« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

June 29, 2009

アジ釣りは…イマイチ

 日曜日、アジ釣りに行く。
 どこの船宿だったかはあえて秘す。どこの船宿にしようかと悩み、なやんだ挙句、その船宿にした。
 アジ釣りは、2、3週間前は爆釣していた。釣れない釣りが続いていたので、ぜひ釣りに行きたかったのだがなんだかんだで乗れなかった。最近の釣果は芳しいものではなかったが、群れに当たることを期待しての釣行であった。

 予報は南風。8時過ぎから下げ潮であったため、右ミヨシに場所取りをした。
 天気が悪く、朝から霧が濃かった。出船までには視界が開けたものの、濃い雲が垂れ込めていた。

 久里浜東電の煙突もこんな感じだった(芦奈野ひとしのまんがみたい)。200906280839000 200906280840000

 久里浜沖約50mダチから開始。ほとんどアタリがないものの、たまに、ポツリ、ポツリと釣れて来る。10時過ぎには雨が降り始めた。そんな中、3匹目で42cmのアジをGET。調子悪いものの、大アジという意味ではとりあえず目的を達成。

 船はその後竹岡沖と久里浜沖の20mダチ前後を流すものの、パッとせず。たまにアタるが、群れは長続きしなかった。
 最後に観音崎沖に移動し、漸く釣れだすが、ハリガカリ浅くアタれど乗らないものが多かった。

 結局14匹で終了。型は1匹だが見れたのでヨシとする。

 帰ってみのすけ丸の釣果を見てふっとんだ。爆釣してた。

 判断を誤った…まぁ食べる分には十分だったのだが。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

June 27, 2009

スカイ・クロラ をやっと観た

 えー、やっと観ました。「スカイ・クロラ」。
 どんだけ遅いんだよって話ですが、まぁ、観たので感想など。

 押井監督の、「ここまで来たか」と「変わらないなぁ」という感想を二通り持ちました。

 間違っているかもしれないけど。
 ふんだんに使われているCGによる作画。
 かつて、押井はアニメとCGは相性が悪い、と言っていた。しかしこの時代、押井も認めるCGクオリリティといったところまで登ってきたということだろうか。それとも技術の変遷があり、セルアニメではもう、押井クオリティを出せなくなってしまったのか。

 個人的な感想で言えば、CGでなくセルアニメで観たかった。CGは所詮CG。綺麗だが寂しい絵だったと思う。全編にリアルに描かれる戦闘機はもちろん、例えば海原の波が陸にあたる波しぶきなぞ、大変細かい技術、美しい絵であるのだが、アニメが実写に近づいてもやはり違和感は消せない。実写に近づけたいなら、だったら実写(&ハリウッド並みのCG)でやればいい(予算ってモノがあるのだろうが)。日本アニメはセルアニメを捨ててしまうのか…(CGでやるほうが手間もかからず安上がりなんだろうなぁ…)。

 話が逸れた。
 「変わらない」と思った点。
 それは、終わらない”時”を描いていること。ベタな押井テイスト。
 押井の作品で、やはり印象深いのはビューティフル・ドリーマー。これを髣髴とさせる、永遠に続くうんざりするような日常の繰り返し。
 原作を読んでないので、原作の設定なら、押井の発想ではないのかもしれないけど。
 でも、このストーリーの映画を作った監督が押井なれば、なるほど、と思える内容だった。
 わかりやすいストーリーに仕上がっていたのは、きっと押井が成長したんだろうと思う(笑)。

 「宮さんより上手いと思う」と言わしめた空中戦。これが楽しみだったが、確かに良かった。
 宮崎駿はキャラを固定化して追うが、押井は自分が飛行機に乗って追いかけたように見せた。それが、尚観客を浮遊感に乗せたんじゃないかと思う。
 先尾翼機のデザインも併せ持って、オネアミスの翼(特に終盤の戦闘シーン)を連想した人も多いはず。いや、もっと最近は他の作品でもいろいろあるのかもしれないけど(あんまり観てない)。

 ということで、押井ファンとしては拍子抜けするくらい、面白い作品でした(なんだそりゃ)。言い方が違うか。やっぱりわかりやすい作品に仕上げた点がよかったんだな、きっと(コアな押井ファンには物足りないかもしれないが)。

 ずいぶんと遅い感想ですが、そんな感じでした。
 きっと多くの人が、似たような感想を持ったんだろうなー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 26, 2009

大変な一週間はまだ終わってないのだった(仕事はひとごごち)

 昨日の書き込みを行ってから、帰宅(^^;)。
 会社を出たのは18:30頃だったろうか。
 カミさんにカエルコール(って今でも言うのだろうか)。
 すると、「あたしの方が今日は遅い」と返事。合唱団の練習に寄ってくるとの事。

 そうかぁ、と思いながら京急蒲田駅前まで来た。ここにパチンコ屋がある。
 宇宙戦艦ヤマトのポスターが。ヤマトのパチンコやってみたかった。どんなリーチアクションか面白そうだってんで、久々に立ち寄る(今年初かも)。
 3000円投資するが、スーパーリーチにはならなかった。
 小市民なのでそこでやめる。

 エヴァンゲリオンの台に行ってみる。
 1000円でアタリ。渚カヲルで揃う。その後確変が続いて、結局6箱でストップ。
 小市民なので続けないでここでやめた。

 時間は20時を回った頃。カミさんに電話を入れる。
 「まだ蒲田に居るんだけど」
 「バカじゃない」

 ほめ言葉として受け取っておこう。

 サバに当たった日だから、パチンコにも当たるかもしれない、と思わなくも無かったが、本当に当たるとは!!そういう人は、普通家で寝てると思います)

 波乱万丈な日であった。

 翌日(今日)。代休を取ってAMだけ家の裏の海釣り公園へ。
 投げキッスもとい、投げ釣りのキスで37匹。最大22cm。楽しかった。平日は空いてていいね!(普通は体力回復を図るため、やっぱり寝てると思います)

 釣れたキスは混布〆に。最近ハマってます。(また生モノだが、多分大丈夫だろう)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2009

大変な一週間だった(終わってないけど)

 先週はほぼ毎日終電。
 土曜日も出勤し、終電。
 当然の様に出勤した日曜日はついに電車では帰宅できず、月曜未明の3時過ぎ、タクシーで帰った。私服で出勤していたので、着替えに帰ったようなもの。
 空の白む4:30に帰宅し、1時間だけ休息。5:30には起き出して出勤した。
 その月曜日も当然の様に帰れず、火曜日未明、事務所で4時間ほど仮眠を取った。
 火曜日もまたまた当然の様に帰れず、翌水曜日の朝6:00に退勤の打刻。朝の電車で漸く帰宅した。

 疲れていた。

 帰宅後、インスタント麺を貪るように喰い、バタンキュー。起きたのは16時過ぎ。

 その夜、自分にご褒美だ!とばかりに家族で回転寿司を食いに行く。シメサバが美味であった。

 …あたった。多分サバに。

 木曜日。つまり今日の0時頃、動悸で目が覚めた。この動悸はなんだ。おかしい、と気がついた。まさか、もしや、と思っていたら耳の中が痒くなってきた。いつもの(4回目)パターンだ。カミさんに病院夜間受付を調べてもらったり、タクシーを呼んでもらったり。その間にトイレで戻した。少しは楽になるものの、胸の締め付けと不快感は取れない。速攻でタクシーに飛び乗り、病院へ。

 点滴をうつ。暫く眠る。
 気がつくと朝の4時。もう2時間で出勤の時間である。
 医者に礼を言い、タクシーで夜が白む4:30頃に帰宅。
 なんだかデジャ・ヴであった。月曜日と同じだった。

 朝5:30。目覚ましが鳴った。しかし起きれなかった。いつもより遅い、6:30頃に出勤のため家を出た。

 一応仕事は落ち着いたので、ひたすら眠い。

 今日は定時に帰ろう―――――。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 23, 2009

ふとんがふっとんだ(寝たい)

 先月は入社以来一番残業が少ない月であった。従って今月の給与は非常に厳しいものになるであろう。

 しかし、今月になって非常に忙しい日々を送っている。
 特に、この金曜日~今現在まで、睡眠時間は合計10時間程度であろうか。アタマ痛いわキモチワルイわ。

 明日は代休を取れそうだが、帰宅できるだろうか。どうなっているやら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 17, 2009

キス好調(先週末の話だけど)

 暫く更新できなかったのは神奈川県初のインフルエンザ患者になってたから

 ではなく

 単に忙しかったからです。

 で。
 先週末は、結局日曜日の早朝のみ、家の近所でキス釣ってました。投げ釣りで。

 好調で、朝の5時頃~9時過ぎの4時間あまりで20匹超。最大26cm。
 いやまぁ上手い人に言わせれば、1時間もかからないかもしれませんがね。
 私の場合は十分な結果でして。最近では一番のデキでした。楽しかった。

 釣ったキスは全て昆布ジメにして食べています。最近キスの昆布ジメにはまってます。も、美味くて美味くて。

 今週末はアジに行きたい(釣れる釣りモノをやっておきたい)けど、またキスでもいいなぁ…。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 12, 2009

<新型インフル>警戒度6「世界的大流行」宣言…WHO

 ついに来ましたね。

****
 世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は11日夕(日本時間12日未明)、新型インフルエンザの警戒度を現行の「フェーズ5」から、世界的大流行(パンデミック)を意味する「6」へ引き上げると発表した。インフルエンザのパンデミック発生は、世界中で約100万人が死亡した1968年の香港風邪以来41年ぶり。

(後略)
****

 見てないけど、2chあたりではキターが乱発されていることだろう。
 それにしても、この報道の盛り上がりの無さが、のど元を過ぎればイイカゲンないつもの報道&巷の空気っぽくて、微妙に笑える。

 さて、昨日の話。
 エレベータに乗って高層階に上がろうとしたら、途中の階から7~8人ほどの人々(新人研修っぽい感じだった)が乗ってきた。そのうち一人が顔を真っ赤にしてうろんな目をしていた。

 仲間が声をかける。

 仲間  「大丈夫か?」
 うろん目「大丈夫」

 言いながら ゲホンゲホン と咳をした。マスクは、かけていない。

 仲間  「調子悪そうだぞ」
 うろん目「うん…まぁ」

 また咳をする。

 仲間  「顔も真っ赤だし、熱あるんじゃないのか?」
 うろん目「大丈夫、熱は無い(キッパリ)」
 仲間  「熱計ったのか?」
 うろん目「…いや、計ってない
 別の仲間「感覚的に無いって事か…」

 ここでエレベーターのドアが開き、彼らは出て行った。私は更に上の階に向かうため、エレベーターに乗ったままだったのだが、そこにはもう一人、女性が乗っていた。微妙な目線を交わしながら、その女性も別の階で降りていった。

 潜伏期って3日?…それとも4日?待て次号っ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 11, 2009

今週末の釣行予定

 アジ船に乗ろうかと思いカミさんに宣言したら、

「その日は半日保育だから、午後は子供が帰宅&遼太郎は音楽教室だからお前は隼之介を見とかにゃならんだろーがボケ」(意訳)

と言われた。

 土曜日は上記。日曜日はマンションの理事会が調整中で、開催は五分五分。

 しゃーないので午前中の釣り物を考える。投げ釣りのキスでもやろうかな。
 大津、走水のアジの早朝船、午前船に乗ってしまえば間に合うのだが、このあたりのアジは最近型が小さく数も釣れないのでイマイチ乗る気がしない。久里浜方面の一日船に乗りたいが、上記の理由でまた今度、である。

 日曜がNGの場合、土曜日に東電防波堤(昼アガリ)に行こうかと思っている。

 …でも今見たら、早朝船も復活の兆しが。うーん、悩む。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 10, 2009

米軍釣り大会

 6/6のこと。
 米軍釣り大会に行ってきた。

 例によって投げ釣りで参加してきたのだけれど、も、泣きたくなるほどアタリが無くて。
 ルアーマンの優勝者はスズキを5本ほど上げていました。断然ルアー有利。
 投げ釣りの人はほとんど居なくて、私は小サイズのアナゴが2本だけ。15時半頃スタートだったので、日中はキスが釣れるかと思いきや、キスも0という悲惨な状況。
 岸から4,5mほどのところでキスが釣れていたけど、手前過ぎて石が入っており、投げ釣りでは釣れず。ウキ釣りかカサゴ仕掛けにキスが来るような感じでした。

 次回は私もルアーやってみるかなぁ、と思うものの、やっぱり投げ釣りが好きな訳で。(ルアーマンは根性があるよなぁ)

 翌日、エサが余ったので海釣り公園で早朝のみちょっと投げ釣り。
 3hほどでキス10匹。まぁまぁだった。

 まぁちゃんと探り歩いた方がいいんだろうけど…。

 前回同様、あまりにもヒマだったので色々写真撮ってました。以下掲載。

大会風景。こっちが釣り場メイン。

S_dsc_0302
横須賀新堤を挟んで反対側。S_dsc_0298_2
画面奥が東京湾奥側になる。 横須賀新堤からの釣りの際は、こちらがカレイのメインポイントになってたんだけど、最近はなぜかぜんぜん釣れません。ちなみにこの日、こちら側は赤潮が入り気味だった(のでキスの探り釣りもせず)。先々月までは海草がすごくて釣りにならない感じだったんだけど、それは解消されたっぽい感じだった(単に赤潮で見えなかっただけかもしれないけど)。

横須賀新堤S_dsc_0295 S_dsc_0296 S_dsc_0297

 このフェンスの向こう側で釣りが出来たのになぁ(今は出来なくなってしまった)。当時はこのフェンスのこちら側(基地内)に近づくことはしなかったのに、今や逆になってしまった。堤防先端側の方がカレイは釣れやすかった。

 鳶S_dsc_0293

画面右側で座っている人が弁当を食べていたら襲い掛かってた。

月と対岸の防大と馬堀海岸S_dsc_0342

月夜は夜釣りに不利なんだけど、やっぱり釣れなかった(言い訳)。

夜の投げ釣り風景S_dsc_0325 S_dsc_0348 S_dsc_0351 S_dsc_0359

この竿先のケミホタルが、いつ揺れるのかをひたすら待つのが楽しい。時間が経過し、どんどん月も登っていくが、我が竿にアタリなし(アナゴのアタリが2回)。写真4枚目に隣の方の電気ウキの投げ込みの軌跡が写ってた…。

大会結果S_dsc_0368

一応名前を伏す。この方も入賞してました。さすがですねー。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

June 05, 2009

朝だあーさーだーよー

 写真ではそう思えないけど、実際の景色は毎日新鮮味があるものなんです…。S_dsc_0004_2 S_dsc_0011_2 S_dsc_0023 S_dsc_0035

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 04, 2009

今週末は米軍釣り大会

 先週末、新谷丸のイサキに行ってきた。
 沖の瀬のイサキなんだけど、日々結構釣れていた筈なのに、当日(と前日)のみ渋くて。朝イチの流しと、あともう1回くらいしか調子がいいときが無く、あとはポツリ、ポツリの拾い釣り。渋い日のカワハギみたいな釣りでした。ちなみにツ抜け出来なかった、くらいの釣果でした。
 型は30cm弱、という感じだったのですが、あまりアブラものっていませんでした。まだ早いのか?それとも場所柄なのか?

 ちなみに外道はウマヅラハギ。これが結構デカくて。
 あんな沖に居るのね。

 今週末は横須賀米軍基地の釣り大会。
 今回は家族は連れて行かず(ついてきてもらえず)、一人で参加。まぁ、ちょっと遅くなってしまうからってのはある。

 例によってルアーでスズキを釣るのが確実(優勝魚がスズキになりやすいから)なんだけど、投げ釣りで行こうと思ってます。ルアーの腕無いと思うし、やっぱ投げ釣り好きだし。投げでもスズキ釣れるし。
 竿数が2本までの制限つきなので、本命魚に集中するしかないけど、本当はアナゴを釣りたい今日この頃。
 アナゴの夜釣りはやっぱり楽しいしね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 03, 2009

三浦海岸 帰り道

 いつかの三浦海岸。釣りの帰りがけに撮った写真。 S_dsc_0165
S_dsc_0164 後ろの山はなんと伊豆の天城山(多分w)ですよ。大きく見えるもんだねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2009

6月の購入予定一覧

 6月の購入予定一覧。

06/04 集英社 バクマン。 3 小畑健
06/04 集英社 BASTARD!! 26 萩原一至
06/08 秋田書店 ドカベン スーパースターズ編 29 水島新司
06/08 秋田書店 弱虫ペダル 6 渡辺航
06/16 Bbmfマガジン 新ナニワ金融道 4 青木雄二プロダクション
06/17 講談社 海皇紀 40 川原正敏
06/17 講談社 はじめの一歩 88 森川ジョージ
06/18 小学館 結界師 25 田辺イエロウ
06/19 秋田書店 荒くれKNIGHT 3 黒い残響完結編 吉田聡
06/19 集英社 彼女のカレラ 13 麻宮騎亜
06/19 集英社 GANTZ 26 奥浩哉
06/19 小学館 REC 10 花見沢Q太郎
06/22 少年画報社 キリン 37 東本昌平
06/23 講談社 宇宙兄弟 6 小山宙哉
06/23 講談社 おおきく振りかぶって 12 ひぐちアサ
06/23 講談社 警視正 椎名啓介 12 やぶうちゆうき
06/23 メディアファクトリー クリスティ・ハイテンション 4 新谷かおる
06/26 角川書店 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 19 安彦良和
06/30 小学館 PLUTO 8 浦沢直樹
06/30 小学館 新クロサギ 3 黒丸
06/30 小学館 セルフ 2 朔ユキ蔵
06/30 小学館 鉄腕バーディー EVOLUTION 2 ゆうきまさみ

 多い…今月やっていけるのだろうか。本棚のキャパシティもあるしなー。なるべく読まないと思われる本は売ろう、うん(今更)。

 バスタードは買うのそろそろ止めようかな(考え中)。読むたびに数巻読み返さないとストーリー忘れてるし(つまりその程度ってことだし)。
 思い出せば、1巻を買ったのは予備校時代、北九州は黒崎で買ったんだったなぁ。品薄で、町中捜し歩いた記憶がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »