« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008

November 28, 2008

たばこ増税40~60円案浮上 「1箱1000円」は見送り

 つまらん。

****
 年末の平成21年度税制改正で、たばこ増税の検討が進んでいる。景気後退により税収が大幅に落ち込むことが避けられないためだ。ただ、今年6月には「1箱1000円」も視野に入れた議連が発足したが、来年度に増税を実施したとしても、1本当たり2~3円の比較的小幅にとどめる案が浮上している。大増税はたばこの消費をさらに落ち込ませる懸念があるほか、税収予測も困難になるだけに、今年も小刻みな増税で税収の“帳尻合わせ”に利用される公算が大きい。

 後略
****

 1000円にでも2000円にでもすりゃいいのに、結局コレですか、つまらん。本当につまらん…。

 たばこは本人にとっても体に悪いし、周囲の人には迷惑のネタでしかない。
 せめて税金を大いに払っていただいて社会貢献してほしかったのですが。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

November 27, 2008

職場の釣り人

 最近、職場で釣り人を発見するようになった。
 課長、部長、統括部長…タテのラインで釣り人発見ですよ。ヒラの私としては、横の連携にしたかったのですが、何故かタテのラインしかいやがらねぇ。しかも部長とは最近一緒にワカハギに行く機会が増えてます。

 課長は仲間同士でマイボート派らしく、独身貴族だけにお金もってそう。何人かで一緒に所有してるんだそうな。従って(?)乗り合い船などの話にはあまり乗ってこない感じ。

 部長はしょっちゅう一緒にカワハギ乗ってます。道具揃えから私が説明したのですが、いつのまにか自分だけで行く機会も増えている様ですが。
 日曜日、カワハギで疲れきって「腰が痛いですね」って言ったら「明日への前振りか」と言われた。何この出勤感。

 で、統括部長ですよ。
 まだ一緒に行った事は無いのですが、今年相模湾でフィーバーしたキハダマグロを釣っているみたい。職場のPCのデスクトップに両手に二本ぶら下げている(重いので座ったままだ!)写真を貼っているあたり、本物です。何が本物ってアナタ。
 組織の再編成があって、最近知り合った統括部長で、私のライン上の上司ではないにせよ、一緒に行きましょう!と言うべきか言わざるべきか、悩んでおります。部長と同じ轍を踏みそう。いや別に、楽しいんだけど。
 でも、釣りものが違いすぎる。一度「カハワギ一緒にどうですか」と言ったら「マニアックで近寄りがたく、敷居が高いんだよね」と言われた。そんなこと無いけどなぁ(行ったことの無い釣り宿って確かにそういう気がするけど)。

 そのうち職場で仕立て船、って事もありえそう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 26, 2008

うみかぜ公園激混み

 23日の日曜日、本当は東電防波堤か野島に行きたかったんだけど、二日連続で本格的な釣行を繰り返すのもどうかという話で、うみかぜ公園に投げ釣りに行ってきた。久しぶりの投げ釣りであった。
 朝4時頃に到着するが、人、人、人の嵐で竿を出す余裕なんかありゃしない。そ、そんなに釣れてるの?駐車場に車を放り込んで、テクテク岸壁沿いに歩けば、旧桟橋横が空いていた。ラッキー。ここも好ポイントなのに、と思いながら竿を出したが、後で通りがかりのおっちゃんに聞いたら砂が入って(そういう工事をして)釣れなくなってるんだと。なーんだ(その通りになりました)。
 実際、なんか水深が浅くなっている気がした。ただし根はある模様で、幾度か根ガカリした。タコつぼに引っかかったりしたケースもあったけど。

 幾度か、隣人とオマツリ。何が困るかって、人の道糸を引っ掛けているのにビシバシ勝手に上げる人が幾人か。バッチリ投げ釣り師って感じの人はそんなことしないのですが…。お陰で道糸が50m分もシッチャカメッチャカに絡みまくり、泣きそうになりながらほどいたりしました。まぁ、自分も昔、やったことあるけど…。

 2,3度アタリがあり、ドキドキしましたが、小魚がつついてたらしきもの(空振り)と、アカメフグが1匹…。アカメの時はこりゃキターと思いましたが、残念でした。

 結局9時半頃にはほとんどエサも無くなり(そんなに多く買わなかった)、10時には駐車場を出ました。
 ところがこの日は市民マラソンの日。ゲートを出た直後、目の前は交通規制されており、タップリ40分ほど待たされました。羊が延々目の前を通り過ぎる…なんて光景がガッデム!やルパンなんかであったような。

 釣具屋に立ち寄って気を沈め、11時過ぎに帰宅。昼上がりで、東電にやっぱり行けばよかったとちょっと後悔。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2008

竹岡沖は難しいですね…

 22日(土)に釣行。
 宿は久比里。ポイントは竹岡沖。
 大船団が出来ていたが、どの船も、釣れている様子が無い。たまに、ポツリ、ポツリという感じ。非常に厳しい一日であった。

 船も、釣れていないのにあまり立て返さない感じ。竹岡ってあまり場所を変えずに、エサを撒餌代わりにして寄せる釣り、という事なのかしら?はたまた、釣れてないのにどの船宿も剣崎沖に行かないのって何か協定でもあったのかなー。よくわかりませんが。

 この日の釣果は9枚。とりあえず食べる分は確保したのでまぁOKなんだが非常に辛い日であった。
 上がってみると別船で28枚も釣ってるおっちゃんが居てタマげた。すげぇ。
 小網代の丸十丸は、この日60枚も釣ってる人が居たらしい。すげぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2008

<死刑執行>一時停止など求める決議案、国連委で採択

 疑問。

****
 国連総会第3委員会(人道問題)は20日、死刑執行の一時停止などを求める決議案を賛成多数で採択した。同種の委員会採択は2年連続で、支持は6カ国増えた。日本は07年に続き反対した。12月の総会で採択され正式な決議になるが、死刑執行停止を求める国際社会の圧力は確実に増加している。
 決議案は欧州連合(EU)やオーストラリア、イスラエルなどが提案し、賛成105(07年99)、反対は日本、米国、中国、イランなど48(同52)、棄権はキューバなど31(同33)だった。決議に強制力はない。
 決議案は、07年に採択した決議を再確認し、潘基文(バンギムン)事務総長が先日、総会に提出した報告で、死刑廃止は世界の流れであるとして執行の一時停止を提案し、停止が難しい場合でも執行に厳しい規制をかけるよう推奨したことを歓迎。2年後の総会で、その時点での死刑廃止状況と死刑を存続させている国への働きかけ方について、改めて話し合うよう求めている。
 委員会の協議で、死刑維持派のシンガポールやエジプト、スーダン、シリアなどは「司法制度の選択は主権国の権利であり、外部から押しつけるべきでない」と主張。一方、イタリアやフランスなどは、「人命尊重の観点から、死刑執行を停止すべきだ」と説明した。日本は決議採択後、「わが国の世論調査では、死刑が支持されている。死刑については国際的合意もない」と反対理由を説明した。
 国連の報告によると、7月1日現在、死刑を廃止もしくは事実上廃止している国・地域は141に上っている。国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」によると、89年に100カ国だった死刑執行国は、07年には24カ国にまで減少した。国連の規約人権委員会は10月30日、死刑廃止へ向けた取り組みを日本政府に求める勧告を盛り込んだ「最終見解」を公表している。
****

 前々からちょっと不思議に思っている。死刑がなぜいけないのだろうか?
 「人殺しには、死刑を」と単純には思わないものの、その刑罰そのものがNGであるというのが理解できない。

 殺人にも色々あるだろう。殺さなければ殺されていた、など、情状酌量的な話は、ここでは置く。
 他人を面白がって殺すケース、または通り魔殺人、誘拐殺人などの犯人を生かしておく理由がわからない。このようなケースの殺人犯を殺すな、と言っている訳で、その精神性が理解できない。

 また、その発言をする人は、一個人として、その強制力(死刑制度)を持たない法治に不安を覚えないのだろうか?と疑問に思う。死刑制度廃止を訴えた本人、またはその妻、親、子供を面白がって殺しても、その犯人はお蔭様で死刑にならず、刑務所の中で飢える事も無く生きていけるのだ。人命尊重の慈悲の心をもって、殺人犯は被害者から助けられる。

 そして何より、その発言をする者達は他国の安全に口を出している訳だが、何の安全を保障する訳でもなく、何の責任も持つでもなく、他人の安全を脅かすことを全く考慮だにせず、自分の考えが正しく、至高であると考えているところがキモチワルイ。これが世界の潮流だという。空恐ろしさを覚える。
 死刑を乱発するな、と言うならわかるのだが。

 「人を殺しても殺されることはない」ということは、究極的には何をやっても最終的には許されるという事だ。罰はうけるのだろう、無期懲役になるのかもしれない。それでも命までは取られない。それは「許された」という事ではないのか。「最終的に許される」制度は機能しないとは言わないが、ナメられそうである。
 死刑制度を無くすというのは、それは大きな大きなタガを外す事だ。その緩みをついて、樽の中から何色とも言えない様な液体がドウと流れ出てくるに違いない。

 ちなみに、同じような発想として無期懲役にも納得できない面がある。
 よく、アメリカの映画やドラマなんかで「懲役800年」とかいう表現を目にする。
 あれ、日本ではなぜ行わないのだろうか。無期懲役は事実上、恩赦などで刑務所から出てくるケースも多いそうだ。それでは無期懲役の意味が無い。であれば、懲役年数の累積も大事な考え方ではないのかな、と思う。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 17, 2008

剣崎沖のカワハギ釣行

 16日、カワハギ釣りに行く。中3週も釣りが出来なかったので、天気が悪かろうが何だろうがとにかく釣りに行きたくて仕方が無かった。

 相模湾側は型が小さくなってきたので久比里を選択。Y氏とK氏と三人で釣行した。朝から小雨が降ったりやんだりと、天気はあまりよくない。しかし風は少ない。
 この日は一日中、剣崎沖を攻めた。深さは40m前後。潮が早く、とにかくオモリが後方へかっとんで行く日であった。

 周りがポツリ、ポツリと釣れていく中、自分の竿にはアタリが来ない。開始から2時間ほど経った頃、漸く1枚目をGET。25cmほど。大きく見えた。
 その後、船を立て直しながらあちこちと拾い釣り。叩いたり、たるませたり、宙に浮かせたりといろいろやるが、ダメ。結局この日は仕掛けを入れた直後か、もしくは流されるオモリを少しずつ近づける時(微妙に宙に浮いている時)にアタリがあったように思う。
 途中パタリパタリと釣れながら、上がり際1時間は朝と同じくビタっと釣れなくなり、そのまま終了。渋い一日であった。結果13枚。これが意外に竿頭だったのでちょっと嬉しかったな(シミジミ)。
 帰宅後測ると28cmを頭にアベレージは23cmほど。25cmオーバーも3,4枚あってイイカンジ。キモがしっかり膨らんでいたカワハギは全体の約5割ほど、という感じだった。相模湾に比べ、体は大きいくせにキモは小さいんだよなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2008

通りすぎていく人々

 昨日のカウンタの回りはひさしぶりにスゴかった。
 こんな感じ。

Photo  理由はライブドアトップページにリンクが貼られたから。
 トップページからのリンクではなくなってからストーンと落ちてる感じが、この、なんか、笑える感じ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 12, 2008

<定額給付金>振り込み? 多難な支給方法

 やれやれ。

****
 総務省は11日、「生活支援定額給付金実施本部」(本部長・岡崎浩巳総括審議官)を設置し、総額2兆円の定額給付金の具体的な支給方法について検討を本格化した。給付金支給は、受給者が申請した銀行口座に振り込む「振り込み方式」が有力だが、年度内支給を実現するには課題も多い。
 振り込み方式では、市町村が全世帯に引換券を送り、世帯主が市町村窓口で身分証の確認とともに振込先を申請する方法や、窓口確認を省略し郵送で振込口座を申請する方法などが検討されている。
 指定金融機関のない北海道島牧村や沖縄県与那国町など51町村や、口座を持っていない人は、窓口での直接現金支給となる見通しだ。
 市町村の作業が煩雑になれば、二重支給や支給漏れの恐れがあるほか、ホームレスなど所在地をつかみにくい人への支給も課題となる。
 制度の周知が徹底しない場合、職員を装った者による手数料名目の「振り込め詐欺」が起きる可能性もあり、実施本部には警察庁から職員が派遣された。
 99年に支給した「地域振興券」では700億円の事務経費すべてを国が負担したが、今回の事務経費を国と地方がどう分担するかも不透明。総務省幹部は「市町村の理解を得るように進めないと、『給付金を配らない』と拒否する自治体も出てくるのでは」と危惧(きぐ)する。
****

 まぁいろいろと大変ですわね。それにしても、こんなにめんどくさいのなら、全国民に給付なんて言わなきゃいいのに。金を取る仕組みはしっかりしてるくせにねぇ…まぁ、あたりまえなんだけど。

 こんなにめんどくさいのなら、全員給付じゃなくて、特別減税にして、税金から差し引く形で給付すりゃよかったのに。納税してない人に給付しなくてもいいんじゃない?という考え。

 いやまぁ、給与明細見ると本当にしっかりと徹底的に税金引かれてて、泣きたくなるグチみたいなもんですが。

 それにしても、窓口でやると代理受給やあの手この手の搾取、詐欺が出そうな気がする。特に、老人相手に。

 さぁ、子供の分は親が搾取だ!(え?貯金するの?ヤダヤダもってかないで~>かみさん)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

November 10, 2008

長野・群馬をぐるっと走って来た(先月!)

 もう先月末の話なのですが。
 家族+友人2名旅行で志賀高原へ行ってきました。スキーではなく、紅葉が目的。
 コース取りは以下。

1日目
 横須賀IC発。4時ころ。
 日野ICで下り、横浜の友人を拾って横浜町田ICから東名に入る。
 御殿場で東名を下り、富士五湖道路経由中央道へ入る。

 途中見えた富士山S_dsc_0066

 諏訪湖で1回目の休息。ちょっと遠かった。足柄に入ってても良かったかな。
 長野道に入り、姨捨で2回目の休息。景色が良さそうだったから入ったんだけど、かなり良い眺めでした。雪のシーズンにも行ってみたい(けどなかなか行けないであろう)。

姨捨の景色(千曲川)S_dsc_0129

 信州中野で高速を下り、志賀高原を上る。

志賀高原の上り口S_dsc_0185

早速リンゴ畑と紅葉が目に入ってくる。遠くまで来た、という感じがするが、まだ朝の10時過ぎであった。早起き万歳。

途中の一沼のパックマンたちS_dsc_0224

 横手山着。スカイレーターで山頂に上り、横手山頂ヒュッテでパンと景色を堪能。

横手山山頂の景色S_dsc_0462

当初、ここに宿泊予約をしたが、景色が全滅だったらどうしようもない、とキャンセルしていた。が、ここでも良かったな、と改めて思う。いつかそうしよう。

 渋峠経由湯釜へ。湯釜見物の際、山頂で遼太郎が「おしっこ」と言い出す。
 観光客があふれる中、端っこで…。
 みんな見ぬふりしてくれましたが。
 湯釜のエメラルドに輝く水面を見て、遼太郎が「ぞうさん」と言う。そう言われればなるほど、左が象の頭の様にも見えた。その発想力にさすが子供の頭は柔らかい、と思いつつ、自分の子供の頃も同じように褒められたことを思い出す。ああ、硬くなったな、と深く思った。

湯釜のぞうさんS_dsc_0072

 その後六合経由四万温泉へ。ここで1泊。昼食を食べ損なっていたので、六合の道の駅で軽く食事&お土産を買った。

六合へ向かう峠道S_dsc_0120

 泊まった宿はこじんまりした宿であった。また、温泉街の手前の方であったが、翌日奥の方を少し覗くと大きな温泉宿がいっぱいであった(高いんだよなー)。
 ま、結構マイナーな感じの温泉街という印象であった。

宿周辺の景色S_dsc_0156

部屋から見えた景色S_dsc_0160

2日目
 四万温泉出発。水上へ抜ける峠道を行く。ナビに従ったら、恐らくは最短ルートなのであろうが、離合も難しいような峠道を抜けていく。途中の観光用物産展みたいな土産市でコメを買ったり。同乗者達も物産展好きな人々だったので皆喜んでいた。狙っていたのかナビよ。

物産屋S_dsc_0275

 水上に入り、谷川岳へ向かう。谷川岳ロープウェイ着。

谷川岳ロープウェイS_dsc_0430

 ロープウェイを上り、景色を堪能。昔来た時には真っ白で何も見えなかったが、今回は良い眺望であった。昨日の横手山に引き続き、ツイていた。

山頂の景色S_dsc_0328

 その後、一の倉沢まで紅葉見物。片道約3kmの道を子供たちを連れて歩いた。

紅葉の道S_dsc_0456

 当然のように、疲れた、とかダッコ、とかの攻撃を受けながら、一の倉沢まで到着。道中の紅葉、沢から見える山々の紅葉は見事なものであった。

マチガ沢S_dsc_0019

一の倉沢S_dsc_0113

 帰りは水上から関越に入り、上里で晩御飯。渋滞が続いたが、東名ほどじゃないような気がした。関越は渋滞というイメージだった(だから近寄りたくなかった)が、まぁ、思ったほどでも無いかも。でもスキーシーズンには行かないけど。
 その後、練馬を出て、環八。高井戸とか懐かしいなー。何年ぶりにガードくぐったかな。
 東名経由か、第三京浜経由で帰るか悩んだけど、子供がサービス(パーキング)エリアに行きたいというので東名東京料金所経由、港北PAに寄る。別に3分ウロついただけだけど。(今にして思えば第三京浜経由でも保土ヶ谷PAがあったな)
 その後横浜町田ICを出る。思えば昨日、横浜町田ICから入ったんだった。巨大な円を描いてきたなー、と思う。保土ヶ谷バイパス経由、横浜で一人友人を下ろし、今度は杉田から湾岸線に入り、朝比奈経由横須賀ICへ。いやー走った走った総距離800キロオーバー。

 たまにはこんなドライブも楽しい。
 次回はいつ、どこに行くんだろうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 06, 2008

11月の購入予定一覧

 11月の購入予定一覧。

11/04 集英社 JIN-仁- 13 村上もとか
11/06 講談社 頭文字D 38 しげの秀一
11/06 講談社 彼岸島 25 松本光司
11/07 秋田書店 ドカベン スーパースターズ編 26 水島新司
11/07 ジャイブ まんが くわがたツマミ ラレコ
11/07 小学館 機動警察パトレイバー 特別版 ゆうきまさみ
11/17 講談社 capeta 18 曽田正人
11/17 講談社 賭博覇王伝 零 6 福本伸行
11/19 集英社 ハチワンダイバー 9 柴田ヨクサル
11/19 集英社 ソムリエール 8 城アラキ
11/20 徳間書店 しょきタン 園田健一
11/21 講談社 ピアノの森 16 一色まこと
11/21 講談社 バガボンド 29 井上雄彦
11/21 講談社 謎の彼女X 4 植芝理一
11/21 講談社 蟲師 10 漆原友紀
11/21 講談社 GUNSMITH CATS BURST 5 園田健一
11/21 講談社 ADAMAS 2 皆川亮二
11/28 小学館 岳 8 石塚真一
11/28 小学館 日本沈没 13 一色登希彦
11/28 小学館 ダブル・フェイス 17 細野不二彦
11/28 小学館 イキガミ 6 間瀬元朗

 パ、パトレイバー特別版?ほほう…。へんな再編集じゃないことを祈る。
 くわがたツマミは、果たして(アニメじゃなく)漫画版は面白いのであろうか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »