに巻かれた糸。PE6号、300m巻きであったが、この半分以上の160mを損失。根ガカリの際、船底にこすって100mを失い、その後オマツリの最中に60mを失った。計160mの損失。(結局全て新品に巻き換えたそうな)
 ちなみに私にも受難が待っていた。私もオマツリの際、船底コスリでPE4号、60mの糸を切断して失い、更に竿の竿先2cmがポッキリ折れてしまったのだ。…はー。ため息。ワンピースロッドなのに。
 仕掛け投入の際、遠方に投げるように指示があったが、どうもその際に竿先が巻き込まれたらしい。150号のオモリだけに、慎重さが求められたよ…うん。

 ――――事態はそれで終わらない。

 さぁ、今日はそろそろ終わりか。と14時の時点で納竿。片付け、船を走らせようとしたときのこと。
 ぶすんぶすん…と変な音の後、エンジン停止。ピーピーピーのアラート音が船中に響いたのだった。

 漂流をはじめる船。おいおい、15中年漂流記かよ(24人乗ってるけど)。さっき最後の水飲んじゃったんだよなー…。

 船長は船室の奥へ入り込む。10分も経ったろうか。船長が出てきて、エンジンスタート。ドルンドルンと、エンジンが高らかに復活した。オオと思うも、低速運転を開始。エンジンの回転数を上げられないらしい。
 まぁ、低速なのはしゃーない。寝るしかないか、と皆アチコチで横になったり。しかし3、40分経ってもまだ洲崎を越えない。低速運転でないとマズイらしい。こりゃ何時に帰れるやらと、疲れ倍増の思いであった。
 そして、最初のアラートから4、50分も経ったろうか。再びピーピーピー…ダメだこりゃ。 船長は再び奥に入り込み、またまたエンジンリスタート。一瞬動いたものの、今度はすぐにピーピーピー…船中にくらい影が、漂い始めたのだった。

 「全員前へ行ってくれ」と船長の指示が飛ぶ。前に加重をかけると何かいいことあるのだろうか。なんだかUボートみたいだなと思いながら移動する。
 前甲板に全員(23人ほど)が集まり、ジッと待つと、エンジン始動!しかも今度は止まりそうな気配はない。

 まるで難民船の様相を呈しながら、船は北上を再開した。大型船の行き交う沖の瀬航路のど真ん中。ヘンな止まり方をして欲しくないのは本音であった。

 やがて城ヶ島が見えて来る。それが少しずつ大きくなり、宮川公園の風車もはっきりと見え出した頃、迎えの船が待っていた。船宿の、別の船であった。

 息子船長が窓から声を出す。「難民船みたいだな!」
 皆、ゲラゲラと笑う。

 船はロープに繋がれ、今までと比べ物にならないスピードで走り始め、やがて帰港した。行きの行程は1時間半。帰りに4時間弱、かかった。

 港に小さなタンクローリーが待っていた。

 ――――ガス欠かよっ!

|

« ここ数ヶ月厳しい状態なんです | Main | 横須賀花火大会の準備 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

燃料費高騰の余波ですか?w

Posted by: MOON | July 29, 2008 at 07:21 PM

災難でしたね。
こういう出来事も後で振り返ると笑えますけど、本当に漂流したら・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

Posted by: たくたく | July 29, 2008 at 11:20 PM

バイクでもガス欠になったとき、車体を前後左右に揺すってタンク内に残っているガソリンをキャブに流し込むと少しは走れますが.....

なんとか戻れてよかったですね。
本当にダメな場合は、僚船に来てもらうか、海保出動→船長大目玉のコースなんだろうなぁ。

Posted by: 味噌田楽 | July 29, 2008 at 11:53 PM

 燃料高騰の余波なんでしょうね。タンク満タンのサイクルをガマンすれば、少しは軽くなって燃費良さそうですもんね。
 この日は海が穏やかだったから良かったものの、例えば荒れ始めて早上がり、なんて事態だったらと思うとゾっとします。みんな何も言ってなかったけど、注意して欲しいものです。

Posted by: 竜馬 | July 30, 2008 at 08:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/42004802

Listed below are links to weblogs that reference 鬼に呪われた難民船:

« ここ数ヶ月厳しい状態なんです | Main | 横須賀花火大会の準備 »