« PIXUS MP980 を買う | Main | 水族館の魚たち »

January 20, 2009

臓器農場

 帚木蓬生著。

 おどろおどろしいタイトルと、表紙の絵。
 ホラーっぽい感じを期待して読んだのですが、要はサスペンスでした。

 無脳症児を産ませ、彼らをドナーとし、移植手術することで利益を得ようとする病院の闇。これを暴こうとする主人公、という構図。

 無脳症児をはじめて知ったのは、ブラックジャックだったなー。
 死産になると言われた赤ん坊。心霊手術で赤ん坊を取り出すが実は無脳症児だった。その子に人間としてどんな人生が待っていると言うのか。死産として処理をすることが、慈悲なのだ、といった話でした。

 この臓器農場では、その無脳症児を作り出し、臓器提供者として育て、やがて移植される運命を持つ、というもの。
 移植医師は言う。無脳症児は脳を持たないため、人間ではない。従って困る者は誰もいない。他の重病の子供の命を助けるために…と説明された親は救われた気持ちになる、と。

 金のために無脳症児を作り出す、という狂気。その外道っぷりに対して、最後はちょっとあっけない感がなくもない。

 物語の舞台は九州のとある場所のような書き方になっていますが、これ明らかに北九州。ケーブルカーのある山といえば皿倉山。山頂の公園から見下ろせば、”湾”(洞海湾)があって”赤い橋”(若戸大橋)があって、関門が見えて。子供の頃何度登ったことか。
 あまつさえ、病院の形状が面白い。双眼鏡みたいな形、とのこと。北九州の人ならピンとくる形状。かのキャッツアイも忍びこみし、北九州市立美術館がモデルですな。場所は山の中腹にあるわけではないけれど。

 今度実家に帰ったら、皿倉登ろうかなー。

 ケーブルカーで。

|

« PIXUS MP980 を買う | Main | 水族館の魚たち »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

日本での子供の移植は確か禁止事項だった気がする。
そこがどうクリアされていたかが知りたい。
って感じかな。

実際はドナーとHLAの型とかそう簡単には移植する先も見つからないんだけどね。

Posted by: ある | January 20, 2009 07:58 PM

 子供の移植に関しては、ちと忘れてしまった。なんか書いてたっけなぁ。
 というより、移植で有名な病院、という設定になっていた。何人も無脳症児を保育器に入れて育て、型のあったレシピエント側に提供、という感じだったような。でもまぁ、そのあたりはあまりフォーカスされてませんでした。

Posted by: 竜馬 | January 21, 2009 08:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 臓器農場:

» キャッツ・アイ攻略法1 − キャッツタイムの維持が攻略のツボ! [パチスロキャッツ・アイを攻略する!]
キャッツ・アイをプレイするにあたって先ず最初に押えなければならない大切なポイントが、機種の売りとなっている1セット50GのART機能”キャッツタイム”の突入条件。このART中は1Gにつき1.0枚の割合でコインを増やせるので、攻略ベースとして不可欠になります。【キャッツ・アイ ART(キャッツタイム)突入条件】・BIG中の青7揃い・BIG中のエピソード演出が最後まで進展・REG中のフリーズ発生(スーパーキャッツタ... [Read More]

Tracked on January 24, 2009 11:24 PM

« PIXUS MP980 を買う | Main | 水族館の魚たち »