« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

February 28, 2009

釣りもの

 最近アジ釣りに行く事が増えた。釣りに同行するK氏の希望でもあるのだが、そもそもデカアジが数釣れていて、喰っても大変美味いのである。子供たちもアジのタタキを作ったら、一人で30cmクラスのアジ2匹分をしっかりと喰ってしまう盛況振りである。近所に配っても喜ばれ、言う事なしである。
 先週もみのすけ丸のアジに行き、25、6匹は釣ったかな。船中4枚のマダイも釣れていたが、それは私の竿にはかからなかった。残念ではあるものの、40cmクラスのアジを喰っているとそんなことは忘れてしまう。

 さて、2月も最終日になった。カレイのシーズン到来である。野島でも釣れているようだが、釣り人の少ない東電防波堤に行ってみたい。ここは寒い時期の方が良く、暖かくなる頃、所謂花見ガレイの頃はあまり釣れない。久しぶりに行ってみたい。
 ところが、他にも行ってみたい釣りがある。イカである。
 マルイカが始まって三浦半島周辺の船宿ではどこもマルイカ一色の様相を呈してきた。しかしヤリイカもしっかり釣れており、今シーズンはいい感じである。私は過去イカ釣りで良い思いをしたことがないだけに、このチャンスを一度モノにしておきたい。
 先々週、一郎丸のアジSPの際に、知人にいただいたマルイカが超美味で、イカもいいなぁ、と思う次第である。

 カワハギは、今シーズンあと1回は行きたいと思っていたが、上記様相のため、終了、という事になろう。もう一度あのヒキを楽しみたかったのだが、まぁいい。それに久比里に行けばいつでもカワハギ釣りに行く事も出来るのであるし…。

 このように行きたい釣りものが重なると、週末が待ち遠しくて仕方が無いが、最近やや行き過ぎのきらいがある。子供とも遊びたい。
 子供と遊んで釣りができると言えば、うみかぜ公園かもしれない。ただしまだ子供には寒い季節であるのだが。もう少し暖かくなってから連れて行こうと思っている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 27, 2009

雪の日

 都心に雪が降っている。
 打ち合わせが終わって、ふと外を見ると、皇居が白く染まっていた。空は鉛色。行き交う人はあまり見えず、車の渋滞が寒そうに続いている。
 渋滞の先には警視庁、国会議事堂があるはずだが、薄く霞んで見えなかった。

 今日は2月27日。一日前だったらな~…別に何も無いけど。

 そう思ったパトレイバーファンが、幾人か居たのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2009

ある日の雲

S_dsc_0090  青空と雲が入り乱れる空って最近見てない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2009

のんびりと、釣り

S_dsc_0106 季節感が無くて申し訳ないですがネ(去年の夏頃)。

 こんなのんびりとした釣りも、久しぶりにいいかも。船釣りは結構せわしない感じなので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2009

腕時計

 私の周囲の人って、腕時計にお金をかけている人が多いのですよ。特に会社関係が多く、先輩、同期、後輩、上司、みんなロレックスだのブルガリだのカルティエだの…すいませんよく知りません。50万円とか、100万円近くの値段の腕時計をはめているんですよ。いやもう、車買うのかと。家の頭金かと。
 同期のヤツ曰く、「こういうイイ時計を持ち、何十年も使ったほうがいいよ。価値は下がらないので財産になるし、将来子供にあげたっていい」とのこと。
 子供にあげるってお前、まず結婚しろよ(そいつは遊んでばかり)、と言う言葉を飲み込みながら、既視感にとらわれたのです。昔先輩にも言われた。本当にそんな人が周囲に多い。
 で、私はと言えば、ネットで買った2万円弱の腕時計を子供にイタズラで無くされたっきり、ホッタラカシです。その頃電池切れにさしかかっていたので、まぁいいや、と。

 しかも最近の私のお金の流れは、漫画、カメラ、釣り、呑み、とまぁこんな感じで終了です(ももももちろん小遣いの範囲ですよ)。50万のお金があったら、うーん、腕時計買うかなぁ~?レンズ買ったり、深場用の竿と電動リール買ったりするんじゃないのかな~。え?貯金しろ?ほらまぁ、架空の話ですから。

 それにすばやく動けるようになったり、力が強くなったりする訳じゃないしね。ほらまぁ、架空の話ですから。そうそう発売延びましたね。何の話なんだか。

 私の腕時計の条件は、釣りにしていける時計。従って防水&錆びない時計が条件。大した条件じゃない。安物で十分なんです。

 で、安物を何度買うのだろうか、という話でもあるのですがね…。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

February 23, 2009

JALがゆく

最近ヒコーキ乗ってないなぁ。

S_dsc_0471

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 21, 2009

ニコン修理対応 その後

 その後。

 ニコンのHPからクレームを上げた。
 翌日、折り返し電話がかかってきた。まぁ、会話の内容はどうという事もなく。とりあえずフィルターについてはニコンのフィルターを送ってもらう事になり、一件落着と相成った。

 費用については、取次店には費用明細を渡していないらしい(交換箇所については載っていた模様)。納品書にも交換箇所のリストはあるが、個々の値段については載せていなかったので恐らくそうではないかとは思っていた。
 問い合わせれば教えてはくれるらしい。聞かない客が多いのだろうか。

 交換部品リストは取次店にあったものの、費用明細が記載してないので、客(私)の「なぜ2万もかかるのか?」という質問に取次店の担当者は答えようがなかったのであろう。明細内容が客の希望したものと思い込めば、無理もあるまいと思えた。

 まぁ費用に関しては、やるべきことをやったのだからいいや、と思えるようになった。妥当な修理ならやむを得ぬし、依頼もしたに違いない。

 ちなみに、交換前の部品は、希望者には返却するそうだが、デフォルトは産廃物として処理するとのこと。まぁ、それで悪いわけじゃないけれど。

 というのが今回の顛末。
 まぁ、今後もいろいろ修理に出す事もあるだろうから、同様の徹は踏まぬようにしたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 20, 2009

ある日の

 これは朝焼けでしょうか、夕焼けでしょうか。

S_dsc_0054

 

 

 

 

 

答え:朝焼けです。向こうに見えているのは房総半島です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2009

久しぶりのデザイン変更

 たまにデザインを変えよう―――。
 そう思ってはいたものの、ここ暫くは変えてなかった。忙しくて、そんな気にならなかったのだ。もっとも実際に変更する時間なんて、1時間もかかりゃしないのだが。

 今回、はじめて背景を濃い色にしてみた。たまには悪くないね。
 海の中の写真系のデザインは他にいくつかあったのですが、どうもその写真家(?)のブログに強制的にリンクが貼られてしまうようで、却下とした。

 ま、今後もたまには気分を変えて行こうかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2009

ニコンの修理対応に大不満

 AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)。
 私が普段使いしているレンズ。使い勝手が良いので散歩ならこれ1本でコト足りる。

 先日、子供の「おゆうぎかい」の撮影を行っていたところ、レンズのカバーリング(フィルター取付環)がポロリと取れた。何もぶつけたり、加重がかかった状態ではなかっただけに不思議ではあった。
 カバーリングは周囲から複数の小さなねじで止められていたようだが、それが緩やかに取れてしまった感じだった。まぁ、過去から少しずつぶつけたりして、緩んだ可能性は否定できない。
 むき出しになった対物レンズを傷つけてはいけないと、そのままカバンの中に封印。すぐに修理に出した。

 見積もりの結果、2万円ほどの金額がかかるという。1年の保障期間は数ヶ月過ぎており、また特別な保障にも入っていなかった。

 フィルター取付環の取り付けに一体いくらかかるんだ、という気がしたが、まぁしゃーない。修理を継続してもらうことにし、先日、修理から上がってきた明細を見て驚いた。

 修理は、フィルター取付環のねじ止めだけではなかった。

①変形のためフィルター取付環を交換いたしました。
②AF作動異音の為AF駆動部の部品を交換いたしました。
③ズーム作動不具合のためズーム機構部の部品を交換いたしました。

