« November 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

December 31, 2008

2008年 最後の夕日

 自宅のベランダから。今年最後の夕日です。今年一年お世話になりました。良いお年をお迎え下さい(もうあと1時間だけど)。S_dsc_0239

S_dsc_0246

S_dsc_0263

S_dsc_0262

 ベランダから富士山の頭だけが見えることに、最近気がついた。

 ちなみに下は今朝の富士山(笑)。また撮りに行った。冬はよく見える。S_dsc_0167

 夕景は富士がシルエットになる。いつか撮りたいがなかなかチャンスが無い。(今日は呑んでたので行けませんでした)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第二海堡と海ほたる

 自宅ベランダからの景色。

 第二海堡に行きたいなー(アイナメが増えてるだろうなー)。

S_dsc_0101

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 30, 2008

沢尻エリカが帰国 恋人・高城氏は結婚認める

 いやね。

****
 女優の沢尻エリカ(22)が29日、恋人のハイパーメディアクリエイターの高城剛氏(44)とともに滞在先のロンドンから成田空港にブリティッシュ・エアウェイズ機で帰国した。
 沢尻は帽子を目深にかぶり、白のパーカーにジーンズ姿。報道陣から「1月ごろ結婚と言われていますが?」と聞かれ、「誰から聞いたんですか?!」と”逆質問”。一方、高城氏は「国内で挙式ですか?」との質問に「ええ、はい」と答え、結婚を認めていた。
****

 沢尻エリカはどうでもいいんですが、ハイパーメディアクリエーター高城剛と言えば、私にとっては「えびぞり巨匠天国」の審査員(コメンテーター)ですよ。
 もう20年も前の番組ですが、思えば、あの頃の肩書きも「ハイパーメディアクリエーター」でした。えび天の高城剛のコメントも知らんと、この報道をタレ流す芸能ニュースなんぞ片腹痛いわ、と思ってみたり。何の意味も無いけど。

 福島弓子(えび天の司会:当時新人女子アナ)がイチローと結婚したときもえび天の事を思い出したなー。正確には前川衛の仮面ライダーを思い出す訳だが、えび天の最終回にも出演していた高城剛は、この作品にコメントをしていた。そして前川が大好きだと言っていた。

 時は流れるなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2008

大間マグロ、キロ4万円=歳末の品薄で今年最高値-築地:12月28日13時1分配信 時事通信

 キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!

****
 首都圏の台所、東京・築地市場(中央区)で28日朝、生鮮クロマグロにキロ当たり4万円の今年最高値が出た。前日の27日や初市(1月5日)でも2万円台の高値が付いたが、これらを大幅に上回った。4万円台乗せは2005年12月28日以来、ちょうど3年ぶり。
 最高値が付いたのは高級マグロの代名詞となっている青森県大間産のクロマグロ。数日前からのしけで、同日は津軽海峡産など近海のマグロが「ここ数年でも珍しいくらいの品薄状態」(同市場卸会社)になっていた。大間産で特に人気のある100キロ以上の大型はこの魚1匹のみで、高級すし店などからの注文を受けた仲卸業者の買いが集中。見る見るうちに競り値はつり上がった。すし店のほか、百貨店や料理店などに卸されるという。
****

 さて、一年で一番マグロの値が釣りあがる時期。そして大間産の本マグロ。
 100キロ以上は1本のみうということで、値も釣りあがるは手に入らないはでさぞ関係者の方は大変な一日だったことでしょう。

 いつまで漁に出るのかわからないけど、恐らく最低明日29日、ひょっとしたら明後日の30日までは出漁するのではないかと思われ、青森方面の漁師の熱気が伝わってきそうです。

 100キロ400万円、200キロで800万円ですよ。1匹1千万越えも夢ではなく!

 熱いだろうなー。血がたぎってるだろうなー。アドレナリンのにおいで今日寝れないんじゃないかしら。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 28, 2008

ある日の夕焼け その2

 ある日の夕焼け その2。自宅ベランダから。

 意味はほとんどないけどシリーズ化。朝焼けも乞うご期待!(誰が期待するか)

S_dsc_0258

S_dsc_0265

S_dsc_0271

S_dsc_0281

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2008

純米吟醸生 かもすぞ

 書き損なっていた件。純米吟醸かもすぞ。いただくことが出来ました。大変美味しゅうございました。S_dsc_0199

 この方のお陰で飲むことが出来ました。あらためて謝意を表明するものであります。ありがとうございました。
 いや美味しかった。S_dsc_0217

 口当たりが良く、いかにも吟醸といった感じの香り。近年飲んだ吟醸酒の中では一番でした。贔屓目無しの話。同じ高垣酒造の酒を飲んでみたいと、まじめに思ったですよ。S_dsc_0219

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2008

クリスマス釣りー

 河豚に完敗したため、ストレス発散の釣りがストレスを溜め込む結果と相成った。従って発散させるために釣行することにした。
 都合のいいことに、月曜日を挟んですぐに天皇誕生日ですよ。ビバ祭日。
 怒るな我妻よ。夕食はカワハギの刺身だ。何食べ飽きた?それよりも子供の相手をしろ?

 …まぁその後の詳細な話はさておき小網代の丸十丸に一番乗りで到着。左舷艫を確保し、K部長と二人竿を並べる。片舷12人ほどの満員御礼で意気揚々と出船した。(この日は2船出しギュウギュウの盛況であった)

 この日は凪いでおり、二日間の大荒れ直後だけに期待が高まった。が、反応はすこぶる悪く、なかなかカワハギがかかってこない。それどころか、エサ取りの反応もなく、つけたエサがそのままあがってくる始末。トラギスが恋しいほど。

 それでも、何度目かの流しで漸く、1枚、2枚を手中にする。船中でも同様にポツリ、ポツリと釣れて来る。しかし後が続かず、この日は小網代の真沖から城ヶ島沖までを流すが、渋い一日になった。同じところで粘ってもなかなか続かない、というガマンの釣りであった。

 結果的には17枚。トップは21枚だったとのこと。しかしほとんどがワッペンサイズでお持ち帰りは5枚ほどでした。それでも食べるには十分ですが。

 この日は10mソコソコの浅い場所から40mダチのやや深い場所まで広く探ることとなった。浅い場所で釣れたカハワギは元気にバケツの中を泳ぎまわっていたが、深い場所で釣れたカワハギは腹から内臓が出てしまい、あまり元気ではない(当たり前)。その境界線はおよそ20mダチの様で、それより浅い場所で釣ったカハワギは内臓を出さない。
 それが何を意味するのか、帰宅後発覚した。
 内臓を出さないカワハギは、死後硬直しない。というか、死後硬直するまで時間がかかる、という感じだった。どのカワハギも全て同様に、生きている内に〆たにもかかわらず、である。内臓をだしてしまったカワハギは、死後硬直しやすい(死後硬直までの時間が短い)様に感じる。今まで気がつかなかった(あまり浅いところで釣った記憶が無く、だいたい20mは超えることが多い)。
 それは当然、食卓に上った後の味の差となって現れる。一応書いておくと、硬直しない魚のほうが圧倒的に美味しい(それはどの魚でも同じ事なんだけど)。ビグザムの戦力ほど圧倒的だ、と書くとわかりやすいだろうか(わかりにくいですかそうですか)。

 うーん、偶然だろうか?

 今後の研究材料だな、これは。

 と言うことで、冬休み中に研究に行ってきたいと思います。うん。年内は無理かなー?カミさんの顔色を伺いながら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 24, 2008

河豚ってキビシイのね

 21日の日曜日。河豚釣りに行った。場所は鴨居、一郎丸。ウチから車で10~15分と近い。
 前夜、場所取りに行く。店の目の前のボードに名前を書くそうな。誰も書いてない。それもそのはず、予報は南西の強風と、しこたま悪い。
 それでも当日、意気揚々と出船。片舷5人ほどが乗っている。しかし夜から南西が強く、海は最初から少し荒れ気味であった。初めてのカットウ釣り、勝手がわからない。カラアワセで釣るというが、アタリが無くてもアワセるの?と疑問符しか沸いてこない。
 エサ釣りハリの方にアタリがあり、合わせると、カットウの方にフグがかかっていた。小さいけど1匹目。しかし、この日はこの1匹で一日が終わってしまった。
 その後10時、11時と時間が経過するごとにアタリは遠のいていった。そして海はどんどん荒れ、15時アガリ前に、早アガリとなってしまった。

 上がってみると、トップは12匹。なんで?この差は何?すげぇ。

 悔しいのでまた行く。行くには行くが、もう少し勉強してからにしよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 22, 2008

ある日の夕焼け

 ある日の夕焼けをベランダから。窓の氷が成長するような雲。S_dsc_0249

 なんか太陽の横に見える。のでアップ。S_dsc_0247

 飛行機雲が成長していました。トビが追いかけていく…なわけないか。S_dsc_0248

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 20, 2008

潜水艦

 東京湾を行く潜水艦。下浦沖で折り返してたから単なる練習(?)っぽかったけど。S_dsc_0064

 逆光である。S_dsc_0067

 やっぱり停泊してるより動いているのを見るほうが楽しい。

 子供の頃、関門海峡で投げ釣りしていたら、海峡を通過する潜水艦を見たことを思い出す。あの頃は珍しかったけど、横須賀に住めばまぁ、よく見る話ではある。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 19, 2008

うみかぜ公園釣り写真

 11月末に撮っていたうみかぜ公園釣行の際の写真。

 イイカンジで竿の林が出来ていますが、この日カレイが釣れたのは目撃できず…。

夜が明け、投げ込み終了の頃。左下に見えるのは猿島。S_dsc_0103_2

伊勢山崎をアップで。その向こうの峰は千葉県。S_dsc_0137

ちょっと引いて。同じく伊勢山崎。S_dsc_0150

だんだん日が昇ってくる。シルエットの防衛大学。S_dsc_0153

海も赤く染まってくる。S_dsc_0154

だいぶ明るくなってきた。S_dsc_0163

天気よさそうだけどアタリなし。S_dsc_0164

東の空には少し雲があった。S_dsc_0175

海を眺めてもカレイは見えず。S_dsc_0183

 結局この日は釣れなかったけど、やっぱ投げ釣りも楽しいよなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2008

プラレール無限地獄

 最近、子供達はプラレールに夢中だ。

 まだ、レイアウトを自分達で自在に作れる、というほどには至っていない。箱に描いてあるレイアウトを作ってくれ、とせがまれることが多い。

 それでも自分でオリジナルのレイアウトを作り始めた。自由な発想で作ってほしいと、親としては思う。

 ところがある日、帰宅すると写真のようなレイアウトを作っており、一目見て絶句した。Ss_dsc_0299

 無限ループ…。

 確かに、一周するようなレイアウトはそりゃ無限ループだけれども。このレイアウトは絶対にヘンだ。

 次々に無限ループの罠へ吸い込まれていく車両たち。S_dsc_0302

 そんなルーチンレイアウト作るんじゃねぇ!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

December 17, 2008

<富士重工業>WRCワークス活動終了を発表 スズキに続き日本メーカー姿消す

 がびーん。

****
富士重工業は16日、2008年で世界ラリー選手権(WRC)のワークス活動の終了する、と発表した。スバルは90年にWRCに参入し、マニュファクチャラーズチャンピオンを3回獲得。ドライバーズチャンピオンも3人輩出してきた。
 活動終了の理由について「世界的な経済情勢の急激な悪化」を挙げている。量産車カテゴリーの「Group Nクラス」と、その車両を用いた世界選手権「P-WRC」活動に参加しているチーム、ドライバーへの車両供給などは今後も行うという。
 WRCを巡っては、スズキが15日、09年から参戦を休止することを発表しており、WRCに参戦する日本メーカーはなくなった。
****

 残念の一言。
 まぁ、ウチも先日インプレッサから車を乗り換えたばかりだけど…。

 それにしても、フォードなんかもヤバイんじゃないの?はたまたシトロエンだけが大丈夫って事もなさそうだけど…ハテ。

 でもこれでTV中継など遠い存在になってしまうんだろうなー。DVDの発売だって怪しくなってきたりするかも。

 ウチのがきんちょ達がWRCを見ては喜んでいる姿が懐かしく感じる日が来てしまうのかもしれない。そうならないように、遠くない将来復活してほしいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2008

最悪の天候と体調のカワハギ

 みたぼんのカワハギ仕立て船に参加する。宿は久比里、みのすけ丸。

 前日に同期会があり、大学時代の様に飲まされる(比喩。大学時代の方が飲んでなかった)。懐かしい顔と楽しい会話。へべれけになった。
 翌日に釣りを予定していたため、早めに帰るつもりだったが結構遅くなった。武蔵中原近辺で飲んでいたのだが、武蔵小杉経由、横浜乗換え京急の予定が馬車道まで行ってしまい、折り返す。漸く横浜駅に着いてみれば、金沢文庫まで最終。最後はタクシーとなった。途中何度も戻してしまった。

 2時に寝るが、5時半に目覚まし。起きてからまた戻す。最悪のコンディション。外は氷雨が降っている。
 寝る前にも水をガブ飲みしておいたので、思ったよりは頭痛がしない。それでも頭は痛いのだが。とりあえず出かける。久比里に着くと、もうメンバー最後の到着に近かった。
 久しぶりに会う人や、初めて会う人たち。隣は今年のシマノカワハギ選手権でチャンピオンになった人だという。恐れ多くも隣に座る。船は満ち潮ギリギリのラインで出船した。

 剣崎に着く。冷たい雨が叩きつけられており、非常に寒い。しまった、防寒大したこと無いぞ、と後悔する。風も予報よりずいぶんはげしく吹いており、波も高かった。
 それでも通常ならなんとか大丈夫な波高であったが、この日は体力絶不調。最初の二投で船室に引っ込み、横になった。船は大揺れに揺れている。しかも、船室に入っても寒い。体がガタガタ震えた。そして、喉からこみ上げてくるものが…近くのバケツをたぐり寄せた。

 3時間ほど横になっていると、その間に何人も船室にもぐりこんでは出て行く、を繰り返していた。あまりの寒さに、エサをつけることもままならないと言う。

 船は剣崎をあきらめ、下浦に入っていた。少し、揺れが収まっている。
 しかし私の体調も相変わらずで、ここでも戻した。もう、胆汁しか出てこない。(周囲のみなさんごめんなさいでした!)
 ところが、少し体が温まってきて、10分ほど寝た模様。これが好を奏し、アタマがすっきりした。船上に飛び出し、釣り開始。大丈夫。もう大丈夫だと自分に言い聞かせる。同の間で本当に良かった。

 右舷ミヨシでアタリ。その隣でアタリ、と見ていると、自分にも続いてアタリが出た。巻き上げると、手のひらリリースサイズ。それでも、体に体温が戻るのを感じた。更に誘うと、再びアタリ。その後1時間で5枚を釣る(持ち帰りは3枚だった)。いい調子。それでも、そこで終わり。13時早上がりの帰港となった。

 せっかくのシマノチャンピオンの隣であったが、ロクに会話も出来なかった。船室に入っているときは勿論、船上に出てからもお互い(全員であろう)強い雨風から顔を背けて同じ方向を向いているのだ。会話になりゃしない。

 帰港後、お茶を頂くと体が温まった。皆、疲れ切っていたが笑いながらお茶を飲んでいたのが印象的だった。

 ちなみに、いまだに横隔膜周辺が筋肉痛なのだった…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2008

この間撮った富士山

 漸くPCに取り込んだのでUP。

S_dsc_0106

S_dsc_0131

 写真だけの更新も楽でいいね!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 09, 2008

それでも目が覚める

 家族サービスだの買い物だの所用だので釣りに行けなかった日曜日。それでも朝6時に目が覚めた。天気がいい。一昨日の強風の後で、かつ今年一番の冷え込みだという天気予報であった。ということは、快晴に違いない。朝から富士山の写真を撮りに行った。

 富士山を撮ると言っても、そんなに遠くまでは出かけない。馬堀海岸から伊勢山崎の坂の上に上れば、右手に東京湾、左手に馬堀海岸を見ながら、正面に富士山が見えるポイントがある。防大の真下というか。
 そこに行くと既に写真を撮っている人がいた。またそこに並んで写真を撮っていると、次々に人が来ては写真を撮り、撮っては去っていく、を繰り返している。
 私もすぐに立ち去った。

 写真はPCに取り込みそこなっている(最近そんなネタが多い)ので、後日アップ予定。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 08, 2008

魚が届く日

 日曜日は久しぶりに釣りに行かない日であった。先週までは3週連続の釣り。その前の3週間は釣りに行かない3週間であった。今年は、恐らく、年末まで毎週釣りになるであろうと思われる。

 しかし釣友たちは皆釣行していた。Yは大津港からマダイ船。K部長は平成港から午後アジであった。その中間に住んでいる私は海を眺めるばかりなり。なんだかなー。

 で、かわいそうに思った釣友たちは、帰りがけに魚を届けてくれた。
 15時過ぎ、Yがイナダを届けてくれた。曰く、入れ食いで面白かったけど疲れたらしい。マダイは低調だったとのこと(それでも1枚釣っていた)。イナダ3本を頂く。どれも体高があった。

 17時過ぎ、今度はK部長。
 アジは14匹だったとのこと(トップは50オーバー)。外道にサバ。
 まだ生きているアジを5匹頂く。そしてYからもらったイナダを1本おすそ分け。

 これでイナダ2本にアジ5匹。もうね。魚がいっぱいですよ。
 イナダは刺身とフリッター。アジは叩きで食いました。まだ冷蔵庫に余っていますが。フリッターとアジの叩きは子供がパクパク食べるのです。

 いやほんと、お二人に感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2008

三重の商業施設、受水槽に男性遺体

 いや~…。

****
 三重県松阪市船江町の「松阪ショッピングセンターマーム」の屋外にある受水槽から、11月27日に男性の遺体が発見されていたことがわかった。松阪署によると、遺体は同県伊勢市の40代の男性で、自殺とみられるという。施設では、受水槽の水を水道水として同施設全体で使用していた。松阪保健所などは水質に異常はなかったとしているが、健康への影響について、問い合わせが相次いでいるという。
 男性の遺体は27日午後、同施設の警備員が発見し松阪署に届け出た。同署では、同施設の建物から飛び降り自殺を図り、受水槽に落ちたとみている。男性は11月1日から行方不明になっており、最長で約1カ月間、遺体が水槽の中にあった可能性があるという。
 同施設では、遺体発見後に水道水の使用を停止し、タンク内を消毒。同保健所は水質に異常はなかったとしている。しかし、同保健所には、市民らから「健康に影響はないのか」といった問い合わせが、今月1日以降でも30件以上寄せられているという。
****

 「仄暗い水の底から」を地で行くような話ですね。映画は見てないけど、小説ではそんなエピソードがありましたね。
 自殺ということですが、正直、迷惑な話ですね…。

 いやしかし…な~…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2008

相次ぐ大量解雇…岐阜、徳島は15人

 厳しい世界。

****
 大量11選手に戦力外通告を行った東京Vに限らず、世界的な金融不安の影響でJリーグの他クラブでも経営の立て直しに向けた“大型リストラ”を断行した。13位に低迷しているJ2岐阜は1日、人件費圧縮のためGK日野優(26)ら15選手の解雇を発表した。異例の大量解雇に今西和男GMは「今回は苦渋の決断だった。健全なクラブを目指さないといけない」と説明した。また、J2徳島もFW阿部祐大朗(24)、MF玉乃淳(24)ら15選手を解雇。J2降格が決まった札幌も、DF西沢淳二(34)、池内友彦(31)、MF大塚真司(32)、西谷正也(30)ら10選手に戦力外を通告した。
****

 厳しいプロの世界。それはワカルけど、なんかこう、続く大型リストラの話を見ると、微妙な気分になってくる。プロ野球で同じことがあったら、もっと大騒ぎするよね?

 Jリーグの世界は、それだけ包容力が無いように見えた。サッカー少年に甘い夢見させといて、その実簡単にリストラ。なんかこう、人の人生を騙すかのような世界に見えた。いやまぁ、経営が成り立たねば話にならないのはわかるし、本質的には他のプロスポーツだろうが同じ境遇な訳だけど(ある意味サラリーマンも)。

 そのリスクを理解し、覚悟して飛び込んだのはわかるけど、こういうのが簡単に行われる世界に、Jリーガーを夢見る少年はそれでも夢を見るのだろうか。少なくとも親としては、(自分の子供がリアルにその世界に行くと言うのに)尚、抵抗せざるを得ないよなぁ。まぁそこまで行くのは大変で、そうそうなれないわけで。でもだからこそ、一生をかけていると思え。

 まぁプロ野球も毎年何人もクビになっているんだけど、それは選手枠制度上しゃーないことだし、事前に誰でも知っていること。いきなり大量リストラ、というとちょっとなー、と思ってしまったのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 03, 2008

シー・シェパード抗議船にハリウッド女優乗船「日本の捕鯨船と戦う」

 沈めちまえこんな抗議船とやらは。

****
 南極海で今月から始まる日本の調査捕鯨への妨害を宣言した米環境団体、シー・シェパード(SS)の活動に、ハリウッド女優のダリル・ハンナさん(47)が協力することになった。ハンナさんは、3日にもオーストラリア・ブリスベーン港から南極海に向けて出港する団体の抗議船にポール・ワトソン船長ら乗組員とともに乗船、日本の捕鯨船と「戦う」と話している。
 ハンナさんは日本が舞台となったハリウッド映画「キル・ビル」シリーズなどに出演した米国出身の人気女優。近年は環境保護に熱心で、インターネット上などでエコ運動の推進に取り組んでいる。昨冬、過激な妨害行為で世界中の注目を集めたシー・シェパードの理念に共鳴し、今回の活動に参加することを決めた。
 抗議船に乗り込むため、1日にブリスベーンに到着したハンナさんは、オーストラリアのAAP通信に、「人は良い戦いをしている人を支持すべきであり、私がすることはシー・シェパードと一致団結することだ」と語った。
 3日の出港後、最初の1週間、抗議船に乗り込み、日本の捕鯨を止めさせるため、クルーたちの活動に協力するという。
****

 まぁ、捕鯨に反対なら反対と言うことに問題はなかろう。しかし手段が問題になることは多々ある。こんなテロ組織によく入るなぁ。またよくそれを表明するよなぁ。

 日本の捕鯨を止めさせるため、との事だけど、大丈夫かね。過去には捕鯨船を沈めたこともあるそうですが。こんなキ●ガイ集団が堂々と活動を行っているというから世界は広いやね。いや感心してないって。

 金持ったヒマ人が楽しそうに火遊びをするのは、どっかよその星でやってほしいものです。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

December 02, 2008

3週連続でカワハギ…。

 30日もカワハギ。小網代、丸十丸へ向かう予定だったが、当日は強い南西風が吹き、およそ出船は出来るまい、と久比里、みのすけ丸へ向かった。剣崎はともかく、竹岡ならなんとかなるかも、と思ったからだった。
 船長も最初は出船するか考えていたようだが結局出船。8時の頃には2杯片舷12人という大盛況(よって50人近く?)であった。仕立て船も出ていたので、実際にはもっと大勢の人が来たことになる。相模湾側からの客が久比里に集中したのかもしれない。

 出船間際、みたぼんが同じ船のミヨシよりに居るのが見えた。久しぶりに見る顔。彼は最近大活躍で、数々のカワハギトーナメントに出場し、決勝まで残っている。上州屋の大会では優勝までしている(優勝商品がうらやましい!)。今日もシマノの大会の決勝に行っているはず…。

 さて、船は竹岡沖に向かうと思いきや、剣崎へ向かった。風はほぼやんでいたが、ウネリはやはりというか、大きく残っていて、2mほど上下しながらの釣りとなった。非常に釣り辛く、朝のうちは0枚。10時頃まではぜんぜんダメだった。離れているみたぼんにバッテンを出して0枚であることを知らせると、彼は大きく手を広げている、5枚釣っているという。さすがである。

 さて、この日、船は剣崎沖と毘沙門沖を行ったりきたりしていた。毘沙門沖は深く、60mほどラインが出ることもあった。釣れるカワハギは大小様々で、手のひらサイズが釣れる事もあれば、尺カワハギも出たりした(私の最大は22,3cm程度だったけど)。
 昼過ぎにはウネリもほぼ解消されたものの、ポツリポツリの拾い釣り。苦戦を強いられた。叩いても、たるませても、這わせても、宙吊りでも、どれがいいという感じはしない。あまり浮いている感じはしなかったが、かと言って底で釣れるかと言うとそうでもない。苦労して漸くかけても手のひらサイズ…という感じであった。

 午後2時前後、やや調子が上向いた感じ。釣れ続いて最終的に計14枚。まぁ、晩御飯は確保、ということで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 01, 2008

12月の購入予定一覧

 12月の購入予定一覧。

12/05 角川書店 多重人格探偵サイコ 13 田島昭宇
12/08 秋田書店 範馬刃牙 16 板垣恵介
12/09 新潮社 エンジェル・ハート 28 北条司
12/17 講談社 海皇紀 38 川原正敏
12/17 講談社 はじめの一歩 86 森川ジョージ
12/19 秋田書店 荒くれKNIGHT 2 黒い残響完結編 吉田聡
12/22 講談社 もやしもん 7 石川雅之
12/22 講談社 ピアノの森 16 一色まこと
12/22 講談社 ジパング 38 かわぐちかいじ
12/22 講談社 ああっ女神さまっ 38 藤島康介
12/22 講談社 仮面ライダーSPIRITS 15 村枝賢一
12/26 小学館 蔵人 7 尾瀬あきら
12/26 小学館 医龍 19 乃木坂太郎
12/26 小学館 電波の城 7 細野不二彦
12/26 小学館 ホムンクルス 10 山本英夫
12/26 少年画報社 シュガーはお年頃 2 二宮ひかる
12/27 講談社 湾岸MIDNIGHT 42 楠みちはる
12/27 講談社 頭文字D 38 しげの秀一

 イニD、ピアノの森は発売日が伸びたみたいですね。ピアノの森はこういう話が多いねしかし。

 先月の機動警察パトレイバー 特別版は買わず。結局再編集廉価版だった。
 園田健一のしょきタンは初期作品集とあったので買わないつもりだったけど買っちゃった。この人、初期作品集はプライベーツ・ライブを入れて3冊目?のはず…。

 さて、今月も結構目白押し感があって楽しみな月ですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »