« December 2008 | Main | February 2009 »

January 2009

January 31, 2009

馬堀海岸からの夜景

 ある日、馬堀海岸で撮った夜景。というか、実は早朝なんだが。
猿島が見える。海岸線は光でいっぱい。

S_dsc_0170 みなとみらい。ランドマークタワー。

S_dsc_0162 ベイブリッジと、周辺のクレーン群。

S_dsc_0163 木更津。新日鐵。

S_dsc_0166 第二海堡。行きたい…。まっくらだね。

S_dsc_0165 伊勢山崎。

S_dsc_0168

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2009

カラスの巣 もとい ヤドリギ

 ひさしぶりに見た。近所の神社にて。S_dsc_0027

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 27, 2009

久しぶりのアジ船だったが…

 カワハギを釣りに行こうと小網代へ向かったが、南西風が昨夜から強く吹き続けていた。出船するかどうかわからず、仮に出船しても荒れ模様で釣りにくいのは間違いない。という判断の元、家の目の前の平成港へ大返しに戻り、午前鯵に乗ることにした。

 猿島沖(?)あたりからスタート。全くアタらない。ひどくアタらない。コマセを撒けども撒けども船中アタリ無く、防大方面へ移動。しかし稀にアタることはあっても、ポツ、ポツ、と釣れるのみ。船中パタパタ釣れる様な展開は、結局一度も無かった。

 酷かった。鯵2本のみ。

 1匹3000円のアジです。寒かったなー…。

 ちなみに小網代のカワハギは出船し、トップ17枚釣れたそうな。
 この日の久里浜方面はトップ70匹のアジだったそうな。

 判断を誤った…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2009

DVDレーベルコピー機能

 新しいプリンタ。DVDのレーベルコピー機能がある。
 やってみた。綺麗に印刷出来た。

 いいのか、この機能売って。canonよ、EPSONよ!

 よくもまぁ、ソフト業界からクレームが来ないもんだ。

 善悪はそれを使う者の心の中にある。科学者がよく使う「詭弁」、とはよく言ったもんだ。
 とは言え、便利な世の中になったものよのう…。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 21, 2009

水族館の魚たち

 とある水族館で、トラギスを発見。
 赤い光で照らされており、深海魚の扱いであった。
 確かに、50mダチのカワハギ釣りで、外道といえばこのトラギス。ただまぁ、20mダチでも釣れてくるけど。
 50mもの海底なんて、結構暗闇なんだろうな。でもまぁ、トラギスを深海魚扱いするなら、じゃあ同じ海域で釣れるカワハギだってベラだってそうなるような。もっと言えば、100m以上の深さから釣れる今のシーズンのアジだってそうだよなぁ。

 最近の水族館は、目の前の海を表現するコーナーが多く、相模湾だの東京湾だのの魚が展示されている。ベラやらカレイやらクロダイやらと、よく見る魚たちが泳いでいる。大量のイワシを泳がせ、その美しさを見ることも出来る。でも、太刀魚は見ないよなぁ。あれも結構身近な魚だと思うんだけど。飼育が難しいのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2009

臓器農場

 帚木蓬生著。

 おどろおどろしいタイトルと、表紙の絵。
 ホラーっぽい感じを期待して読んだのですが、要はサスペンスでした。

 無脳症児を産ませ、彼らをドナーとし、移植手術することで利益を得ようとする病院の闇。これを暴こうとする主人公、という構図。

 無脳症児をはじめて知ったのは、ブラックジャックだったなー。
 死産になると言われた赤ん坊。心霊手術で赤ん坊を取り出すが実は無脳症児だった。その子に人間としてどんな人生が待っていると言うのか。死産として処理をすることが、慈悲なのだ、といった話でした。

 この臓器農場では、その無脳症児を作り出し、臓器提供者として育て、やがて移植される運命を持つ、というもの。
 移植医師は言う。無脳症児は脳を持たないため、人間ではない。従って困る者は誰もいない。他の重病の子供の命を助けるために…と説明された親は救われた気持ちになる、と。

 金のために無脳症児を作り出す、という狂気。その外道っぷりに対して、最後はちょっとあっけない感がなくもない。

 物語の舞台は九州のとある場所のような書き方になっていますが、これ明らかに北九州。ケーブルカーのある山といえば皿倉山。山頂の公園から見下ろせば、”湾”(洞海湾)があって”赤い橋”(若戸大橋)があって、関門が見えて。子供の頃何度登ったことか。
 あまつさえ、病院の形状が面白い。双眼鏡みたいな形、とのこと。北九州の人ならピンとくる形状。かのキャッツアイも忍びこみし、北九州市立美術館がモデルですな。場所は山の中腹にあるわけではないけれど。

 今度実家に帰ったら、皿倉登ろうかなー。

 ケーブルカーで。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

January 18, 2009

PIXUS MP980 を買う

 D90も買ったことだし、と、いよいよ嬉々として写真を印刷していたらですよ。プリンタの調子が悪い。
 以前にもあった事なのですが、青がやたらと滲む。そして、絵全体が青っぽく色がおかしくなってしまう症状に。クリーニングをすればやや直るものの、通常でも影になった部分が青色だと、その部分の画質が落ちる感じ。ベタ印刷と言うか、ベタッと塗られている様な感じ。

 修理に出そうか、と思いながら一応新機種をチェックしてみると、なんと1~2万円程度で結構中堅プリンタが買える次代が到来しているではないですか。ここ数年、プリンタ価格なんて見なかったもんなー。

 今まで持っていたプリンタはcanon PIXUS iP4100R。2004年11月発売のモデルで、canon初(の筈)の無線LAN搭載モデル。12月末の仕事納めの日に、新橋のキムラヤ(キムラヤも無くなったなー)で購入したのでした(友人が一緒にいたのですが、彼は冬コミ帰りだったなー…)。値段は、覚えてないけど4万前後したんじゃなかったっけか。

 子供が生まれたばっかりで、家庭内LANを無線LANに切り替え、ケーブル類を極力這わせないようにしよう、と購入を決意した機種なのでした。

 あれから4年。プリンタは安くなった。機能はどうなんだろうか。

 ちなみにプリンタ機種選定の条件は、以下になる。

 無線LAN搭載。
 CD/DVD印刷機能搭載。
 A4の写真がまぁ、綺麗に印刷出来れば。

 というトコロ。
 この条件から検索したところ、2008年発売のPIXUSの上位機種、PIXUS MP980が、なんとAmazonが最安値で2万4千円弱で売っていた(日々変動してるようだが)。安っ!しかも解像度はタテもヨコも2倍(計4倍?)になっており、インクは5色が6色と増えている。これはキレイに印刷が出来そうだ。

 エプソンにしようかとも、悩む。しかし、使い勝手が違うであろう別メーカーのものを今更選択しなくてもいいだろう、大差なかろうし、と思えた。

 ぽち。

 ああまた押しちゃったよ。
 カミさんが「恥ずかしいから ポチ と押したなんて書くな。何々買ったなんて書くな」と言うけど押して、そして今書いてるよ。

 で、だ。
 印刷テストを行ってみた。

 …結果。

 新旧、あまりかわらないような気がする!!!!

 当然、調子が悪い時の印刷とは比ぶべくもない。それでも、ドットの具合というか、細やかさに関しては、大差無いような気がする。ただ、青のベタ印刷はずいぶん軽減されていた(でも完全ではない様にも思える)。

 うーんと悩みながらモニターの元画像を見返すと、鮮やかな青色を放っている画がそこにあった。S_dsc_0389 S_dsc_0064_2

 この青は、出ないのか!?

 エプソンの機種ならどうだったんだろうか。
 今度写真屋の印刷に持っていってみるかな。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

January 17, 2009

D90買いました

 えー…D90買いました。先週末、秋葉原、e-TRENDにて。
 当日は一応最安値の店として価格comチェックの上購入。通販にしようかと思ったのですが、久しぶりに秋葉原の空気を吸うのもいいかな、と直接足を向けました。

 最後までD300とどちらにするか悩みましたが、どうせ高級機を使いこなせやしないだろうと、D90に決定。そりゃ値段差もありますが、こちらの方が少し軽いのも理由の一つでした。
 まだあまり使いこなせてませんが、ボチボチ使って行きたいと思います。

 とにかく、これで2台体制。外でのレンズ交換回数を少しでも減らせれば、ゴミ対策に大いに貢献してくれると思います。特に、D90のゴミ対策には期待しております。D40Xは購入して1年半の間に、このゴミ除去のため3、4回ほどメンテに出すことになりましたので。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 16, 2009

パイオニア、レーザーディスクプレーヤー生産終了…

 友人のトコで知ったのですが、パイオニア、ついにLDプレーヤー生産終了とのことです。
 つ、ついに来たか~、という感じ。

 物置に放り込まれ、なかなか再生する機会のないソフト達。それでも、いつでも見れる、と思い放置されていました。しかし手元のプレーヤーが壊れてしまったら、もう再生すること叶わず。ど、どどどどうしよう。

 生産終了後8年は修理対応(以降は部品次第)するとの事ですが、今もっているプレーヤーは8年以上前に買ったもの(ここ2年ほど、電源入れてないような気がする)。壊れたら、終わりです。

 2009年3月で生産終了との事なので、3月までに新たに購入するという考えもあるのですが、最安値で約7万円とのことですよ。うーん、ななまんかああぁぁぁぁ。

 とりあえず、今のうちにオーバーホールに出しておきたい気分。機種が古いので、それも出来るかどうか微妙なのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2009

釣り人

 小網代のカワハギ釣行の帰り、夕日の富士でも撮るかと、小さな港でカメラを構えた。しかし午前中鮮やかに見えていた富士は、午後から雲に阻まれついに見えなかった。それでも伊豆半島に沈む夕日でも撮ってみた。

S_dsc_0112

S_dsc_0140

 釣り人はルアーを投げていたが何も釣れてなかった。それでも、その姿を見て、久しぶりに防波堤で釣りをしたくなった。カレイは今、釣れないし釣っても美味しくない。春になったら戻りガレイを必ず釣ろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2009

寒い時期の釣りは何でも厳しいもんですなぁ

 11日。小網代、丸十丸に乗る。初釣り以降、東京湾の調子はいまひとつというところだったので、相模湾へ。富士山が早朝からよく見えた。

 この船宿は場所取りに札を取る。早起きして場所取りをするのだが、オヤジは後から来た人を適当に捌き、テキトウな場所に収まったり、別船に移動させられたりする。
 場所取りのルールを明確にしているだけに、そのルールが意味を成していないのは、よくない。

 出船後、15分でポイントに到着。真沖30mダチからスタート。なかなか喰ってこない。この日はその後、50mダチ近辺をウロつくことになる。浅場のカワハギよりも、深場のカワハギの方がやや型は良い感じだった。それでも20cm前後でしかないのだが。

 船はアチコチに立て返す。北は長井沖(?)から南は城ヶ島西側沖まで。しかし、どこも変わらずポツリ、ポツリ、という感じ。ガマンの釣りである。

 天気晴朗なれど、ウネリ高し。ウネリが思ったより高く、2,3mは船が上下した。風もほとんどないのに、である。まるで伊豆諸島方面に台風でも要るかのような具合だった。
 この前日は風でどこの船宿も出ていない。昨日の名残か、と思い易いが、午後になればなるほどウネリは高くなり、理由がよくわからなかった。
 このせいで非常に釣り辛かった。カケ損ねたカワハギが数枚、カカリが浅く、巻上げ時にバラしたカワハギも、数枚。この辺が腕の差になって現れるんだろうな。

 この日は剣崎近辺の船宿が、城ヶ島を回り込んで西側へ来ていた。そのくらいだから、剣崎はやはり厳しい状況なんだろうと想像された。

 結局、この日は10枚でアガリ。

 食べる分には十分。余ったカワハギはみりん干し。チリチリ焼くと美味い。

 2歳半の隼之介がやたらカワハギのキモを食いたがる。大量に食べたがるので、ちょっとしか与えないと泣くのであった。しかも、なんてケチな親父だろう!と母親に泣き込むのである。
 やるせないなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2009

ある日の朝焼け

 朝焼け。

S_dsc_0046 S_dsc_0049 S_dsc_0050 S_dsc_0051 S_dsc_0053

 休みの日は朝焼けが撮れるけど、平日は撮れない…出勤時間はまだ真っ暗だから。かと言って、休日に朝焼けを撮るとなると、ゆっくり寝れないというジレンマもあったりする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2009

初釣り

 初釣りは1月2日。カワハギだった。
 宿はどこにするか迷ったが、鴨居、一郎丸とした。

 みのすけ丸に行こうかとも思ったのだが、当日、久比里は人が多いのではないかと予想され、回避することにした。

 方舷6人ほどで出船。ポイントは剣崎沖40mダチからスタート。濁りが入っておりすこぶる反応が悪い。何度も場所を変え、仕掛けを投入し直すが、カワハギはおろかトラギスやベラの反応すら無い。

 どこの船も同じような感じらしい。各船は散り散りになっており、場所移動を繰り返している。釣れていれば移動することも無い。

 目の前にみのすけ丸がいる。同の間にみたぼんらしき人物が。果たして電話するとやはりそうだった。今日は厳しいとこぼしていた。どこの船もホント同じだ。

 それでも毘沙門沖の、やや濁りが薄い場所ではアタリもあり、ポツ、ポツと釣れた。だが後が続かない。こんな事を一日繰り返した。
 この日は14時のアガリだったが、結局5枚の釣果であった。

 良い天気、穏やかな海。風もほとんどない。海上からは富士山が美しく見えていた(夕方撮影に出かけた)が、釣りとしては寂しい初釣りであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2009

1月の購入予定一覧

 1月の購入予定一覧。

01/05 角川書店 多重人格探偵サイコ 13 田島昭宇
01/06 グリーンアロー出版社 72 origin 1 山口かつみ
01/09 新潮社 レストアガレージ251 30 次原隆二
01/16 講談社 釣りキチ三平 平成版 10 矢口高雄
01/16 小学館 結界師 23 田辺イエロウ
01/19 集英社 彼女のカレラ 12 麻宮騎亜
01/19 集英社 明日泥棒 3 外薗昌也
01/19 集英社 風の陣 5 本宮ひろ志
01/19 小学館 神様ドォルズ 4 やまむらはじめ
01/23 講談社 GIANT KILLING 9 ツジトモ
01/23 講談社 少女ファイト 5 日本橋ヨヲコ
01/23 講談社 警視正 椎名啓介 11 やぶうちゆうき
01/26 角川書店 機動戦士ガンダムさん よっつめの巻 大和田秀樹
01/26 角川書店 なるほど☆ことわざ ガンダムさん 大和田秀樹
01/30 小学館 日本沈没 14 一色登希彦
01/30 小学館 ぼくらの 10 鬼頭莫宏
01/30 小学館 金魚屋古書店 8 芳崎せいむ

 サイコは今月になったようで。でもピアノの森はいったいどうしてしまったんだろうなー。Amazonを見ると、いまだに「予約可」状態だし。よくわからん。

 今月の楽しみは少女ファイト。赤丸急上昇の漫画。とにかく面白いし、周囲の人にも薦めまくりです。

 サイコ、明日泥棒、風の陣、神様ドォルズ、あたりは今回の本を読んで、次回以降買い続けるかどうか思案どころ。最近ね、本棚スペースがキツくてあまり面白くない本を買い続けられなくなってきたのねん(スペース確保のためにブックオフに売りに行く事が増えた)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2009

富士山夕景

 一富士二鷹…という訳じゃないけれど。富士の夕景を撮影してきた。自宅から車で5分のトコロ。楽でいいやね。本当は相模湾側に行って写してみたいのだが、めんどくさかったのでそのうち…。

S_dsc_0002 S_dsc_0009 S_dsc_0023 S_dsc_0032 S_dsc_0036 かたつむり雲S_dsc_0037 S_dsc_0055 S_dsc_0141 S_dsc_0145 S_dsc_0154 S_dsc_0159

だんだん暗くなってきた

S_dsc_0171_2

 この日(1月2日撮影)は風も少なくいい感じでした。(連れてった子供は「早く帰ろう」と半泣きでしたが)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 01, 2009

2009年 初日の出

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 自宅リビングの窓を開けて初日の出を撮影。

S_dsc_0019 S_dsc_0020 S_dsc_0023 S_dsc_0024

  S_dsc_0027S_dsc_0030_2  S_dsc_0038 S_dsc_0042 S_dsc_0047 S_dsc_0049 S_dsc_0050 S_dsc_0052 S_dsc_0060

 真上じゃなく、右斜め上に昇っていくのね。今更ながら実感。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »