« 5月の購入予定一覧 | Main | 博多ぶらぶら »

May 20, 2009

「ミスト」を見た

 久しぶりに映画(レンタルDVD)を見たんですよ。タイトルは「ミスト」。スティーブン・キング原作らしい。

 ある日、息子と二人、スーパーで買い物中に町が霧に包まれる。外へ出てみると霧の中から正体不明の怪物が現われ、人々を襲う。スーパーの大きなガラス窓の外は真っ白な霧で何も見えない。中の人々は恐れ、戸惑うのだが幾日もじっとしてられない。やがて外へ出る幾人かの運命やいかに…という内容。
 スーパーの篭城中に怪物に襲われたり、人々の連携が悪くてイライラしたり、新興宗教の教祖みたいなやつが出てきて人々を扇動したり、あまつさえ人身御供を提供したりと、内にも外にも敵だらけ、というシチュエーションに追い込まれていく主人公たち。最後まで追い込まれっぱなしです。

 映画そのものはB級映画クサイのですが、とにかくラストシーンの救えない後味の悪さと言ったら!死ぬほど怖い、と言うより、死ぬより怖い話です。

 いやー、見た直後は二度と見るか、と思ったけど、後々ジワジワと面白かったと思える映画でした。カミさんは絶対に見れない映画だけどね。

|

« 5月の購入予定一覧 | Main | 博多ぶらぶら »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ミスト」を見た:

« 5月の購入予定一覧 | Main | 博多ぶらぶら »