« 移動中に立ち寄ったサービスエリア、パーキングエリア | Main | 撮り鉄 しょのイチ »

May 08, 2009

この旅で巡ったうどん屋

 このGWの帰省で、立ち寄ったうどん屋は以下の通り(行った順に記載)。

■さぬきうどん

①手打ちうどん なかにし
②手打ち十段 うどんバカ一代
③純手打ちうどん よしや

■九州のうどん

④北の庄(福岡県中間市)
⑤九州自動車道 基山SA(下り)のうどん
⑥鬼八茶屋(宮崎県高千穂峡)
⑦こばやしうどん(福岡県中間市)

 順に感想など。

①手打ちうどん なかにしS_dsc_0137

 本場さぬきうどん初体験となった店。製麺所だそうですね。
 早い時間帯に開いているお店と言う事で教えてもらいました。
 5時半から開いているという恐るべきうどん屋。行った時間が朝の6時頃だったのですが、バンバンお客さんが来てました。うーん、お店も客もすごいなぁ。
 で、ひやひやを食してみたのですが、誤解を恐れずに書けば、「そこそこ」という感じ。正直、そこまで美味しいとは思えなかった。麺が微妙にダンゴっぽいと言いますか何と言いますか。
 カミさんや子供たちは車の中で熟睡のため食さず。
 MOONさん曰く「打ちたて、茹でたての時間に合わないと難しいかもしれない。次は5:30の開店直後に行こうね!」とのこと。

 食べた後、MOONさんと合流して次の店に向かうことに。

 

②手打ち十段 うどんバカ一代S_dsc_0143

 MOONさんに連れられて、早い時簡に開いているお店に行った。
 ここも朝早くからお客が絶えない。私たちがお店に入ったのは6:50頃。
 ここでは子供たちも一緒に食べる(そのため複数のうどんが食べられた)。肉うどん、釜揚げうどん、ひやひや、バター入りの四種類を少しずつ食べる。どれも美味!そしていかにもさぬきうどんという感じのうどんのコシ。
 ただし、釜揚げうどんのダシは微妙に私には合わなかった。
 ひやひやは美味しかったな。つゆの塩辛さはさぬき共通なんだろうか?ちと辛い感じで、塩分濃度高そう(これはどの店もそう感じた)。

 

③純手打ちうどん よしやS_dsc_0152

 この日の本命と言うか、MOONさんに教えてもらっていた当初予定のよしやへも行く。
 一杯の量が少ないために複数のお店に行き、朝からタップリ食べる事になった。
 ここでもひやひやと、釜玉を注文。
 うどんのたまごかけごはん”まんま”だった。当たり前っちゃー当たり前なのだが。うどんの弾力も美味しく感じられた。
 おでんのスジ肉も美味しくてお代わりしてしまった。

 

 ということで、さぬきうどん初体験は上記3軒。いつか将来、まだまだ食べに行きたい。大行列のお店もあろうが、回転の速いうどん屋であるわけだし。

 まだまだ、先は長そうである。

 

 変わって九州に帰省してからのうどん屋巡り。(巡った訳ではないのに、結果的にうどん屋を選択する事が多い…)
 実家はうどん好きで、よくアチコチうどん屋を探しドライブしていました(最近も変わらないらしい)。

④北の庄(福岡県中間市)S_dsc_0194_2

 最近ウマイと母推薦。家族で行ってみる。
 肉うどんと冷やし山かけうどんを注文。なるほどウマイ。
 暖かいうどんは麺のコシは全くなし。コシを期待してはいけない。その代わり、ダシは甘くとても美味い。この甘辛いダシは、さぬきうどんとは対照的な様に感じる。さぬきうどんのコシで、このダシを食べてみたい。そんな店は無いのだろうか…。
 冷やし山かけうどんは絶品であった。ただ、麺のコシ、弾力がもう一歩、という気がしないでもない。

 

⑤基山SA(下り)のうどんS_dsc_0389

 家族旅行移動中(当然九州自動車道下りで)に寄る確率が高いうどん屋。今回は宮崎まで行く途中に朝ごはんとして食べる。
 肉うどんを注文。絶品。MOONさんには申し訳ないが、この旅で一番美味かった。ダシは今回の旅行最高の出来ではないだろうか。麺は最近流行の冷凍うどんを使用していた。
 このうどん屋が一番美味しいというのは、正直残念な事ではある(専門店よりもPAのうどんが一番美味いなんて…)。

 

⑥鬼八茶屋(高千穂峡)S_dsc_0585

 ざるうどんを注文。がしかし、ポソポソの最悪のうどんであった。家族で顔をしかめましたよ。子供も残す始末。親父(お爺ちゃん)の注文したザルそばを子供が奪っていました。
 手打ちって絶対ウソだね、あれは。

 

⑦こばやしうどん(福岡県中間市)S_dsc_0241

 九州滞在最終日、昔から大好きだったこばやしに行く。
 ここでも肉うどんと冷やし山かけうどんを注文。
 肉うどんは普通に美味かったけど、例によってコシは全くなし(福岡の暖かいうどんはなぜかそんなもん)。問題は冷やし山かけうどん。コシがこれもなし。ガッカリだよ!あの弾力に優れ、びよーんと伸びる麺はどこへ行った!?泣きそうになった。職人が変わってしまったのだろうか…。

 

 ということで、さぬきうどんは手打ちバカ一代が一番美味かったかな。よしやも美味かった。
 九州では基山SA。北の庄も美味かったけど、もう一歩感がある。本当に期待したいのは、冷やしうどんで伸びる弾力のあるうどん。また、見果てぬ夢は、弾力、コシのあるうどんで、甘辛いダシの肉うどん。きっとどこかにあるに違いない。

 過去の味は思い出の中、美化されるのだろうか。
 こばやしのうどんは失われた気がする。

 対して、初のさぬきうどん。まだまだ奥が深そうな感じ。
 四国旅行の数を増やしたい今日この頃(1000円高速が継続中に)。

|

« 移動中に立ち寄ったサービスエリア、パーキングエリア | Main | 撮り鉄 しょのイチ »

「うどん」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

福岡には行ってみたいうどんやが
いくつもあるんですよ~
ボクのポータル↓
http://www.geocities.jp/fuku_udon/udon.html

讃岐までくれば高知まですぐですよ。
うどんはついでに鰹や鰻な土佐の旅もオススメです。

Posted by: MOON | May 08, 2009 at 12:27 PM

甘辛いダシで食べたいなら、ぶっかけ系のメニューを試してみるよろし。(釜上げは食べているようなので。)

Posted by: KOH | May 08, 2009 at 12:43 PM

>MOONさん
 そんなサイトがあるんですねぇ…。DB見てみると、知っているのは宗像の英ちゃんうどんですね。国道3号線沿いの駐車場がデカイ店です。美味いですよ。母が大好き。でも麺は柔らかい。所謂福岡のうどん。
 サイトをまだ斜め読みですが、福岡県内にもコシのあるうどん屋も多くあるので、「福岡のうどんにコシはいらない」には異議。「福岡市内のうどんにコシはいらない」というならそうかもしれないと思う。このサイトのDBも、福岡県の南方面が主で北方面はあまり載ってないし。
 ああ、なんか福岡のうどん食べ歩きもしたくなってきちゃったぞ。

>KOHちゃん
 いや、ぶっかけはまだ辛いんだ。福岡で肉うどん食ってみたら、きっと甘辛いダシ、の意味が分かると思う。
 しかし考えたら本場でぶっかけ系の注文をしなかったのは誤りだったなあ…。

Posted by: 竜馬 | May 08, 2009 at 05:29 PM

正直、5/1と2日が休みであったら
「お金出すからついて行かせて!」と言いたいくらい
面白そうな里帰りだなと思いました。
実際は仕事さ、仕事....

Posted by: ある | May 08, 2009 at 06:47 PM

 面白い里帰りでしたよ。
 今度一緒に行きますかw。

Posted by: 竜馬 | May 09, 2009 at 06:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79574/44938557

Listed below are links to weblogs that reference この旅で巡ったうどん屋:

« 移動中に立ち寄ったサービスエリア、パーキングエリア | Main | 撮り鉄 しょのイチ »