« ワラサを釣る | Main | タチウオは続くよどこまでも »

September 26, 2008

電気ウキのタチウオ釣りが面白い

 最近、休みの日はほぼ全てタチウオ釣りに行っている。と言っても家の近所の海釣り公園に、夕方1~2時間程度向かうだけなのだが。
 というわけで、先週末も台風後の雨上がりの中、行って来た。人気の釣りで、いつも場所取りに困る。土曜の夜などはデンキウキがぱっと見20個くらい浮かんでいる(実際はもっと多くの人々が釣っている)。

 夕方、日が暮れてデンキウキの電気を入れなきゃいけないかな?くらいになると、必ずアタリがある。そして私の場合、必ずと言っていいほどバレる<(ToT)>。
 大抵は、エサのイワシが頭だけついて上がって来る。下のほうに着けていた針がぶらぶら風に揺られると、やられた感が沸き起こる。
 それでもたまにヒットする。足元まで寄せるのだが、バレる。この日、最初のヒットは寄せた後、岸壁に持ち上げる際にワイヤーハリスがブチ切れた。空中で見事に切れ、魚は海へ。呪われているとしか思えない。
 そんな中、周囲は確実に釣り上げる。電灯にキラリとタチウオが光り、舞う光景は美しく、そして羨ましい。情けなくなってくる。

 しかし、今回は漸く1本GETした(感動)。

 最初、ウキがサーっと横移動。その後、ケミホタルが海面に浮いてきて、波しぶきが立った。巻いてみると何かが引いている。すわスズキか、と思った。
 しかし寄せてみると、細長い銀色の魚体が。一瞬アナゴかと思ったが確かにタチウオである。なぜか体の真ん中にスレでかかっている。
 いつも持ち上げる際にバレている。しかし今回は漸く手元に届いたのであった。

 見ると、エサはきれいに食べられており、ハリが体の真ん中に刺さっていた。もがいて逃げようと海面に出たらしい。タチウオも海面に出ることなんてあるのね。

 帰宅後胃袋の中を見てみると、小さなイカの子供(体長2cmくらい)が出てきたのみで、イワシは入っていなかった。
 吐き捨てたか、或いは別のタチウオが喰ってしまったのか。

 ということで、とっても微妙な釣れ方をしており、釣りとしての満足感には程遠い状況。この先も足繁く通うことになりそう。

 例によって皮を炙って食べた刺身は絶品でした。
 家の裏で晩御飯確保。うーん、いい感じ。

|

« ワラサを釣る | Main | タチウオは続くよどこまでも »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 電気ウキのタチウオ釣りが面白い:

« ワラサを釣る | Main | タチウオは続くよどこまでも »