« 上州屋カワハギ釣り大会に行ってきた | Main | 大分ホーバーフェリー営業休止 »

October 27, 2009

のりピー初公判 大粒の涙流し「今後は介護の勉強したい」

 なんのこっちゃ。

****
 覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優、酒井法子被告(38)の初公判が26日午後、東京地裁(村山浩昭裁判官)で開かれた。酒井被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、検察側は1年6月を求刑した。夫の高相祐一被告(41)の逮捕から山梨への逃避行、そして出頭と、衝撃的な展開が続いた事件。法廷では薬物におぼれたトップ女優の素顔が次々と明らかになった。

<中略>

 続いて証人尋問が始まり、酒井被告を解雇したサンミュージックの相澤正久副社長が出廷した。

 相澤氏が「14歳のころから四半世紀、酒井被告とは父代わりとなって、一緒にやってきた」と切り出すと、酒井被告は大粒の涙を流してすすり泣きだし、何度もハンカチで涙をぬぐいながら相澤氏の証言を聞いていた。酒井被告の今後について、相澤氏は「仕事のサポートはできないが、社会に貢献できることに挑戦してほしい」と語った。それを受けて弁護側が「看護の道を勧めているのか?」と相澤氏にただすと、「はい」と大きな声で述べた。

<中略>

 今後の仕事については、「まず、覚醒剤をやめて、介護の仕事をやっていくことになります」とした。離婚するのか、との検察官の問いには、「現在、夫と話すことができないが、私の気持ちとしては離婚し、覚醒剤から更生する努力をしていきます」と述べた。判決は11月9日に言い渡される。
****

 この「看護」ってコトバ、どこから出てきたんだろう?
 彼女は過去、看護に関して勉強したことなどあるのだろうか。相澤副社長が言い出した展開のような記事になっているが、自分でも「介護の仕事をやっていく」と言っている。本当にその意思があるのか。その労働の辛さと収入で、彼女は生活していくことが出来るのだろうか(何にせよ収入を得て行くしかないのだが)。

 まぁ率直な感想として、介護出来るの?やりたいの?介護って言って印象良くしたいだけなんでしょ?といった感じで、私はこのセリフで彼女の印象が、覚醒剤報道時よりも悪くなった。介護を馬鹿にしているかのようにも感じる。逃避行の続きのようにも感じる。

 本人の能力(?)を考えると、芸能界復帰が一番の道なんじゃないかと思うのだが、芸能界復帰は難しいのだろうか。結局、彼女が芸能界に復帰して何が出来るか、露骨に言えば何の商品価値が残っているのか、という事なのかもしれない。彼女をCMに起用するには、テレビに出すことは、周囲にとってよほどの勇気がいる事なのかもしれない。彼女の商品価値を今後業界はどのように値踏みするのだろうか。

 その価値は、本当にもう失われてしまったのかもしれない。しかし不祥事を起こしても、芸能界なんて喉元過ぎて復活した人物も数多い。大麻で逮捕された人物がご意見番とやらに収まる世界だ。テレビに出れば数字だって取れないことも無いだろう。
 それは彼女が介護を行っていく、と言うより現実的に思えてしまう。

 今、芸能界に復帰したいと彼女が言えば、確実に反感を買う。その反感は先々にまで残り、芸能界復帰の邪魔になりかねない。介護という世間体な言葉を使い、今はお茶を濁し、生き残りをかけた演技をはじめたようにしか、私には感じなかった。

|

« 上州屋カワハギ釣り大会に行ってきた | Main | 大分ホーバーフェリー営業休止 »

ニュース」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference のりピー初公判 大粒の涙流し「今後は介護の勉強したい」:

« 上州屋カワハギ釣り大会に行ってきた | Main | 大分ホーバーフェリー営業休止 »