« ある日の朝焼け | Main | 釣り人 »

January 13, 2009

寒い時期の釣りは何でも厳しいもんですなぁ

 11日。小網代、丸十丸に乗る。初釣り以降、東京湾の調子はいまひとつというところだったので、相模湾へ。富士山が早朝からよく見えた。

 この船宿は場所取りに札を取る。早起きして場所取りをするのだが、オヤジは後から来た人を適当に捌き、テキトウな場所に収まったり、別船に移動させられたりする。
 場所取りのルールを明確にしているだけに、そのルールが意味を成していないのは、よくない。

 出船後、15分でポイントに到着。真沖30mダチからスタート。なかなか喰ってこない。この日はその後、50mダチ近辺をウロつくことになる。浅場のカワハギよりも、深場のカワハギの方がやや型は良い感じだった。それでも20cm前後でしかないのだが。

 船はアチコチに立て返す。北は長井沖(?)から南は城ヶ島西側沖まで。しかし、どこも変わらずポツリ、ポツリ、という感じ。ガマンの釣りである。

 天気晴朗なれど、ウネリ高し。ウネリが思ったより高く、2,3mは船が上下した。風もほとんどないのに、である。まるで伊豆諸島方面に台風でも要るかのような具合だった。
 この前日は風でどこの船宿も出ていない。昨日の名残か、と思い易いが、午後になればなるほどウネリは高くなり、理由がよくわからなかった。
 このせいで非常に釣り辛かった。カケ損ねたカワハギが数枚、カカリが浅く、巻上げ時にバラしたカワハギも、数枚。この辺が腕の差になって現れるんだろうな。

 この日は剣崎近辺の船宿が、城ヶ島を回り込んで西側へ来ていた。そのくらいだから、剣崎はやはり厳しい状況なんだろうと想像された。

 結局、この日は10枚でアガリ。

 食べる分には十分。余ったカワハギはみりん干し。チリチリ焼くと美味い。

 2歳半の隼之介がやたらカワハギのキモを食いたがる。大量に食べたがるので、ちょっとしか与えないと泣くのであった。しかも、なんてケチな親父だろう!と母親に泣き込むのである。
 やるせないなぁ。

|

« ある日の朝焼け | Main | 釣り人 »

釣り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寒い時期の釣りは何でも厳しいもんですなぁ:

« ある日の朝焼け | Main | 釣り人 »