« 大変な一週間はまだ終わってないのだった(仕事はひとごごち) | Main | アジ釣りは…イマイチ »

June 27, 2009

スカイ・クロラ をやっと観た

 えー、やっと観ました。「スカイ・クロラ」。
 どんだけ遅いんだよって話ですが、まぁ、観たので感想など。

 押井監督の、「ここまで来たか」と「変わらないなぁ」という感想を二通り持ちました。

 間違っているかもしれないけど。
 ふんだんに使われているCGによる作画。
 かつて、押井はアニメとCGは相性が悪い、と言っていた。しかしこの時代、押井も認めるCGクオリリティといったところまで登ってきたということだろうか。それとも技術の変遷があり、セルアニメではもう、押井クオリティを出せなくなってしまったのか。

 個人的な感想で言えば、CGでなくセルアニメで観たかった。CGは所詮CG。綺麗だが寂しい絵だったと思う。全編にリアルに描かれる戦闘機はもちろん、例えば海原の波が陸にあたる波しぶきなぞ、大変細かい技術、美しい絵であるのだが、アニメが実写に近づいてもやはり違和感は消せない。実写に近づけたいなら、だったら実写(&ハリウッド並みのCG)でやればいい(予算ってモノがあるのだろうが)。日本アニメはセルアニメを捨ててしまうのか…(CGでやるほうが手間もかからず安上がりなんだろうなぁ…)。

 話が逸れた。
 「変わらない」と思った点。
 それは、終わらない”時”を描いていること。ベタな押井テイスト。
 押井の作品で、やはり印象深いのはビューティフル・ドリーマー。これを髣髴とさせる、永遠に続くうんざりするような日常の繰り返し。
 原作を読んでないので、原作の設定なら、押井の発想ではないのかもしれないけど。
 でも、このストーリーの映画を作った監督が押井なれば、なるほど、と思える内容だった。
 わかりやすいストーリーに仕上がっていたのは、きっと押井が成長したんだろうと思う(笑)。

 「宮さんより上手いと思う」と言わしめた空中戦。これが楽しみだったが、確かに良かった。
 宮崎駿はキャラを固定化して追うが、押井は自分が飛行機に乗って追いかけたように見せた。それが、尚観客を浮遊感に乗せたんじゃないかと思う。
 先尾翼機のデザインも併せ持って、オネアミスの翼(特に終盤の戦闘シーン)を連想した人も多いはず。いや、もっと最近は他の作品でもいろいろあるのかもしれないけど(あんまり観てない)。

 ということで、押井ファンとしては拍子抜けするくらい、面白い作品でした(なんだそりゃ)。言い方が違うか。やっぱりわかりやすい作品に仕上げた点がよかったんだな、きっと(コアな押井ファンには物足りないかもしれないが)。

 ずいぶんと遅い感想ですが、そんな感じでした。
 きっと多くの人が、似たような感想を持ったんだろうなー。

|

« 大変な一週間はまだ終わってないのだった(仕事はひとごごち) | Main | アジ釣りは…イマイチ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

ああ...私も見たいなあと思いつつまだ見てないです。
昨日、ようやくトランスフォーマーの実写版見たよ

Posted by: ある | June 27, 2009 09:58 AM

 トランスフォーマーかー。子供たちがわいわい言うんだけど、まぁ、一緒に見に行ってもまだわからないしなぁ…。

Posted by: 竜馬 | June 29, 2009 01:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スカイ・クロラ をやっと観た:

« 大変な一週間はまだ終わってないのだった(仕事はひとごごち) | Main | アジ釣りは…イマイチ »