 2万円の修理代とはこういうことか。
 ①はいい。問題は②、③だ。
 ②の異音、とは何だろう。私は使用中違和感無く使用していた。もし異音がしていたと言うのなら、それは初期から通常的に異音がしていたということではないのか。
 ③のズーム機構部だが、そもそもこのレンズは、下を向けると自重でズームが降りていく、とネットではそういう評価をされていたレンズだし、私のレンズも同様だった(そんなもんだと思っていた)。ばっちり、今回の修理でこれが直っていた。この改善はいいが、ユーザーから金をとってやることか。金をとってやってもいいが、黙ってやることか。

 まぁしかし、金額がかかる、と言われたとき、その修理明細について確認をしなかった私も悪いかもしれない。このメンテで長く使っていけるのなら、まぁ、100歩譲ろう、という気がしないでもない。
 また、取次店の対応がまずかったのかもしれない。ニコンは修理明細費用を取次店に出していたのに、取次店は顧客たる私にそれを言わなかったのかもしれない。
 そこまでの話なら、黙って泣いても良かった。

 しかし、更なる問題があった。レンズカバーに取り付けてあった、ケンコー製の保護フィルターが戻ってないのである。
 修理明細を見ると、「勝手ながら当社においてフィルターを処分させて頂きました。ご了承ください。」と書いてある。

 誰が了承するか!
 
お前は馬鹿か!!
 
客の所有物を勝手に捨てるとは何事だ!!!

 ②、③の初期不良に関し、告知もせず、修理依頼をしていない(部分の)顧客のレンズを勝手に修理し、費用を請求し、あまつさえ付属の顧客資産を勝手に破棄するなど、言語道断である。ニコンよ、一体何を考えておるのだ。(すまん>海生動物氏)

 先にも書いたが、修理に関しては100歩譲ろう。こちらはその値段でいいからやってくれ、と言ったわけだ。(騙されたと思っているが)

 しかし、レンズフィルターを捨てた事に関しては全く納得しない。とことん、クレームを入れていく所存である。

 ちなみに、同じように精密機械である釣り道具のリール。メーカーであるシマノに何度もメンテに出しているが、部品交換の場合、旧部品は必ず添付されて帰ってくる。それは確かにゴミかもしれないが、交換する(という判断を下した)理由を顧客に納得させる明瞭な提示であり、何より交換前の部品は顧客資産である事を明確に意識している証拠である。
 言うまでもないが、ニコンから旧部品など、戻っていない。部品でないものすら捨てるのだから、そういう発想は無いのであろう。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

February 17, 2009

アジSPで8号ハリス切られる

 週末、鴨居、一郎丸のアジスペシャルに行ってきた。
 アジスペシャルは、釣ったアジでハモノ狙いをしていいですよ、という釣り。面白そうだ、とK氏と二人で釣行した。

 さて、アジをエサにするにはアジをまず釣らねばならない。朝イチから結構な喰いだったが、いかんせん釣れて来るアジが30cm前後と大きすぎる。中には40cm近いアジも混ざり、大アジとしては面白いがハモノ狙いには使えなかった。

 ところが、である。その30cmほどのアジの腹に、ヒラメの歯形らしき傷跡を発見。ちょっとびっくり。このくらいはエサになるのね。
 と思った頃には食いも落ち、エサにしようと思うもアジは全て首を折られてクーラーの中。ハモノ狙いは一時延期。
 その後、パタ、パタと上がってきたアジは小ぶりの25cm弱。ヨシャとハモノの竿を出す。
 暫くホッタラカシになっていたが、劇アタリがあった。竿が大きく引き込まれる。
 が、巻き始めたらガクン、と軽くなってしまった。バレたか。巻き始めが早かったか、と後悔するが、どうもおかしい。巻き上げてみるとびっくり、オモリが無い。モトスが切られてしまった。仕掛けは、釣具屋で買ったヒラメ仕掛け。モトス8号がプッツリ、であった。
 船長に本当に8号?ちょっと細く見えるなー、と言われたがそう書いてある。が、言われてみれば確かに細い気がしてくる。切られた時はそんなもんかもしれない。15,6号くらいにしなきゃ、と言われた。うん、今度は自作でそうするよ本当に。

 しかし、何だったんだろう、と思うが、サメの可能性は否定できない。この日、アジ仕掛けにもサメが結構上がってきた。私も、アジ仕掛けで3本のサメを釣った。大きいのが、居たんじゃないだろうか。でも、ひょっとして…なんて想像は尽きない。

 この日、結局ハモノ狙いはこれで終了。もっとやりたかったが、何せエサになる魚が釣れない。このあともう一回やったが、船が走り回るうち、エサのアジがお亡くなりになってしまった。他のエサアジはタイミング悪く入手不可。残念。

 ちなみに同行のK氏は2キロ近いマダイを釣りましたとさ。でかかった。この人先週も2枚釣ってるし、最近マダイづいている感じ。私にはかかりませんでしたが。またもや。
 この日はこれで終了。大アジを含む24、5匹のアジでした。
 マルイカ船に旧知の方が乗っていて、おすそ分けをもらって美味しく食べました。うーんマルイカ美味!今度はイカにしたいね!

 お礼にアジをどうぞ、と言ったらいらない、と言われた。何なんだこのレートの低さは!
 確かにマルイカが40杯もあったら捌くのに大変だろうなー。私も近所にアジを配りまくりでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 16, 2009

横断歩道、希望

 自宅の前は、国道16号線である。
 中央分離帯に挟まれた片道二車線道路であるが、この中央分離帯は幅1mほど。立ち木が間隔を置いて立っており、その隙間(の方が大きいのだが)を縫って通行人がよく行き来している。所謂「横断」である。立ち木が無い部分は多くの人が行き交うため、芝生が消え踏み固められたカチカチの土がむき出しになっている。

 近くに横断歩道は無い。100mほど離れた場所に大きな歩道橋があるものの、離れている上に大きすぎ、上り下りがめんどくさくなるため利用者は少ない。または、その方向に用事のある人々は、利用しているようである。私も子供と一緒の際にしか利用しない。ただし、その直下でも人々が走りながら横断をしている風景をたまに目にする。

 ここに、横断歩道が出来ないものか、という話はマンションの住民から当初から出ていた。先日時間が取れたので、最寄の警察署に行って話を聞いてみた。

 担当官は即答で、「無理ですね。むしろ、危険なのでフェンスを計画したいくらいです」とぬかした。
 この言葉にはカチンと来た。無理なのはいい。逆説を今この瞬間、思いつきで言うのに腹が立った。しかも、こちらは「横断歩道を作ってくれ」と言ったわけではない。「そのように進めるためには、どのような手順手続きが必要なのか教えてくれ」と問うたのに、である。
 思いつきである証拠は、担当官は、その場所を当初明確に思い出せなかったから、である。こちらの言葉の反対を言いたいだけだと、すぐわかった。

 まぁしかし、怒っても仕方が無い。なるほどフェンスが立てば、自分は不便になるが子供の環境と言う意味では危険は少なくなるだろう。その話もあながち間違った話ではない。

 なぜ無理なのか。その理由は予算だそうだ。警察署管内で年間1、2箇所、信号機が設置される程度しか順番が回ってこないそうだ。そして、優先順位が高い箇所はいくらでもあるそうだ。
 その優先順位を確認したり、或いは他所の場所を確認する権利は、私には無い。まずは町内会などで会話し、発言をまとめる必要があるだろう。それが出来なければ、地域の希望とならない訳で、進める意味も無い。

 ちなみに、信号機設置の場所を選定するのは自分(担当官である彼)である事も匂わせながらの説明であった。
 事務処理ではなく、何かの陳情系の会話をする一般市民に対する地方の小役人というものはこういうものなんだな、と思わずにはいられなかった。ドラマや映画で演じられるイヤな小役人って本当に身近なのね。わざとらしくないのね。勉強になったなぁ。

 外堀を埋めずに不用意に行きやがったな、と思った方、私もそう思いましたともええ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 13, 2009

航空便を送ってみた

 アメリカで考古学者を目指している友人に荷物を送った。
 内容は、いろんな漫画の単行本の、1巻だけを集めて送る、というもの。

 何を送ったかイチイチ覚えていないけど、40種くらい、送った。1巻だけ集めて。

 自宅の本棚から選択したものもあるけど、ほとんどはブックオフに行ってかき集めた。結構、どれも面白い漫画ばかり選択したつもり。2巻以降が読みたくなって仕方が無くなるに違いない。アメリカで入手し易いのか、し難いのかわからないけど、日本のようにはいくまいて。ケケケケケケケケケケ…。

 このイタズラ、本の購入代はブックオフ利用のため5千円程度なのだが、送料が1万7千円以上した。びっくりした。結構お金、かかるのね。

 週末の郵便局に行って、休日窓口(1つしかない)で送ろうとしたのですが、結構窓口が混んでましてね。大行列だったのですよ。
 船便は1ヶ月以上かかると言われ、まぁ、じゃあ、航空便でいいですと告げたのです。暫く経って係りの人が奥から伝票を持ってきて、びっくりな値段が告げられた訳ですよ。
 後ろの行列が気になって、今更「船便でいいです」とは言えず、そのままお金を財布から出し…何やってんだかなー。
 単なるイタズラ心だったのですが…そうか…航空便って高いのね。船便だと、もう1万円は安く済んだらしい。
 2万円以上で出来る、もっと有意義なお金の使い方って何かあったんじゃなかろうかと、その後で思ったり。この不況の最中に、ねぇ…。

 でもまぁ、彼が「チクショー!2巻読みてー!」とイライラしてくれれば、報われるというものです。ケケケケケケケケケケ…。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 12, 2009

自宅から見える富士山

 ものすごく、辛うじて、ですが。

S_dsc_0260

 頭の、それもほんのわずか。それでもここで見えれば、まぁ撮影に出掛けるかどうかの判断材料にはなる。つい最近気がついたのでした(それまでは見えないと思ってた)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2009

映像の世紀 を見返す

 久しぶりに見たくなってシリーズを見始めたんだけど、止まらなくなって寝不足です。子供に是非見せたい。でも幼い頃に見せてもワカランよなぁ。

 学校で近代史なんて、3学期末時間切れでほとんど教えてくれない(最近はどうなんだろう)ので、近代に日本と世界で何があったのか、いい勉強になる。

 とは言え、この番組が放送されてもう10年以上経過してしまった。ニューヨークのワールドトレードセンターなんかがちゃんと映っているのを見ると、新たな映像の21世紀がどんどん進んでいる事を改めて実感した(アタリマエなんだけど)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2009

更新してから気がついた

 更新して、今日の日付を見て気がついた。そうか、今日は2月9日か。

 西に向かって一礼。(手塚治虫の命日です)

| | Comments (0) | TrackBack (7)

タイ釣行するも

 久しぶりにタイに行こうと、大津港はいなの丸に乗船。
 客はなんと3人。大名釣りとなった。
 久里浜沖90mダチ。がんばってコマセを撒くが、アタリはアジサバのみ。アジは30cm前後でなかなか美味そう。サバは40cmに満たない感じで、やや小ぶりであった(一日中)。
 最初のサバはそれでもヒキが強く、マダイかと期待した。電動を使わず手巻きで上げるが、ものすごく久しぶりの長竿は左腕に負担をかけ、これを書いている今も左腕、左肩が筋肉痛である。

 12時頃だったろうか、艫に入っている釣友Yの竿が大きく曲がっている。マダイ40cm前後。体高のあるきれいな魚体であった。
 その後も一層手返しを頑張るものの、この日は私の竿にタイはかからなかった。一度怪しげなアタリがあったものの、針ガカリせず。まぁ、サバなど他魚であったかもしれないが。

 この日は2-0。船中3枚と、私一人タイが釣れなかった。うーん、まぁ、そんなもんだ。厳しいものよのう…。

 来週以降はまだわからないが、2月下旬には投げ釣りでカレイに行きたいと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2009

防火管理者

 マンションの防火管理者として選任されていたが、ずっと資格受講を受けられずにいたが、先日受講してきた。
 まぁ、たまにはそういうのもいいか、と思っていたけど結構めんどくさ大変そうね。

 受講申し込みは実は2回目で、1回目は定員オーバーで申し込み出来ず、2回目で申し込みがかなった。この、申し込み状況が凄まじかった。
 申し込み期間は3~4日あるのに、初日でほぼ満員になってしまうのだ。HPにその数が更新されていくのだが、人気サイトのカウンタの様であった。申し込みが出来た2回目なんて、初日の昼過ぎでほぼ8~9割は埋まってしまった感じであった。1回目の反省があったので、初日午前中に申し込んでおいてよかった。

 あのサイト、どの程度のインフラ環境なのか知らんけど、結構な負荷かかってるなー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 03, 2009

ノロわれた

 トイレの住人になってしまった。いや下の話で申し訳ないがね。でも切実なんですよ。

 病院行って薬飲んでよく寝たけど、腹の調子はあまり変わらないなぁ…。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 02, 2009

2月の購入予定一覧

 2月の購入予定一覧。

02/05 角川書店 鉄のほそ道 2 ハシモトミツオ
02/06 秋田書店 範馬刃牙 17 板垣恵介
02/06 秋田書店 ドカベン スーパースターズ編 27 水島新司
02/17 講談社 さよなら絶望先生 16 久米田康治
02/18 小学館 史上最強の弟子ケンイチ 32 松江名俊
02/19 集英社 彼女のカレラ 12 麻宮騎亜
02/19 集英社 GANTZ 25 奥浩哉
02/19 集英社 ハチワンダイバー 10 柴田ヨクサル
02/19 集英社 ソムリエール 9 城アラキ
02/19 集英社 PEACE MAKER 3 皆川亮二
02/23 講談社 オクターヴ 2 秋山はる
02/23 講談社 ヒストリエ 5 岩明均
02/23 講談社 ジパング 39 かわぐちかいじ
02/23 講談社 無限の住人 24 沙村広明
02/23 講談社 サクラ大戦 漫画版 9 政一九
02/23 講談社 へうげもの 8 山田芳裕
02/23 講談社 ヴィンランド・サガ 7 幸村誠
02/25 小学館 鉄子の旅 プラス 菊池直恵
02/27 小学館 岳 9 石塚真一
02/27 小学館 日本沈没 15 一色登希彦
02/27 小学館 PLUTO 7 浦沢直樹
02/27 小学館 医龍 20 乃木坂太郎
02/27 小学館 ホムンクルス 10 山本英夫
02/27 小学館 鉄腕バーディー EVOLUTION 1 ゆうきまさみ

 月末に集中してるなぁ。結構な冊数。

 鉄のほそ道は早速だけど、この2巻で今後買い続けるかどうかの判断。
 彼女のカレラ、主人公が成長しなさ過ぎで飽きてきた。この辺で今後の購入継続が決まってくるかな。
 オクターヴ、これまた主人公が成長しない感じなので飽きてきた。
 サクラ大戦…はこれで完だからいいか。
 ホムンクルス、この巻の展開次第では今後買うこと無いかも。

 ヒストリエは好きなので買い続けるけど、ちょっと作者がどういう方向で書いていきたいのかよくワカラン感じであはある…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »