« 三重の商業施設、受水槽に男性遺体 | Main | それでも目が覚める »

December 08, 2008

魚が届く日

 日曜日は久しぶりに釣りに行かない日であった。先週までは3週連続の釣り。その前の3週間は釣りに行かない3週間であった。今年は、恐らく、年末まで毎週釣りになるであろうと思われる。

 しかし釣友たちは皆釣行していた。Yは大津港からマダイ船。K部長は平成港から午後アジであった。その中間に住んでいる私は海を眺めるばかりなり。なんだかなー。

 で、かわいそうに思った釣友たちは、帰りがけに魚を届けてくれた。
 15時過ぎ、Yがイナダを届けてくれた。曰く、入れ食いで面白かったけど疲れたらしい。マダイは低調だったとのこと(それでも1枚釣っていた)。イナダ3本を頂く。どれも体高があった。

 17時過ぎ、今度はK部長。
 アジは14匹だったとのこと(トップは50オーバー)。外道にサバ。
 まだ生きているアジを5匹頂く。そしてYからもらったイナダを1本おすそ分け。

 これでイナダ2本にアジ5匹。もうね。魚がいっぱいですよ。
 イナダは刺身とフリッター。アジは叩きで食いました。まだ冷蔵庫に余っていますが。フリッターとアジの叩きは子供がパクパク食べるのです。

 いやほんと、お二人に感謝。

|

« 三重の商業施設、受水槽に男性遺体 | Main | それでも目が覚める »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 魚が届く日:

« 三重の商業施設、受水槽に男性遺体 | Main | それでも目が覚める »