« 通りすぎていく人々 | Main | <死刑執行>一時停止など求める決議案、国連委で採択 »

November 17, 2008

剣崎沖のカワハギ釣行

 16日、カワハギ釣りに行く。中3週も釣りが出来なかったので、天気が悪かろうが何だろうがとにかく釣りに行きたくて仕方が無かった。

 相模湾側は型が小さくなってきたので久比里を選択。Y氏とK氏と三人で釣行した。朝から小雨が降ったりやんだりと、天気はあまりよくない。しかし風は少ない。
 この日は一日中、剣崎沖を攻めた。深さは40m前後。潮が早く、とにかくオモリが後方へかっとんで行く日であった。

 周りがポツリ、ポツリと釣れていく中、自分の竿にはアタリが来ない。開始から2時間ほど経った頃、漸く1枚目をGET。25cmほど。大きく見えた。
 その後、船を立て直しながらあちこちと拾い釣り。叩いたり、たるませたり、宙に浮かせたりといろいろやるが、ダメ。結局この日は仕掛けを入れた直後か、もしくは流されるオモリを少しずつ近づける時(微妙に宙に浮いている時)にアタリがあったように思う。
 途中パタリパタリと釣れながら、上がり際1時間は朝と同じくビタっと釣れなくなり、そのまま終了。渋い一日であった。結果13枚。これが意外に竿頭だったのでちょっと嬉しかったな(シミジミ)。
 帰宅後測ると28cmを頭にアベレージは23cmほど。25cmオーバーも3,4枚あってイイカンジ。キモがしっかり膨らんでいたカワハギは全体の約5割ほど、という感じだった。相模湾に比べ、体は大きいくせにキモは小さいんだよなー。

|

« 通りすぎていく人々 | Main | <死刑執行>一時停止など求める決議案、国連委で採択 »

「釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 剣崎沖のカワハギ釣行:

« 通りすぎていく人々 | Main | <死刑執行>一時停止など求める決議案、国連委で採択 »